« スピード社の水着 | トップページ | すぐそこにある危機 »

2008年6月12日 (木)

東京スカイツリー

新東京タワーのデザインとネーミングが決まりました。今回のデザインは建築家の安藤忠雄と彫刻家の澄川喜一が監修したとあって、シンプルなたたずまいは、はっきり言って斬新です。

ネーミングは公募ですが、もうちょっとひねりがあってもよかったかなと思います。ツリーは悪くないんじゃないでしょうか。

前のタワーはエッフェル塔のまがい物という感じで、しかも法規が邪魔したのかもしれませんが、赤白のカラーリングが最悪でした。

1989年から石井幹子の照明で夜の間だけ、ましになりましたが、それまでは照明も稚拙で見る度がっかりしていたものです。
Sk_tower_01新タワーは日本刀や伝統的日本建築に見られる「そり」や「むくり」を意識したそうで、連続的に変化する曲線を使って日本の伝統美と未来的デザインを融合した、と言います。

その高さは何と610メートル! 旧型の倍近いのです。これで地デジに対応するそうですが、今年着工して2011年には完成と言いますから、もうすぐです。

楽しみが一つ増えました。街の景観も随分変わると思います。まわりの建築が斬新でないと折角のタワーデザインが活きてこないので、これから着工するビルは責任が重大です。

和光市から渋谷を結ぶ新地下鉄、副都心線も6月14日開通します。大都市東京が確実に変わりつつあるのです。2016年のオリンピック招致に成功すれば増々その変貌ぶりに拍車がかかるでしょう。

東京緑地化構想とあいまって、省エネ、環境面でも世界をリードする、これからの模範サンプル都市に華麗に変身して欲しいのです。新東京銀行問題等ネガティブなところには目をつぶり(?)功罪で言えば功の方が大きい石原都知事のポジティブなポテンシャルに、期待するしかないのではないでしょうか。


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« スピード社の水着 | トップページ | すぐそこにある危機 »

デザイン」カテゴリの記事

コメント

東京スカイツリー、名前にしてもデザインにしても悪すぎる。ダサい。特に展望台の形が災厄で全体の雰囲気を壊してしまった。
日本刀の捩りか捻りは、言っているが、遠く見たら、何も感じないよ。

何の特徴のない「空木」ですね。

投稿: 感想君 | 2011年1月24日 (月) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スピード社の水着 | トップページ | すぐそこにある危機 »