« 害人の害人による、外人の為の政治 | トップページ | 土下座茶番国ジャパン »

2010年9月13日 (月)

肝心な国際問題はぼかし、国内問題では日本人をミスリードする民主党

日曜日の報道系テレビ番組では、明日に迫った民主党代表選の話題で持ち切りでした。見たような連中が、言い訳や足の引っ張り合いといった事の繰り返しで新鮮みがなく、まじめに聞く気がしなかったのです。えらくレベルの低い代表選である事は確かなようです。

この人たちは自分たちの事で一杯一杯のようですが、尖閣諸島や日本近海で起こっている事には関心がないのでしょうか(?)今回の事件後、民主党幹部はダンマリを決め込み人事みたいです。体を張ってでも国を守るという気概は感じられません。いざという時にはアメリカが助けてくれるとでも思っているのでしょうか。

最近の中国の動きは不気味です。日本の国債を買い漁り、企業買収は勿論、不動産にまで手を出してきています。旅行客は倍増し、日本の中国マネーへの依存度を限りなく高めているように見えます。

その裏側では、ガス田交渉を遅らせたい思惑からか、どう考えても計画的としか思えない領海侵犯で海保に対し「ちょっかい」を出してきていますが、この処理を誤ると取り返しのつかない結果を招きかねません。一方的解釈による既成事実を積み重ね、場合によっては思い切った行動に出てくるリスクを排除出来ないのではないでしょうか。

それによって最終的には、尖閣諸島は日米安保条約の範疇と言ったアメリカの出方まで探るつもりかもしれません。中国に対して、めっぽう弱腰なアメリカを見透かした狡猾な作戦にも見えます。私などは、あまりアメリカを甘く見るべきではないと思うのですが。。。

それにしても、なぜこの時期なのでしょうか。国内に膨れ上がったバブル経済問題他を抱え、国民の目を外に向ける必要があるのかもしれません。しかしそこまで切羽詰まっているのであれば、武力的小競り合いより経済問題の方が日本に与える影響は大きいかもしれないのです。

相互経済依存が高い現在、過激な事は反ってマイナスになりかねないので、ある程度節度を持った行動にならざるを得ないとは思うのですが、相手が相手だけに予断を許しません。ともあれ、ACKR包囲網は確実に狭まりつつあるようです。

ところで小沢氏の腰巾着であり、私設広報担当である細野議員が円高問題に触れ、盛んに日産マーチを例に出して話をしていますが、見当違いも甚だしいのではないでしょうか。

そもそも今年売り出す車は何年も前から計画されています。この円高に対して急に決まった事ではないのです。ニューマーチはタイのほかにもインドや中国、メキシコなど新興国での生産にすべて切り替えられ、成長する新興国向けの戦略車と位置付けられています。

要するに、エントリーカーレベルは人件費の安い国で組み立て、主に途上国向けに売るという戦略の下に計画されたのであり、高付加価値を必要とする国やユーザー向けではありません。生産都合上、日本には逆輸入しますが、決して安くなっていない事も事実のようです。

100万円を切る価格が「売り」ですが、仕様装備の点から国内生産との比較で、アドバンテージは殆どないと言います。従って今回の場合、急激な円高や空洞化とは関係なく、単なる社内都合でしかないというのが実態なのです

民主党はよく調べもせず、相変わらずいい加減な事ばかり言っていますが、給料が上がらない不況下での物価高(円安)は最悪です。ウォン安誘導したばかりにサムスンやヒュンダイの輸出企業だけは利益を出しても、失業率と物価が高く悲惨な目に遭っている韓国民の例をよく学習した方がいい、と思われた方、クリックをお願いします。

|

« 害人の害人による、外人の為の政治 | トップページ | 土下座茶番国ジャパン »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小沢VS菅の戦い・・・ガラパゴス党のミミズとイモムシのバトル・・・お笑い劇場としか表現出来ません。目前の課題;景気対策/国防外交ほったらかし。中二レベル以下の民社党。ルーピー以下。

投稿: Carly | 2010年9月13日 (月) 16時09分

民主党・・・この党の構成人員の殆どが半島出身者であり,米国ポチ的(ミツグ君的な存在)の自民党から政権を奪取し,ミツギ先を中国へ変更することが目的の人達であり,日本の中国隷属化(チベット等,周辺小国への一党独裁共産主義的弾圧を観れば明らか。中国共産党には,人権という概念/個人の思想の保持は認めていません)を促進する事が使命と思われる。民主党議員はミツギ物をチャッカリお相伴するつもり。小沢という壊し屋の宮内庁への不遜な態度を見れば明らかな様に,日本国乗っ取り作戦は予定どうり進行中。NHKを含む殆んどのマスコミは既に洗脳済み。皇室解体への戦略は進行中,日本の最後の砦;皇室を守りましょう。日本のアイデンティティを守りましょう。

投稿: AZ生 | 2010年9月14日 (火) 05時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 害人の害人による、外人の為の政治 | トップページ | 土下座茶番国ジャパン »