« スポーツに見る、驚くべき変身ぶり | トップページ | 本格的左翼政権の恐ろしさ »

2010年6月23日 (水)

外人天国、日本

一億円を超す年収を取っている日本のCEOの個人名が発表されました。これは国民新党の亀井さんが推進したようです。またまたファインプレイではないでしょうか。

アメリカなどではとっくに実施されているというのに、元経団連会長などは「プライバシーの侵害だ」などと寝ぼけた事を言っていました。この人は前にも円高が急激に進んだ時に「各国に円安誘導を協調してもらおう」などと訳の分からない事を言っていましたが、経済音痴丸出しです。

どこの国が自国に不利な事をしてまで他国を助けるでしょうか。しかも経済が最強の国に対してです。狭量で身勝手な見解というしかありません。こういう人が経団連の会長をやっていた訳ですから日本財界のレベルもお粗末というしかないのです。

話は戻って、プライバシーと言うなら、非上場企業で株を100%CEOが持っている場合は、当てはまるのではないでしょうか。株式会社で株を公募している法人の場合、役員報酬は明らかにされて当然です。株主には知る権利があります。

その日本のCEOの年収ですが、ストックオプションや退職金を除いた純粋な役員報酬で言うと、一位が8億9千万円、二位が4億1千万円でした。3位の2億円程とは大きな差があります。3位以下は全て日本人で、上位二人が外人というのも興味深い結果ではないでしょうか。

残念ながら上位二人が所属するソニーと日産は、業績が今一ぱっとしていないというのも皮肉な事実です。会社の利益と関係なく報酬を決めるという度胸は日本人にはありません。日産G社長は言うに事欠いて、世界では当たり前だとうそぶいていました。どこの国の企業から報酬を取っていると思っているのでしょうか。

それにしても街の声で、日産社長はよくやっているので当然ではないかと言う声が多かったようですが、日本人のお人好しぶりが伺えます。偏向マスコミもかつて、この人を異常に過大評価していました。ところがGさんが日本でやった事と言えば、日本の工場閉鎖と日本人の首切り、協力企業削減と締め付けです。

そこで利益を出しても所詮長続きはしないのです。結局売れる商品作りをしなければ何にもなりません。ハイブリッドカーで遅れをとり、電気自動車で巻き返しを図っているように見えますが、国や地方の助成金が、今後継続したとしても、大きく黒字が期待出来るような魅力ある商品とは言い難いのです。じり貧になるのは明らかではないでしょうか。

さらにリーマンショック後の円高時に「国が輸出企業を支援すべきだ」などと言っていたのは言語道断です。自分の報酬も削らずに、国に肩代わりさせようという身勝手さには驚きを禁じ得ません。日本人にはあり得ない発想ではないでしょうか。

こういう強欲経営者と、バカ高い報酬を取る金融業が増えてアメリカは没落しました。巨大な格差が生む弊害は想像を絶します。要するに大金持ちが増える事によって死に金が増え、経済が回らなくなるのです。

日本人はとにかく外人に甘いのですが、韓国に対するマスコミの入れ込みようも理解不能です。サッカーワールドカップでは「歴史を変える一戦」などという見出しで、韓国の決勝トーナメント進出の模様を大々的に報じていましたが、その特別扱いぶりは異常です。

逆に日本のデンマーク戦が、韓国でどう扱われるかを想像した場合に、勝ってもまぐれ、負ければ当然という扱いでしかないのではないでしょうか。間違っても好意的な報道などあり得ません。親日家は財産没収という反日国では、日本を応援する事すら出来ないのです。

韓国大好きな民主党と言い、日本の政界やマスコミは、既に日本以外のものに牛耳られていると考えた方がいいのかも知れません。流石にこのままだと日本は、ちょっとヤバいかもしれないと思われた方、クリックをお願いします。

|

« スポーツに見る、驚くべき変身ぶり | トップページ | 本格的左翼政権の恐ろしさ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

『外人天国、日本』…へーっ、そ、そんなの変ですよね! 現時点で、日本人が自己と自国のアイデンティティの足場を失っては 永遠に周囲の他国支配から逃れられません。がんばれニッポン。とりあえず選挙はM主党はNG,日本~B国~C国との正三角形なんて大昔の女学生の夢見る幻想です。70年間の平和がもたらしたノンキ病にかかっちゃったのでしょう。B国の家来は嫌いですが、C国/NK国の老獪なる情報操作に乗ってしまっている日本なので危険な左翼系は断固拒否。ほんまヤバイです。折角二度の元寇/日露戦争をしのいだのですから、頑張りましょう。

投稿: AZ生 | 2010年6月24日 (木) 07時57分

牙をもがれた日本狼は、頭脳だけで戦わなければなりませんが、M主党を見ていると、それは幻想としか思えません。限りなく見通しがくらいです。

投稿: TT | 2010年6月25日 (金) 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スポーツに見る、驚くべき変身ぶり | トップページ | 本格的左翼政権の恐ろしさ »