« 望月の欠ける日 | トップページ | B層によるシーソーゲーム »

2010年9月27日 (月)

変わりつつある経済評論家の意識

非常に驚いた事に、小野善康阪大教授が内閣府の研究所長を務めているそうです。これを見て菅総理は、やっぱりバカだと批判する人がいます。さすがにそれは酷と言うものかも知れません。菅総理が経済音痴なのは周知の事実です。

それ自体はある程度やむを得ない事なのです。菅総理は経済学者ではなく政治家だからです。いや正確に言うならば極左の市民運動家と言うべきかもしれません。間違って総理の座についただけで、政治的資質のなさも立証済みです。

この市民運動家レベルの菅さんよりもっと駄目なのが、その人に忠言できない財務官僚や経済学者です。「小野善康の主張はここが間違っている」ときちんと説明出来ないのではどうしようもありません。

教授が提唱する無差別増税に関しては、今の日本にとって最悪の処方箋である事くらい、私のような素人にだって分かります。過去のデータもそう示しているし、どんな経済の本にも、そんな事は書いていません(恐らく)

さらに彼は増税の対象は消費税でも所得税でもどちらでもいいと言います。これは流石に無茶苦茶ではないでしょうか。消費税は逆進性があるし、所得税は昔のように累進性を強めなければ効果的ではありません。結果は全く違って来るのは明らかです。

小野教授の増税論に対して、むしろ減税すべきという意見もありますが、これも効果は限定的ではないでしょうか。低所得者が増えた日本では、そもそも減税の余地が薄いからです。さらにこの方法は資金の移動に過ぎず、パイの拡大には繋がりません。

また小野理論はケインズ理論に沿っていると言いますが、それも大いに疑問です。税金で公共事業をしても所詮資金の移動に過ぎず、こちらも経済のパイは膨らまないからです。大増税によって国民の貯蓄を吐き出させると言っているようですが、その泥棒的とも言える考え方は間違っています。国民心理を理解していません。

尤も、大多数の家庭には続くデフレ不況に疲弊し、既に取り崩すべき貯蓄などないのではないでしょうか。バブルが崩壊した時の勝ち逃げ組に偏在する富や、リタイヤ組の老後資金が巨大個人金融資産の正体という説がありますが、説得力があります。この人達は数にすればむしろマイノリティです。貯蓄を吐き出すにしても大した額は期待出来ません。

という事は、誰かが借金をしなければ経済のパイは膨らまないのです。デフレ不況で民間が設備投資(借金)をしないときには代わりに政府が借金(国債の発行)をする以外に方法はありません。そういう意味では90年からの20年間に国債発行残高が膨らんだのは、あながち間違っているとは言えないのではないでしょうか。

ただその間、小泉長期政権で財政再建に走ったり、消費税を3から5%へアップした事が災いして、名目GDPが大きく成長する事はありませんでした。結局大きく経済成長するところまで大胆に財政出動をしなかった事が問題なのです。従って肝心の税収が増えないので相対的に国債発行残高が増える事になります。悪循環です。

しかし問題はそう複雑ではありません。失敗したならばその反対の事をすればいいだけです。例えば90年以前の経済成長が正常で90年以降が異常ならば、正常に戻せばいいのです。その為には90年以前のような民間が国内に設備投資をしたくなる状況を作る事です。

当時と比べて、技術力、供給力は遥かに上回っているし、情報力も桁違いです。既にその為の準備は出来上がっていると言って過言ではないのです。

金曜日のテレ朝「朝まで生テレビ」ではデフレと円高解消の為には日銀が国債を大量に買い入れればいいという意見が大勢を占めていました。少し前とは隔世の感があります。国の借金に対する言及は皆無です。

ただその資金の使い道に関してはアイデアが出ていなかったのですが、銀行にばらまいてもバブルの原因になったり、円キャリートレードを起こしたりで期待は薄いと言わざるを得ません。

政府が公共投資をして自然な形で市場に供給して行くのがベストなのですが、公共事業には悪いイメージがついています。自民党時代にダムや無駄な箱もの、道路を大量に造ったからですが、将来や安全に投資する公共投資なら無駄になる筈がありません。

その内容に関しては、またの機会に想像を膨らましたいと思いますが、何をさておいても内需拡大の為に、大量の国債発行ー日銀ルール改正し日銀引き受けー財政出動ー公共投資、の流れを早く作るべきだ。と思われた方、クリックをお願いします。

 

|

« 望月の欠ける日 | トップページ | B層によるシーソーゲーム »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

何をさておいても内需拡大の為に、大量の国債発行ー日銀ルール改正し日銀引き受けー財政出動ー公共投資、の流れを早く作るべきだ。と思われた方、クリックをお願いします。・・・大賛成します。

投稿: AZ生 | 2010年9月27日 (月) 01時33分

賛同いただいて有り難うございます。外に目を向けるから余計な摩擦や妥協も起きるのです。外は程々にして内部を充実させない限り日本の将来はありません。

投稿: 田中 徹 | 2010年9月27日 (月) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 望月の欠ける日 | トップページ | B層によるシーソーゲーム »