« なぜ(?)このタイミングに消費税増税を言い出すIMF | トップページ | バカの壁 »

2010年7月18日 (日)

茅ヶ崎の夕焼け

例によって局地的集中豪雨をもたらした、遅い梅雨入り、早い梅雨明けだった今年の梅雨は、昨日の爽やか(?)に晴れ渡った空によって終焉が告げられました。梅雨明けとしては、茅ヶ崎だけかも知れませんが、気温もさほど高くなく湿度も控えめだったのです。

その証拠に夕焼けの時の富士山のシルエットが見事でした。最近よく目にするのですが、昨日のも、ここ2〜3ヶ月でベスト3に入るくらいの美しさだったのです。実際のパノラマ感が表現されていないのが残念です。
100717
      =家のバルコニーから撮影=
大自然との対比で、電線や電信柱がいかにも邪魔ですが、近い将来の地下に埋設される日が待たれます。建物等も決して美しいとは言えず、人間が日本の美しさをスポイルしているというのは残念な事です。
100717_2

それにしても、霊峰富士を背景とする日本の四季は、やはり素晴らしいと思われた方、クリックをお願いします。

|

« なぜ(?)このタイミングに消費税増税を言い出すIMF | トップページ | バカの壁 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ(?)このタイミングに消費税増税を言い出すIMF | トップページ | バカの壁 »