« さて、女子のメダルは何色(?) | トップページ | 移民の移民による移民の為の政治 »

2010年2月25日 (木)

日本女子のメダルは何色(?)

真央チャンのSPの演技は完璧でした。素晴らしいの一言です。その演技を4.72点も上回るというのは想像を絶します。素人目にはさっぱり分かりませんが、よほど玄人好みの特別な“何か”があったのではないでしょうか。
201002240005spnavi_2010022400014_vi

それにしても日本人選手の層は厚い、アイスダンスを加えると国籍はともかく、日本女性の健闘が光ります。さて26日のフリーの結果は神のみぞ知りますが、全てを知り尽くしている神の厳格な裁定が下るのではないでしょうか。それにしても楽しみです。

ところでトヨタ問題、公聴会ではユーザーの女性から意味不明な証言が行われています。ギアをリバース(バック)に入れても160キロものスピードが出たと言うのです。いかにアナログでなく電子制御とは言え、そんな事が物理的にもあり得るのでしょうか。私もそのあたりは専門ではないので、迂闊な事は言えませんが、極めて胡散臭いと言わざるを得ません。

20100224k0000e010025000p_size5

しかも160キロ出ていて、ギアをリバースに入れる(入らないと思いますが)くらいパニクっているのに、ブルートゥースを使ったにせよ携帯で夫に電話をしたというのは、余裕じゃん、という感じです。そんなあり得なさそうな設定は、下手なギャグや映画でもやらないのではないでしょうか。ハンドル握って前見てるだけで精一杯の筈です。

ちょっと調べれば、信頼出来る情報が存在するとは言い難いというのに、未だ日本のマスコミは楽観的な見通しからかトヨタに対し批判的に過ぎます。そろそろ深刻な事実に気がつかないと、取り返しのつかない事になってからでは遅いのです。政府は何をやっているのでしょうか。一昨日の前原国交相のコメントには、ほとほと愛想がつきました。

今後は自動車業界に対する安全の為の規制を強化するというのです。未だ分かっていません。メール問題で、この人はちょっと頭硬いし、賢い人ではないなと思ったのですが、どこまでバカなんでしょうか。それとも確信犯か(?)百歩譲ってアメリカでアメリカ製部品による問題がアメリカ人によって起こされた事が事実であったとしても、日本で問題は起きていません。

死者は勿論、因果関係が証明出来る事故さえ起こっていないのです。プリウスの問題などは、言わばフィーリングの問題の域を出ません。それを規制すると言うのは、勇み足もいいところです。利権か何かが目的と思われても仕方がないのではないでしょうか。第一、政府が運営する、あるいは過干渉する事業、産業が上手くいった試しなどありません。

アメリカと一緒になって日本叩きをする民主党は、とても日本の政党とは思えないのです。前原さんも本当に日本人でしょうか。三代遡って出自を徹底的に調べてもらいたいと思われた方、クリックをお願いします。

|

« さて、女子のメダルは何色(?) | トップページ | 移民の移民による移民の為の政治 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さて、女子のメダルは何色(?) | トップページ | 移民の移民による移民の為の政治 »