« NHKスペシャル | トップページ | 韓国出張 »

2008年8月17日 (日)

欧米風階級社会

階級と言ってもスポーツの話です。ボクシングやレスリングのような格闘技には階級があります。昔よく、一番強いやつを決める競技なのになんで階級制があるのかと不思議に思っていました。

基本的に今もその気持ちは変わりません。その中でも一番理解し難いのは実は柔道なのです。そもそも柔道の精神は“柔よく剛を制す”ですから、小さい者が大きい者を投げ飛ばすところに醍醐味があった筈です。

Photoいつの頃からか、おそらく世界に広まり、オリンピックで採用されるようになってからではないかと思うのですが、階級制が導入されややこしい事になりました。最近ではルールも微妙に変わって来ています。惜しくも準決勝で涙を飲んだ柔ちゃんの競技などからも分かるように、フェアプレイの精神が遠ざかっている様な気がします。

大体、国際柔道連盟の本部がソウルにあって、日本人の理事がいないなんて理不尽な事になっている現在、柔道は完全に他のスポーツに変質してしまったと見るべきではないでしょうか。

この際、思い切って日本は原点に戻り、階級制なしの日本独自の柔道を復活させるという手があります。欧米風の変な格闘技になってしまった今の柔道に恋々とするする意味はないと思うのですが。。。

ゴルフで言わせてもらうならば、明らかに体格によるハンデがあるスポーツですが、階級制などありません。勿論男女で分けるのは構造上当然と思います。

無差別でこそフェアで、取るタイトルに価値があるのではないでしょうか。是非一考を!

ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします

|

« NHKスペシャル | トップページ | 韓国出張 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHKスペシャル | トップページ | 韓国出張 »