« 歴史の証人 | トップページ | 韓国出張(後編) »

2010年11月26日 (金)

久しぶりの韓国出張

23日は北朝鮮のいきなりの無差別砲撃に、一体どういう展開になるのかと案じつつ空港に向かいました。飛行機が飛ばないという情報は入っていません。おっかなびっくりですが、初の羽田新国際線ターミナルには興味津々です。しかしNHKは国営放送の筈なのに、この重大ニュースを伝えるのが民放より随分遅かったのです。
1
さて、新空港はと言えば、テレビで見るよりは一回りくらい小さい印象です。天井も金浦空港みたいで目新しさはありません。ちょっとがっかり。。。意味不明なタワー(下)は何でしょうか。和風ではあるのですが。。。
2
バッゲージクレームは緑のカーペットが新鮮でした。スーツケースのキャスターが転がり難いという難があり。。。
20
話は、いきなりソウルへ飛んで、新幹線の駅はまるで空港みたいです。ちょっと未来的。。。随分前に完成しているのに知らなかったのです。
7
8
切符販売機(下)もデジタルです。しかも驚いた事に改札がありません。セマウル号の時代とは様変わりです。あれはあれでのんびりした旅が楽しめ、良かったのです。
6
フランスのTGVがベースなので、室内はカラーリングも含めてオシャレです。前後車両以外には動力がないのと、幅が日本の在来線並み(?)のせいか、乗り心地がよく静かなので、会話に苦労しません。
9
室内にあるスピードモニターは瞬間最速303キロを表示しました。
10
日本も早くリニアモーターカーを走らせないと、技術立国としての優位性を謳えなくなる、と思われた方、クリックをお願いします。

|

« 歴史の証人 | トップページ | 韓国出張(後編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

改札が見あたらないのは、自動改札機を設置したものの、初めから故障だらけで全然使いモノにならず、昨年全駅撤去したからです。
車内検札が無いも同然なので不正乗車天国になっているようです。
【外信コラム】ソウルからヨボセヨ ただ乗り天国
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/100522/kor1005220247001-n1.htm

トヨタリコール騒動のときには大はしゃぎしていた韓国メディアですが、
このところ自国の車がハンドル取れたり、車が燃えたり爆発したりと頑張ってるようですね(笑)
『現代車「NFソナタ」、走行中にエンジンから出火』
『現代自の新型「アバンテ」、走行中に出火し爆発』中央日報

投稿: ts | 2010年11月26日 (金) 10時59分

改札の件、そうだったのですか。不思議だなあと思っていました。
車は内容はともかく、デザインでは頑張っています。これであの低価格ですから、数は出るでしょうね。

投稿: 田中徹 | 2010年11月27日 (土) 10時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歴史の証人 | トップページ | 韓国出張(後編) »