« 日本人の限界 | トップページ | 世界一の理由 »

2009年2月27日 (金)

嵌められ易い世襲議員(?)

良識ある国民の大多数が、「もう沢山だ、何とかしてくれ」と心の中で叫んでいます。最近の日本の政治家の体たらくは目を覆うばかりなのですが、プライドのない感性の鈍い人達は一向に危機感を感じている風さえありません。

Trd0712281300007p29

そこでよくよく見ると、問題を起こしている議員にある共通点を見るける事が出来ます。殆どが2世3世の世襲議員あるいは血族議員なのです。ではなぜこの人達は駄目なんでしょうか。

それは一に覚悟がないからです。命をかけてまでは頑張らないのです。自分の意志と無関係に親からレールを敷かれて覚悟が出来る筈はありません。結局既得権益を維持する為に、政治をしているふりをする訳です。従って言動は全て嘘くさくなります。なぜそうまでして世襲に固執するのでしょうか。多分、政治家と言うのはそれはそれは美味しい商売ではないかと推察されます。

本来政治家は職業であるべきではありません。一番望ましいのは、民間である程度成功した人がボランティアで参画するスタイルです。これならば利権にしがみついたり、贈収賄の汚職は激減するでしょう。

1206477004

なぜ日本は政治家の世襲を許しているのでしょうか(?)元来、潔癖であった筈の国民性からは、とても腑に落ちないのです。さらに世襲制を助長しかねない大選挙区制も最近政府関係者の間で改革の名の下に喧伝されるようになっています。今でさえ自民党の51%が世襲議員なのにこれ以上増やすつもりなのでしょうか。

一般の国民が参加する機会がどんどん失われて行く憂慮すべき事態だというのにメディアは反応していません。宗教系議員や族議員、世襲議員がはびこっている限り、日本の政治家は世界から物笑いの種にしかならないのではないでしょうか。この問題は、つまるところ選ぶ我々国民の意識にかかっているのです。

23_01

ところで中川さんの今回の醜態については陰謀説がネットでささやかれていますが、私はこの考えには賛同出来ません。例え陰謀があったとしても、このくらいの稚拙な手に引っかかるようではそもそも政治家失格だからです。

だからと言って日本の政治家に対する全ての陰謀説を否定するものではありません。中川さんのお父さんや、松岡元農林水産大臣、民主党の石井議員の死に方なども、いかにも唐突で、不自然です。この問題に深く言及する気はありませんが、映画で見るようにロシアのKGBやアメリカのCIAだけでなく、世界は陰謀や情報操作で動いていると言っても過言ではないのです。

日本のメディアも、知らないうちに何か見えない反日的勢力に情報操作されているようです。偏向報道と、これでもかと言うくらい日本が駄目という全く真実に反する報道を見ていると、そうとしか思えないのです。

幸いネット社会は、玉石混淆ではありますが、制限のない情報が飛び交っています。TV、新聞、ネット等の情報をバランスよく見て行く事がこれからの我々には必要ではないでしょうか。世界の秩序、モラルが音をたてて壊れて行く時代に、とにかくいい加減な報道に踊らされない最低限の知識だけは身につけておきたいのです。


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« 日本人の限界 | トップページ | 世界一の理由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人の限界 | トップページ | 世界一の理由 »