« 言葉の重さ、あるいはその堪え難い軽さ | トップページ | 飛んで火に入る冬の・・・ »

2009年12月15日 (火)

謎の発光は超常現象(?)それともCG(?)

”12月8日の火曜日の夜にスイスにあるCERNの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)は 人類がいままでに達成させた最高エネルギーを作り出す加速機で陽子を互いに衝突させた。そして陽子は “量子的に” ノルウエーのランフヨルドミンにある巨大部分的反射中波(MF) の大気レーダー施設に転送された。その施設はヨーロッパの分散施設 (EISCAT) のレーダーと電離層加熱科学者が操作していた。

それらの科学者たちは、 米国の高周波活性オーロラ調査プログラム(HAARP)の監督の元で働いていた。人々は、HAARPは人類が作り出した大量破壊兵器の 最大のものであると言っています。この“量子的”に転送された高エネルギービームがランフヨルドミンで受信されてそれからパルス状に 変換されてノルウエーの上部の大気に2.43 メガヘルツで垂直に放射された。その放射のために MFレーダーアンテナが使用されたが、 その放射の結果、“渦巻き状”の光のディスプレイが目撃された。(PHOTO下)”
20091210_3443526
この「ミニブラックホール実験」は、12TeVの巨大なエネルギーの超超巨大高エネルギー実験である。当然これにはさまざまな反論がある。

▪余剰次元理論からの計算によれば、8TeV~12TeVの領域で、極小ブラックホールが生成される可能性があり危険であるという理由から、フランス高等裁判所及び欧州裁判所に実験の中止を求める訴訟が起こされている。なお、余剰次元が実在したとしても、LHCのエネルギーでブラックホールが生じる可能性があるのは、(現時点で実験的には未決定な)理論中のパラメータ(余剰次元のサイズ)が既存の実験から許される上限に近いミリメートルオーダーである場合に限られる。つまり、たとえ理論が正しかったとしても、LHC程度のエネルギーでは極小ブラックホールは生じない可能性が高い。

もし極小ブラックホールが出来たとしても、余りにも極小のため、瞬時に崩壊してしまう。LHC実験で極小ブラックホールが発生し、それが崩壊せずに残るとするならば、それより遥かに高いエネルギーで降り注ぐ宇宙線のために、大気圏にLHC実験で発生するものより大きなブラックホールが残る事になる。(ここがみそ。どうやら大気圏上空にミニブラックホールを作ろうとしているらしい。これが今回の怪現象に似ているところ。)
▪巨大な予算を必要とするため、一部の特権的科学者の利権であるとか、実用的な研究ではないという批判もある。
(以上。Kazumoto Iguchi's blog より引用)

オバマさんがノーベル平和賞を受賞した10日の前々日、ノルウェー上空で怪しい発光現象が見られました。上の解説を読んでもチンプンカンプンですが、TVなどで言っていたようなロシアのミサイルでない事は確かなようです。ロシアも明確に否定しているそうです。

簡単に言えば、宇宙空間で発生する破壊的エネルギーの一部(一要素?)を人工的に起こし、最終的には大量破壊兵器となるもののようです。最近ではこの他にも原水爆以上の兵器が既に開発済みといわれ、そのせいもあってオバマさんは用済みになった核の廃絶を提唱したのではないでしょうか。だとすればとんだ食わせ者ですが、授賞式での演説の内容は正直だった事になります。

ノルウェー以外でも、発光現象は世界中で起こっているようです。何か良からぬことが起こる前触れでなければいいのですが、時代が時代だけに不気味なものを感じざる得ないと思われた方、クリックをお願いします。

|

« 言葉の重さ、あるいはその堪え難い軽さ | トップページ | 飛んで火に入る冬の・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉の重さ、あるいはその堪え難い軽さ | トップページ | 飛んで火に入る冬の・・・ »