« ガルーダ(3) | トップページ | デジアート リアルPHOTOSHOP講座開催のお知らせ »

2008年10月15日 (水)

熱ものに懲りてなますを吹く

G7効果もあり、株価は一時的に落ち着きを取り戻したように見えますが、人類史上未曾有の金融危機は混迷の度を更に深めていく事が避けられないようです。果たして解決のシナリオは書けるのでしょうか。米政府の手腕が問われるところですが、早くもリーマンブラザーズを破綻させたのは間違いだったかもしれないと言う説が持ち上がっています。AIG初め影響が予想をはるかに上回るものだったというのです。

米政府が公に出来ない事や数字は、実は大変な事になっているかも知れないという疑心暗鬼が広がっています。確かなところでは対外債務は2000兆円(内、日本600兆円)にものぼり、CDS(企業間債権保証保険商品)の取引残は4500兆とも6600兆円(?)とも言われているのです。地球全体のGDPにも匹敵し、世界中の銀行を集めても払いきれない額の信憑性を検証する事が可能かどうかは知りませんが、ネット上ではまことしやかに飛び交っています。

アメリカだけでなく同じ穴の狢だった英国を始めヨーロッパも実は大変だと言いわれています。近い将来、資金調達のため引き受け手がいるかどうかも分からない国債を湯水の如く発行した結果、ドルとユーロがデフォルト(債務不履行)して総崩れになる恐れがあると言うのです。そうなったら結果的に円しか残りません。世界の基軸通貨としての責任を負うだけの意識や準備が金融庁や日銀にはあるのでしょうか。そもそも万年2番手の地位に慣れ親しんだ国にそういう発想自体が、あり得ないのかもしれません。

実は今回、日本金融業界のダメージが少なかったのは、怪我の巧妙だと言われています。90年代初頭のバブル崩壊により公的資金を注入された事で資金運用も思うに任せず、13年もの長きに渡って不良債権の清算に追われていました。竹中さんが幾ら頑張っても金融革命どころではなかったのです。失敗を糧とした日本人特有の慎重な行動も結果的には幸いしたのかもしれません。米追随政策の下、能動的に危機を回避したとはとても思えないのです。

今回の金融危機は対外債務がなく、護送船団方式優良銀行がひしめく日本にとって千載一遇のチャンスかもしれませんが、これまで通り、ビビってばかりいて折角のチャンスを見過してしまうようでは「熱ものに懲りてなますを吹く馬鹿な日本人」と中国辺りから揶揄されても仕方がないのではないでしょうか。

Miyazawas

いずれにしても問題が複雑且つ専門的で難し過ぎます。我々一般国民にはとても理解し難く、政府の行動も短期では評価し難いのが悩ましいところです。今頃になって、当時あれほど世界中から避難された故宮沢喜一元首相の騙し騙しちょっとづつの不良債権処理が、他に選択肢があったかどうかはともかくとして、実は正解だったのかもしれないと言われているのですから、、、分からないものです。。。


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« ガルーダ(3) | トップページ | デジアート リアルPHOTOSHOP講座開催のお知らせ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガルーダ(3) | トップページ | デジアート リアルPHOTOSHOP講座開催のお知らせ »