« タイ式不況対策 | トップページ | 南国 »

2009年3月 9日 (月)

巨悪は剔抉する

今回の小沢-西松建設事件に関するマスコミの反応は当初、国策捜査ありきに論調が偏っていましたが、情報が出て来るに連れて少し沈静化して来たようです。民主党幹部始めTVのキャスター、評論家が国策捜査だと大声で言えば言う程、そんな事が実名で言えるのであれば国策捜査はなさそうだと、私などは思ってしまいます。

かと言って、かの国やその国のように国家権力あるいは他の力による、そういった事が過去にもこれからも全くないかというと、それはそれで保証の限りではありません。そういう事が起こらないように国民一人一人が注視して行くしかないのです。

さて、この時期に東京地検が動くという事は、政治資金規正法違反などという、よくあるちんけな容疑だけ、とはとても思えないのです。裏に大きな何かが隠されているであろう事は想像に難くありません。

小沢さんのような古いタイプの自民党型政治家は、色々な事に首を突っ込んでいますから、本人もどの件に的を絞られているのか分かっていないのではないでしょうか。

ところで自民党議員も大勢が西松から献金を受けているようですが、急に返金ラッシュが起きています。どんな性格のお金であれ、返してしまえば問題がないとする考え方には無理があるのではないでしょうか。逆に非正当性を証明しているようなものです。泥棒が、ばれたからと言って、お金を返せば罪を免れるのであれば世の中泥棒だらけになります。

自民党の二階経産相なども、838万円ものパーティ券売却益を返す宛のない相手に返すとうそぶいていますが、次ぎに検察の追求を受けるだろうと言われているのはなぜでしょうか。

20090202_2_2 検察は芋づる式にあるラインに沿って捜査を進めて行くのが常ですが、そのメンバーの共通点を探れば興味深いものが見えてきそうです。何か巨大な利権に絡む事も大いに考えられるのです。

昨日のサンデープロジェクトは、かんぽの宿問題と比較して偏向性が薄い印象がありました。さすがに民主党はやり難そうです。某若手議員などは小沢さんを恐れているのか歯切れの悪さが目立ちます。逆に共産党の小池さんは珍しく的を得た追求をしていました。献金の対象にならない党は完全にクリーンなのでしょう。

田原さんも自分と利害関係がない件に関しては、生き生きとして楽しんでいるように見えます。しかし肝心なところには踏み込めない理由でもあるのか、突っ込み方は浅かったのです。さらに田中角栄の娘が出ているからといって、ロッキード事件を、確たる根拠を示さず、あれは冤罪だと思っている、などと言うのは、ジャーナリストとしてはいかがなものでしょう。

いずれにせよ今回の件、全容が見えた時に、日本の民主主義の実態が浮かび上がるのですが、内外のどんな権力にも屈せず、純粋に国益に沿った姿勢を貫き「巨悪は剔抉(てっけつ)する」検察の不撓不屈の精神を信じたいのです。(PHOTOは日本より他国の利益を優先する二階大臣)


ブログランキングに参加しています。
クリックをよろしくお願いします。

|

« タイ式不況対策 | トップページ | 南国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイ式不況対策 | トップページ | 南国 »