« 日本は日本人の為だけにあるのではない。 | トップページ | どうせ騙すなら、騙し続けて欲しかった。 »

2009年7月27日 (月)

麻生首相、影の功績(?)

少し前の話です。日本人の偽パスポートを持った男二人がイタリアで逮捕されました。二人が持っていたのは何と13兆円分の偽米国債だったのです。新聞の片隅で見つけ、興味をそそられたのですが、その後大きなニュースには発展しませんでした。

暫く経って、あるネットのサイトでその件の後日談を発見する事になります。いわゆるヤバい裏話というやつです。実名や団体名などはぼかされているのですが、容易に想像はつきます。それによると、殆んど財政破綻しているカリフォルニア州の州債に手を出し大損をしたらしい某半島系宗教団体が瀕死の状態にあり、ジタバタ悪あがきしている事の一環ではないかというのです。

Tky200907070314

ところで麻生さんは前回のG8の時にバチカンでローマ法王ベネディクト16世と会談しました。なんで(?)と思われる方も多いと思いますが、法王とは旧知の間柄という事です。麻生さんの意外性を見たのですが、何か内密の話があったようで、二人だけの時間を何時間か持ったようです。何が話し合われたのかは知る由もありません。

一説によりますと、ローマ法王は以前から某半島系カルト教団を疎ましく思われていたようです。霊感商法ベースのインチキキリスト教を流布し、法王の縄張りである南米で勢力拡大を企てるからです。他にも色々事情はありそうですが、個人的な事や、深い事情についてはここでは触れません。

一方、EUとFTA(自由貿易協定)を結ぶ寸前で、得意満面の李明博大統領ですが、実はEUに莫大な負債3兆円超があったと聞きます。韓国はデフォルト寸前だったのです。それを寸でのところで救ったのが、他ならぬ麻生ジャパンと言います。新聞やTVでは一切報道されませんが、肩代わりする見返りとして裏約束が色々あるのではないでしょうか。当然焦げ付きを免れたEUにも恩を売る事になります。

その裏約束の中身は想像するしかないのですが、例のイタリアと日本の共通の敵であるカルト教団に関するものもあったであろう事は容易に推察出来ます。闇資金と言われる13兆円を摘発させたのも、その一環ではないでしょうか。そのせいかどうか、最近日本マスコミの偏向ぶりが統一されず、分裂気味になっています。

国会議員さんも、そっち系の人、政党は資金源が断たれて勢いが無くなっているようです。民主党も内情は厳しいものがあるのでは、と同情を禁じ得ません。政界大掃除が進む事になるのではないでしょうか。それにしても映画の世界のような面白い出来事が現実の世界でもあるようです。表立ったスクープにでもなれば、麻生人気は沸騰するかも知れません。。。

ランクアップのため、クリックしていただければ幸いです。

|

« 日本は日本人の為だけにあるのではない。 | トップページ | どうせ騙すなら、騙し続けて欲しかった。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本は日本人の為だけにあるのではない。 | トップページ | どうせ騙すなら、騙し続けて欲しかった。 »