« 「日本人は自分の事を猫だと思っているが、周りから見れば虎にしか見えない」 | トップページ | いつまで経っても成熟しないマスコミによる経済論議 »

2010年9月19日 (日)

一難去ってまた一難

菅政権の新体制が発表されました。どこからどう見ても突っ込みどころ満載なのですが、千葉景子法相がやっと抜けたのは、取りあえずよしとしても、もっと凄い事が起きているようです。

問題視されているのが、消費者行政担当相や国家公安委員長に起用した岡崎トミ子氏(66)です。2003年に韓国を視察した際、何と日本大使館に対する反日デモに、参加したという異常な経歴の持ち主です。
T02200145_0450029610753485880_2
日頃から外国人参政権に賛成するなどの反日的言動が目立っていますが、この抗議行動の際も「国費を利用しての反日デモ参加」とメディアから批判され、自民党関係者などから「国会議員としての見識を疑われる」との声が相次いでいたのです。

Tomiko

そういう事実が発覚したときに即刻議員の職を解任するべきでした。そういう人物を国家公安委員長に起用するとは、日本の、いや世界の常識では考えられません。田代まさしに「麻薬の管理人」あるいは「銭湯の経営」をやらせるようなものです。

もう一人怪しい男が総務大臣になりました。朝鮮語に堪能と言われる片山善博氏です。氏は鳥取県知事だった2002年7月に、北朝鮮と鳥取県の定期航路の開設を目指して北朝鮮を訪問、主体思想への共鳴者がサインする記帳用ノートにサインし、帰国後のインタビューでも「日本海」のことを「朝鮮東海」と呼んだと言います。大人しそうな顔をして油断も隙もなりません。

20100918122815ad0

まだまだ、怪しい新閣僚は枚挙にいとまがないのですが、きりがないので割愛します。いずれにしても国家・国旗法案に反対した菅総理と言い、やっぱり民主党は超反日政党だと思われた方、クリックをお願いします。

第一、この人達、本当に日本人でしょうか(?)まあ「うXこ味カレー」の具としては絶妙ですが。。。

|

« 「日本人は自分の事を猫だと思っているが、周りから見れば虎にしか見えない」 | トップページ | いつまで経っても成熟しないマスコミによる経済論議 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「日本人は自分の事を猫だと思っているが、周りから見れば虎にしか見えない」 | トップページ | いつまで経っても成熟しないマスコミによる経済論議 »