« ロシアンブルー | トップページ | 棚からぼた餅 »

2008年10月28日 (火)

ボルト顔負けの運動能力

猫ちゃんが来てからは家の中が賑やかになって、少し皆が忙しくなりました。未だ付き合い方がよく分からないので、ちょっとした事で大騒ぎしたり、右往左往したりするのです。

Photo_2 凄く幸いな事に下の癖は、かなり完璧に躾られているので、そそうは未だ2回しかありません。生まれて3ヶ月の生物とは思えないのです。犬とは大違いです。犬は大きくなってもそそうという点では目が離せませんでした。

しかし猫の運動能力には舌を巻きます。階段を上るスピードなどは速過ぎて目にもとまりません。バネが入っているようです。人間の大きさにしたらウサイン・ボルトも真っ青でしょう。当分は物珍しくて注目を一身に集める事は間違いありません。

話は飛びますが、それにしても毎度の事とは言え、今回の金融危機でもマスコミの騒ぎ方は異常です。不安心理を煽っていい事は何もないのに、総理を初めとして大恐慌大不況と言い過ぎです。円高も長い目で見ればメリットの方が大きいのです。株価だって一喜一憂すべきではありません。外人投資家、特にファンド系の現金化の為の売りが一段落したら必ず戻ってくると言われているのです。

スタジオアストも海外収支に関しては、売りは円建て、買いは現地通貨建てでやっているので、メリットの方が大きく、先の事は不透明ではありますが、今のところは喜んでいます。

日本に悪い材料は政治家と官僚とマスコミくらいしかないのでド〜ンと構えていればいいのです。国内企業は一度大きな国内発のリセッションを経験しているので、今のところは成り行きを見守っている段階です。輸出比率が小さい中小企業も意外に平静を保っているのではないでしょうか。

むしろ海外に目を向けた方がいいのですが、近くの危ない国を助ける代わりに存在感をきっちり示して、国際的な日本の地位を向上させる(本当は適正化)事を考えている政治家が一体何人いるのでしょうか。

領土問題なども解決の糸口を作れるいいチャンスかもしれませんが、エゴを押し付けるしたたかな国々を相手に妥協する事しか知らない日本の政治家に期待する方が無理というものです。


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« ロシアンブルー | トップページ | 棚からぼた餅 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロシアンブルー | トップページ | 棚からぼた餅 »