« フィールド・オブ・ドリームス(4) | トップページ | 北京レポート(2) »

2008年9月24日 (水)

北京レポート(1)

予定より少し遅れましたが、北京に行って来ました。まず世界最大と言うノーマン・フォスター設計の新空港のスケールに圧倒されました。素直に格好よく近代的です。(最初の写真は成田のANAラウンジです。)
Ana_rounge
Photo
Photo_2
Photo_3
とにかく広くて歩くのに疲れます。老人や子供は大変でしょう。帰りは通関も含めラウンジにたどり着くまでが約30分、そこで念のため、受付のお姉さんにここからゲートまで何分かと尋ねたら「フィフティーンミニッツ」とさらっと言うはありませんか。「フィ、フィフティーン」(???)と聞き返すと「何回聞いてんのよ」みたいな顔されてスルーされました。

Photo_4
歩くのが大変な人用にはカートが準備されてはいるようです。僕も乗りたい・・・


Ac_rounge
エアーチャイナのラウンジもバカ広いものでした。お金凄くかかっています。第三ターミナルかどうかは知りませんが、空港関係には日本のODAも貢献しているそうです。そんなお金があるなら成田や羽田を何とかしろと言いたいくらいの差があります。ハブ空港としてインチョンや香港にも負けている日本の空港を何とかしなければならないのでは(?)・・・


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« フィールド・オブ・ドリームス(4) | トップページ | 北京レポート(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィールド・オブ・ドリームス(4) | トップページ | 北京レポート(2) »