« 振り込め詐欺 | トップページ | オバカ旋風 »

2008年11月16日 (日)

国民感情を読む?

定額給付金、それにしても無粋な名前をつけるものです。政治家、官僚のセンスはこんなものでしょう。国民感情が読めずに上から目線はいつも気になるところですが、元々は国民の血税なのだから、「取り過ぎ還付金」とか「償還金」をお受け取り下さい、と言うのが正しいと思われます。その2兆円の財源は確保出来ているのでしょうか(?)細かいところは良きに計らえとばかり、G20に嬉しそうに出かける麻生さんを見ていると、そこはかとなく不安になります。
2008092645050351n
日本政府はIMFに10兆円もの資金供与を決めましたが、こんな物凄い大金を拠出するのに国会の承認が必要ないというのがよく分かりません。麻生さんのポケットマネーなら大賛成ですが、国民が汗水たらして働いて貯めた外貨準備高から出すのです。焦げ付いて不良債権化するリスクがあるのに、野党も肝心な時は騒がない、というのもよく分かりません。

世界に貢献するというのは基本的には素晴らしい事だと思います。余力のある国がない国に手を差し伸べるのはノーブレスオブリッジという点でも誇らしい事です。しかしそれはあくまでも国内に余裕がある場合の話です。福祉関係だけでも資金難でアップアップしていて、しかも大幅な税収不足が見込まれている時に、海外を優先するというのは、流石の穏やかな国民も納得出来かねるのではないでしょうか。

さらに日中韓間で通貨スワップ協定の限度額引き上げをするそうです。これもいざという時は兆の金が動きます。取りあえず通貨問題では日本は困らないので、奉仕活動と言うしかないのですが、有り難さを分かってもらえているのでしょうか(?)G20でも欧米各国が虎視眈々と日本の資金を狙っています。麻生さんが持ち上げられ、いい気になって大盤振る舞いしないか心配している人が政府関係に果たしているかどうか(?)私は大いに心配です。

その他にも日本の金を狙った動きが顕在化して来ています。よっぽどしっかりしなければならない時に金銭感覚がカッ飛んでいるボンボンの麻生さんが日本の首相というのは、運が悪かったとしか言い様がありません。

更に世界情勢を先読みしている、したたかな中国が58兆円規模の内需拡大策を打ち出したという事は、財源を外貨準備高から捻出する事から考えて、諸外国に対し、資金的協力をする気がない事を遠回しに表明したこになります。従って、何の予防策もない日本に諸外国の無心が集中する事は避けられそうもありません。

本当に世界の状況が読めているとは思えない日本政府と官僚、特に麻生さん、TVの街頭インタビューで、若い女性がいみじくも「漢字は読み違えても、国民の感情を読み違えないで欲しい」と言っていましたが、漢字だけでなく、国民感情、世界情勢、欧米の思惑、オバマさんの腹の内、近隣諸国政情等、読まなければならないものが目白押しなのに、分かっているのかいないのか、ノー天気な顔からは、不吉な予兆しか読みとれないのです。

ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« 振り込め詐欺 | トップページ | オバカ旋風 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 振り込め詐欺 | トップページ | オバカ旋風 »