« 脱従来エネルギー型第四次産業革命 | トップページ | 未来実験都市ニュートーキョー(?) »

2009年7月 9日 (木)

揺れ動く政局に、しらけ気味の国民

7月6日から3日間の経済ブログでは多少背伸びもあって、竜頭蛇尾な感じは否めなかったのですが、表現力不足は如何ともし難く、能力の限界を感じてしまいました。

簡単にまとめると、「日本はこれからの人類、地球に求められる、あるいは貢献出来る新たな価値の創造が可能だ、その価値は相乗効果、乗数効果も期待出来、お金に換算すれば大変な規模になる、それを実現する為には大胆な発想の転換、財政出動が政府に求められる。」というものです。

もし実現すれば、世界一の経済大国がアジアから出現する事になりますが、それを快く思わない内外の勢力によって、壮絶な妨害作戦が展開される事は想像に難くありません。それこそ100年に一度の強力な政治的指導力が求められます。今の日本に一番欠けているのが正にその点なので、残念ながら望み薄ではないでしょうか。

ところで最近、金(ゴールド)の動きが活発で、妙にどこかに集められたりしています。一説によると「金本位制」に戻そうとする力も働いているとか言われているようですが、それは流石に時代錯誤というものではないでしょうか。

なぜなら今の世の中、金よりも価値ある物が五万とあるからです。資源より人間が創る価値の方が勝っているのは明らかです。さらに金の絶対量を考えた時に、とても現在の世界経済規模には追っつかないと思うのですが、どうなんでしょう(?)

さて、目を国内政治に転じて、政局の方もかまびすしさに拍車がかかって来ました。そんまんまおじさんは、やはり自民党の古狸には勝てそうもありません。伊達に長期政権を張って来た訳ではないのです。うまく“だし”には使われていますが、世論の動向を見ながら、いずれはお払い箱にされるのが関の山ではないでしょうか。
124580146327916108868_2009062300000
さらに盟友と言われていた橋下知事からも見限られて行き場が無くなりつつあります。ちょっと世の中甘く見過ぎた罰かもしれません。そうなるとちょっぴり可愛そうな気もしますが、宮崎に骨を埋めると言ったのだから、初心を貫徹して下さい。宮崎県民にノーを突きつけられなければの話ですが。。。

そんな事より悪質で怖いのは鳩山さんの献金疑惑です。マスコミの扱いには腑に落ちない点が満載なのです。追求が思い切り緩いのは誰かが歯止めをかけているのでしょうか。

ところで悪者にされた秘書、会計責任者ですが、一切マスコミに登場しないのが気になります。あるサイトでは、交通事故で生死の境をさまよっていると言っていましたが、本当だとしたら尋常ではありません。

また別のサイトでは、鳩山事務所に電話をしてみたところ、会議中との事で、普通に仕事をしている模様、クビにしたというのは、批判かわしのポーズかもしれないのです。それはそれで理解に苦しみます。人を舐めきったやり方ではないでしょうか。

前者がもし本当なら映画やサスペンスドラマも真っ青です。私もあまりかかわり合いになりたくありません。後者なら凄い嘘つきという事になり、政治家失格です。いずれにしても、限りなく胡散臭いぞ!!と思われた方、クリックをお願いします。

|

« 脱従来エネルギー型第四次産業革命 | トップページ | 未来実験都市ニュートーキョー(?) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脱従来エネルギー型第四次産業革命 | トップページ | 未来実験都市ニュートーキョー(?) »