« 日本円は日本人だけの所有物ではない。 | トップページ | 無税国家は成立するだろうか(?) »

2009年12月29日 (火)

世界で一番損をしている国民は(?)

年末に来て、フラストレーションのたまる日々が続いています。不景気から来る仕事のせいだけでなく、何かすっきりせず気持が晴れないのです。いえ、民主党のせいだなどと、落ち目の政党に追い討ちをかける気など、毛頭ありませんよ。では一体、何がそうさせるのでしょうか。

一向に変わらないマスコミや政治家、エコノミストの意識の低さも、諦めているとは言え、毎度がっかりさせられます。日曜日のサンプロ(テレ朝)でも、政治家達の格調高いとは言い難いディベートに辟易させられました。来年春に、なぜか降板が決った田原さんだけ妙に頑張っていて、問題提起は鋭く切り込んでいます。

答える側のレベルが問題なのです。例えば35兆円のデフレギャップについての議論がありましたが、その対策については、出席者全員、何ら解決案を持たないのです。これこそが日本の最大の問題であるにも関わらず、具体的にそれがどういう事を意味するのかさえ分かっていないようです。

もっとも産業界も商売や技術以外は感心したものではありません。拡大再生産に熱心なあまり、従業員に対する利益の適正な配分を怠って来たそしりは免れないのではないでしょうか。明らかに経営者の意識改革も必要です。自分の企業だけ儲かればいいというような円安容認レベルでは話になりません。

話は戻って、デフレギャップに関しては、あくまでも国の金融関係者は需要不足で逃げようとしていますが、そこの突っ込みを誰もしないのが気になります。需要とはニーズであり、モチベーションです。そんなに日本の「ものサービス」は魅力がないのでしょうか。あるいは既に満ち足りている(?)私にはとてもそうは思えません。

まず、安心して寝られる免震構造のお洒落な家が欲しいです。車も凄い性能のものが格安で売られています。機動性抜群の4WDに、お洒落なコンバーティブルスポーツカー、さらに一台は所持しておきたい高級セダンと、夫婦で3台くらいは持ちたいものです。電気製品も各部屋にマルチパーパスの大画面モニターを置いたり、通信、セキュリティにも万全を期したい(インテリジェントホーム/PHOTO)気持はやまやまです。
Photo
カミさんの為には最新式のシステムキッチン、お掃除ロボットもいいかもしれません。夢は限りなく膨らみます。さらに目を街に転じて、電信柱や訳の分からないぐちゃぐちゃの配線、汚い看板を何とかして欲しいのです。バリヤーフリーや安全な歩道、自転車専用道路もあった方がいいに決っています。

もっと目を大きく見開いて、新しいエネルギーの為のインフラ整備、リニアモーターカーを含む交通網再整備、モーダルシフトも視野に入れた流通システムの整備等々、想像力の乏しい私でも、やってもらいたい事は果てしなくあります。今住んでいる海岸線なども、もっとリゾートっぽくお洒落にならないものでしょうか。

では現状の技術で、それが不可能かと言えば、全くそんな事はありません。今言ったような事は日本の技術力を持ってすれば何の問題もなく出来るのです。なぜしないのでしょうか。お金がないから(?)いえいえ、それは聞こえませんよ。

経済とは「ものとサービス」の供給力です。お金が先にありき、でも、主役でもないのです。もっと言えば供給力に見合った流動性を遅滞なく確保供給するのが国の役目です。今現在で「ものとサービス」の供給力が、最小に見積もる内閣府の試算で35兆円も余っているのです。これはその分、国民が損をしている事になるのですが、実際は100兆円くらいはあるのではないでしょうか。そんなに損をさせられて誰も怒らないのが不思議です。

そこを埋めるのは構造改革でも金融政策でもありません。政府が財政出動をして、上記のような産業、企業に投資、発注すればいいだけです。財源は国債発行でも何でもいいのです。財政規律が云々なんて下らないことを言うアホ議員、官僚は日本の現状と実力を知らなさ過ぎます。

問題はインフレ率です。インフレにさえならなければ、あるいは海外から莫大な借金でもしない限り、いくらでも流動性(通貨量)を増やせる立場に日本はあるのです。悔しかったら一回インフレにしてみろと言いたいくらいです。

かと言って、日銀が今やっているような量的金融緩和は駄目です。低金利下では海外へ流れて日本の為にはなりません。国内の消費者に直接渡る方法がいいのですが、公平性の問題やインフラを考慮すれば、やはり未来指向公共投資や減税、補助金、エコポイント制などが適当ではないでしょうか。

結局、麻生さんがやろうとした事の拡大版が正解のような気がします。(100兆円規模?)そうすれば、世界でただ一国、世界同時不況の影響を受けず、我が世の春を謳歌出来るという訳です。

最近の政治家や官僚は自分達の事しか考えていない、政府の仕事は防衛や外交も大事だが、それらを含めて国民を幸せに、豊かにする事なのだ、「顔洗って出直せ」と思われた方、クリックをお願いします。

|

« 日本円は日本人だけの所有物ではない。 | トップページ | 無税国家は成立するだろうか(?) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本円は日本人だけの所有物ではない。 | トップページ | 無税国家は成立するだろうか(?) »