« 歳と共に遠く小さくなる穴 | トップページ | 自縄自縛 »

2010年1月26日 (火)

類は友を呼ぶ

23日にホテルニューオータニで小沢民主党幹事長に対する検察の、任意での事情聴取が行われました。その直後の記者会見では、にこやかな笑顔さえ見せたこの被疑者は、厚顔にも嘘の上塗りへの道を突き進む事を選んだようです。

政治資金規制法違反容疑では虚偽記載だけでもクロの裁定は確実だというのに、未だ潔白を主張する神経は常人のものではありません。言うに事欠いて悪い事は全て秘書のせいにしてしまいました。つくす価値がない上司を持った秘書達も、庇う義理はない事を悟ったのではないでしょうか。

ところで小沢被疑者は自著「日本改造計画」で、こう述べています。
「政治資金制度の改革と同時に、政治資金規正法違反者に対する罰則を強化し、政治腐敗防止制度を確立すべきである。具体的には、違反者を公民権停止処分にし、違反の言い逃れを封じるために連座制も強化する。これは、他の刑罰とのバランスからいえば、重すぎることになるが、政治家が白らの重い責任を果たすために白分自身を厳しく律する自律・自浄の措置として実施すべきだと思う。政治資金公開と同様に、政治家白身が責任と倫理を明確にする制度として確立すればよい。」

恐らくこれはゴーストライターが書いたものではないでしょうか。でなければあのような記者会見が出来る筈がありません。この点は鳩山さんも似たようなものです。「類は友を呼ぶ」のでしょう。民主党の議員達はTVでも歯切れが悪く、類友(ルイトモ)と思われるリスクを冒してまで庇えば庇う程、面妖さがにじみ出ています。
952_main_image_1261033077
モナ騒動で有名なH議員などは必至で詭弁を弄する姿が既に痛々しく、清廉潔白(?)なヤングイメージがどんどん損なわれていますが、今のH氏でもモナ嬢は路上チューを迫るのでしょうか。。。冗談はともかく、怪我の巧妙か、この件で民主党の全体主義的で閉鎖的な本質が浮き彫りになりました。

自民党のように派閥間ではあるにしても相互批判が出来る自由な空気というのが全くないのでしょう。開かれた議会制民主主義を標榜している国の政党とも思えません。まるで北朝鮮みたいです。小沢ジョンイルと呼ばれる訳です。そう言えば金正日さんと年は同じだし、姿形も似ている小沢さんは、やはり金さんの類友(ルイトモ)なのでしょうか。

ところで不思議に思っている事があります。政治家やジャーナリストがあまり突っ込まないのですが、2億円のタンス預金というのは、余りにも不自然です。今と違って1980年頃の定期預金金利は何と12%もありました。90年頃でさえ郵貯の10年定期は8%です。

という事は、84年に相続を受けた現金が何年間タンスにあったのか知りませんが、2億円を10年寝かしたとして、8%だと1億6千万円もの損失になります。お金に汚い、失礼、細かい政治家がそのようなバカな事をするでしょうか。盗まれたり燃えたりするかもしれないのに、そんな大金を家、あるいは事務所に置くなんて私にはとても信じられません。

まあ多くを語らずとも、どこからどう見ても怪しいのに、擁護する民主党はともかく、ジャーナリストの頭の中はどうなっているのだろう、やはり「類友か!」と思われた方、クリックをお願いします。

|

« 歳と共に遠く小さくなる穴 | トップページ | 自縄自縛 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歳と共に遠く小さくなる穴 | トップページ | 自縄自縛 »