« カツマーにエール | トップページ | 紅葉まつり »

2009年11月13日 (金)

日本列島は日本人の為だけに存在する

地震に警戒という記事を書いてから随分時間が経ちましたが、大きな地震は南太平洋地域に集中し、日本には何も起きませんでした。取りあえず、安全宣言とまでは勿論いきませんが、家族からも大ブーイングの私の警戒呼びかけは終了致します。余計なご心配をさせて申し訳ありませんでした。

地震はなかったものの、政治の世界での地殻変動は確実に起きており、異常な広がりを見せています。小沢幹事長が妙にご執心の「永住外国人に対する地方参政権の付与」法案は今国会では内外からの轟々たる反対により見送られましたが、「約束した事は必ず守る」などと民団の代表に誓っているそうです。

幹事長とは言え、民主党の一議員の約束に過ぎない事を国の約束の如く言うのはよく分かりません。完全に政治を私物化しているかに見えます。全権を掌握していると言う自負があるからこその発言でしょうが、いつの間にそんなに偉くなったのでしょうか。こういうのを独裁的ファッショと言うのと違いますか(?)

そもそも参政権は国民固有の権利である事は憲法に謳われています。憲法改正までしてやろうというのでしょうか。経済を最優先で考えなければならない時に、何を考えているのかさっぱり分かりません。世界的に見ても外国人に参政権を与えて失敗した国は間違いなく存在します。最近ではオランダいい(悪い?)例です。

過去にもテキサスやハワイに移民を送り込み、参政権を主張、蜂起させた上に乗っ取ったという例がありますが、日本で外国人参政権が認められた場合に、それが「在日外国人による自治体の占拠」につながらないという根拠を示さなければなりません。それともそれが狙いか(?)

いずれにしてもマニフェストに書かれてもいない、しかも大多数の日本人が反対している事を拙速に進めようとするのは、何かよからぬ裏があると思われても仕方がないのはないでしょうか。

さらにどさくさにまぎれて、こんな凄い法案も提出されているようです。

「外国人住民基本法」
日本にどんな方法(不法を含む)であっても 3年以上住めば 日本人と同じ権利を与える。
二重国籍であろうが 本国の選挙権があろうが 犯罪者であろうが関係は無い。
選挙権・永住権・戦争賠償 その他諸々全ての権利が保証され 尚且つ 外国人としての不当?な扱いに対し 撤廃させる権利を持つ。
G738
この法案を提出しているのが民主党の 「円より子」参議院議員(PHOTO)ですが、この人は本当に日本人でしょうか(?)よく民主党には俗にいう「なりすまし」が90人もいると言われていますが、この人もそうなんでしょうか。

日本人は目をちゃんと見開いて、こういう売国的行為がいつの間にか既成事実にならないよう見張っていなければなりません。無駄削減の為の事業仕分けパフォーマンスに目くらましされて、「よくやっているじゃないか」などと思っていては寝首をかかれます。

そこもよく見ると、仕分け委員に市場原理主義者のロバート・アラン・フェルドマン氏が任命されていて亀井大臣が問題視していますが不可解な人選です。この人物はモルガンスタンレー証券に在籍し、チーフ・エコノミスト兼マネージング・ディレクターを務めており、いわゆる国債金融資本にどっぷり浸かっている人です。

日本の事はまず日本人で解決すべきを、明らかに怪しい人選をするのはどんな魂胆があるのでしょうか。民主党政権になって、おかしな事だらけだと思われた方、クリックをお願いします。

|

« カツマーにエール | トップページ | 紅葉まつり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ミンスの支持率が下がり始めましたね。年末を越えると、多分50%を切るでしょう。何となくミンスに入れてみた方々は真っ先に支持の撤回を始めているようです。問題は敵失を利用できる政党がないということですね。新生自民は今のところ期待できないし、参議院選挙までに志を同じくするメンバーの新党でも立ち上がらないと・・・

投稿: ASO | 2009年11月13日 (金) 18時17分

毎年2.5兆円の税金を使う高速道路無料化は、無駄な予算であるから、事業仕分けによって廃止してもらいたい。

投稿: 馬鹿まるこ姫 | 2009年11月13日 (金) 19時11分

ASOさん、本当に日本人は不幸です。頼りに出来る政党がないのですから・・・
まるこ姫さん、こんばんは。高速道路は無料化する必要はないと思いますが、せめて半分くらいにはしてもらわないと、ハイブリッドカーなどの省エネエンジン車によるガソリン代とのバランスが取れません。

投稿: 田中 徹 | 2009年11月13日 (金) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カツマーにエール | トップページ | 紅葉まつり »