« 一億総左翼 | トップページ | ギャンブル »

2008年11月 9日 (日)

秋のコンペ最終戦

10月の中旬から11月初旬にかけて最もゴルフに適している季節に雨や仕事で流れ流れて何と、25日振りのゴルフとなりました。その間風邪をひいて練習もろくに出来ず、コンディション的には、ちょっと記憶にないくらいのひどい状態でしたので、コンペと言っても全く色気はなかったのです。

しかも天気予報は雨で、増々気が滅入ります。「100が切れればいいや」くらいの気持でした。そういう時は案外良かったりして(?)何て甘い考えもよぎったのですが、そうは問屋が卸す筈もありません。最悪の結果とならなかっただけ良かったのです。

練習不足の割にはショットがよく、ドライバーがよく飛んでいました。結果は雨の前半44、殆どあがった後半44の88 グロス3位、ネット3位、ドラコン賞一個はまずまずではないでしょうか。

Photo_3

その時点では知る由もない、ベスグロ(実力最小スコア)がかかった最終ロングホール(492ヤード)ドライバーが253ヤード先のフェアウェイを捉えます。かなり精度の高いハンディタイプGPS測定器は残り239ヤードを示していました。グリーン周りを池でガードされたグリーンを狙うべきか否か、キャリー(打ったボールが最初に着地するまでの距離)で220飛べば池は越えそうです。数字的には可能なのです。この場合、殆ど私は躊躇しません。

乾坤一擲、思い切り芯を食ったスプーン(3番ウッド)から放たれた球は一瞬、真っすぐグリーに向かっているかに見えました。次の瞬間左に切れ始め、グリーン左横の池を目指しています。かからなくてもいいドローがかかってしまったのです。万事休す、賭けは実りませんでした。

結局ボギーで上がり、その1打差でベスグロを逸する事に。。。滅多にない事ですが、もし、ツーオンしてイーグルが取れれば、という誘惑にはどうしても勝てないのです。

今、疲れてボーッとしながらブログを書いています。ゴルフ後の土曜日は好きなんです。その日のナイスショットを思い出しつつ、心地よい疲労感と明日も休めるという開放感に浸れるからです。

(PHOTOは千葉夷隅ゴルフ倶楽部 南コース9番ホール、池に囲まれたグリーン周り)


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« 一億総左翼 | トップページ | ギャンブル »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一億総左翼 | トップページ | ギャンブル »