« 石川遼君、タイガーに挑む(?) | トップページ | 蘇る金狼 »

2009年7月16日 (木)

麻生下しより、むしろ強力にバックアップした方が選挙に勝てるかも(?)

麻生下しが加速しています。代わる誰かを想定しての動きでしょうか。どう見渡しても、現時点で、ぶれや失敗は数あるけれども、海外に対して、歴代首相の中では出色とも言える、毅然とした態度を示す麻生さんより、ましな人材は見当たりません。

それとも未だに一部のB層に人気がある小泉さんを担ぎ出すとでも言うのでしょうか(?)中川秀直さん率いる上げ潮派は未だ自分たちに国民の支持があると勘違いしているようですが、国民はそのいかがわしさに、とっくに気がついているのです。

更に経済音痴の与謝野財務大臣が、重用された恩を仇で返す退陣勧告をしたり、自民党内のどたばた劇は続きます。自分たちの保身や既得利権の維持に奔走する姿は見苦しい限りです。国民や日本の未来を思ってる人はいるのでしょうか(?)特にバカバカしいのは、そのまんまおじさんの件でミソをつけまくった古閑選対委員長が当てつけ気味に敵前逃亡辞任した事です。これこそ茶番の極みと言えます。

本当に責任を感じたのなら、議員辞職をするべきではないでしょうか。自民党内にとどまり、利権を全く手放さない、単に選対委員長辞職なんて痛くも痒くもないのです。いつまでそんな子供騙しを続けるのか、おつむの程度を疑ってしまいます。これを老害と言わずして何と言うべきでしょうか。

その怪我の巧妙から菅義偉さんを当ポストに据えたのは正解かもしれません。時々トンチンカンな事もしているようですが、言っている事、特に経済に関してはまともな部類に見えます。政府紙幣発行に関しても当初積極派だったのですが、最近トーンダウンしているのは、日銀や官僚の影響でも受けたのでしょうか。

麻生内閣が行った来た一連の経済対策により、少し上向きかけた今こそが、大切な時期で、波状的に追加経済対策を立案して行くべきなのですが、アメリカの状態が予断を許さなくなりつつある今、政局に明け暮れているのはとても気がかりです。麻生下しより、むしろ挙党態勢で強力にバックアップする方が、取りあえず今の日本のためになるのは間違いありません。

そういう日本を思う真摯な姿勢が見えたなら国民の反応は違って来る筈です。支持率も上がり、基本的に保守を尊ぶ国民性から、無駄に革新を求める事は無くなるのではないでしょうか。現政権の政策は、方向として民主と比較しても大きく間違ってはいないのだけれど、やり方が姑息、小出し、稚拙で結局損をしているようです。

支持率で言うならば、小泉改革のようにポピュリズム(大衆迎合)と言われない範囲でも、上げる為の特効薬は色々あるのではないでしょうか。その為かどうかは知りませんが、勉強会や専門家から意見を聞いているのに、ちっとも実を結ばないのは奇妙な話です。従来からの思い込みや、日銀、官僚らの抵抗でがんじがらめなのかもしれません。

私も当ブログで何回も言っていますが、デフレ下で莫大な資金がありながら、流動性が極端に弱い状態、さらに世界一の技術力が背景にあり、失業問題も抱える、と来ればセオリーとしても巨大公共投資しかないのですが、昔の無駄な箱ものや道路整備などで懲りた国民に拒否反応が起きているのは不幸な事です。

政府紙幣の発行に対して、政府自身に抵抗があり、国民や野党からバラマキのそしりを受ける事を避けたいならば、国債発行の形を取るとしても、公共投資で資金を投入する方法に妥当性があるのは明らかなのではないでしょうか。

短期的に見れば、定額給付金(一人50万円単位)等の直接ばらまきと比較しても経済効果は大きく違わないし、競争原理には多少反するものの、省エネ環境関連投資は将来的に有効である事は言うまでもありません。

当初50〜100兆円規模の思い切った決断が望まれますが、民主が政権を取ったらあり得ないだろうし、自民党も上げ潮派が勢力を増したら緊縮財政に逆戻りだし、本当に選ぶ方としては困ったものだと思われた方、クリックをお願いします。

|

« 石川遼君、タイガーに挑む(?) | トップページ | 蘇る金狼 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石川遼君、タイガーに挑む(?) | トップページ | 蘇る金狼 »