« サマータイム | トップページ | 東京スカイツリー »

2008年6月11日 (水)

スピード社の水着

スピード社の水着「レーザー・レーサー」はやはり凄かったようです。記録続出です。あるスポーツ関係者は時計は正確なのか(?)と前提としてあってはならない事を言っていました。気持は分からないでもないですが、日本の信用に関わる、やや不用意な発言です。

それにしても百分の一秒を争う世界です。毛を全て剃ったり、速く泳ぐ為のトライは色々されてきましたが、ハイテク力の前にはむなしいあがきとさえ映ります。

Lzr_racer

ここまで凄いと、着ない人との差は歴然で、不公平感さえ漂います。あるテレビの大物(?)コメンテーターは、水着を統一すべきである、と口角泡を飛ばして言っていました。一緒に出ていた若い女性に「合う合わないがあるし、選ぶのは選手の自由ではないですか」とたしなめられていたのが、非常におかしかったのです。

確かに、ゴルフの場合でも全員同じクラブを使えと言われたら、競技として成り立たなくなります。体格、筋力、スウィング特性によって人それぞれ個性がある訳ですから、皆が同じ道具なんてあり得ないのです。同じにするというのは一見公平に聞こえますが、非常に乱暴な話なのです。

第一そんな事をした途端に道具の進歩が止まります。野球のバット、フィギュアスケートの靴、スキーの板だって選手と話し合いながらより高い次元を目指す訳です。自動車のレースなどは、皆同じ車を使えと言った途端に、興味が失せて誰も見に来なくなるのではないでしょうか。

競技やレースの場は、各メーカーがしのぎを削り、切磋琢磨して技術を磨く場でもあります。貴重な生の実験場を奪う様な事があってはならないのです。

水泳の場合はルールが厳しく、多少ニュアンスが違うかもしれませんが、また情報戦と政治力で遅れをとった日本スポーツ界、日本技術陣の奮起に期待したいと思います。


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« サマータイム | トップページ | 東京スカイツリー »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サマータイム | トップページ | 東京スカイツリー »