« もの言えば唇寒し秋の空 | トップページ | 天は二物を与えず »

2008年10月 1日 (水)

大山鳴動して・・・

人類史上最大のハリケーンがアメリカで発生しました。とてつもない大型ハリケーンです。しかも始末が悪い事に、このハリケーンは世界中で若干のタイムラグはあるものの同時多発なのです。

小さい国は吹っ飛んでしまうかもしれません。日本もかなりな被害を覚悟しなければならないでしょう。アメリカは必至になって防災対策を試みましたが、被害が及びそうもないと考えている地方の人達の猛烈な反発に会い、予算が組めなかったのです。

懸命に説得していますが、例え説得出来てもタイミングが遅すぎては効果がありません。一刻の猶予もならないのです。昔日本がバブル台風でやられたときは対策を急げと言っていたのに、自分の事になると、なぜかうまくいかないのです。

人間が余りにも自分勝手に地球を破壊し続けた罰が下されているのかもしれません。地球的に見ればこのハリケーンですっきりリセットをしたいのでしょうが、人間という生き物は厄介な生物で、災害があるたびにそれを肥やしに免疫力をつけて蘇るのです。

本当にインフルエンザウィルスみたいな生き物です。地球にとっては有り難くない存在に違いありません。蘇って繁栄すればするほど、もっときつい仕打ちを地球から受ける事が分かっているのに、、、カルマなのでしょうか(?)

それにしても何とかしてブッシュさん、金融安定化法案を通して、取りあえずこの場は穏便に、と願っている人は何万、いや何億人いる事でしょうか。今回だけは大山鳴動してネズミ一匹、という結果に終わって欲しいのです。


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« もの言えば唇寒し秋の空 | トップページ | 天は二物を与えず »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もの言えば唇寒し秋の空 | トップページ | 天は二物を与えず »