« 有事の円 | トップページ | 不撓不屈 »

2011年3月19日 (土)

どこまでも愚鈍で心のない人達

政府のパーフォーマンスや面子のせいで日本のインフラが機能していません。この危機に動く事さえ出来ないのです。従って、今後何が起ころうが今いるところを死守するしかありません。

人生の折り返し点を過ぎて、先がそう長いとは言えない私などは、「それはそれで仕方ないか」と思うのですが、妊婦や子供たち、あるいは先の長い若者達はそういう訳にもいかないのです。

政府が初動で、もう少し機敏に動いていたなら、もう少し大胆に動いていたなら、状況は違っていたのかもしれないと思うと腹が立ってきます。さらに震災後の復興の為の布陣、人選が意味不明です。

自衛隊嫌いで極左の辻元清美議員を災害ボランティア担当の総理大臣補佐官に任命したり、利権と日本解体にしか興味のない仙石議員を官房副長官にしたりと、ブラックユーモアとしか思えないくらい無茶苦茶です。この機に一気に日本潰しをする気かと勘ぐってしまいます。

かと思いきや、耳を疑うニュースが飛び込んできました。にわかには信じられません。一体何があったのでしょうか。

東日本大震災を受け、政府は、復旧・復興のための補正予算編成に向け、主要財源として日銀が全額を直接引き受ける「震災復興国債」を緊急発行する方針を固めた。複数の政府筋が明らかにした。発行額は10兆円を超す見通し。日銀や与党と早急に調整に入り、野党も含めた合意を目指す。

実に素晴らしい。もっと早くやれば良かったのです。デフレ不況も全く違う形になっていたかもしれません。額がしょぼいのが気になりますが、効果を見れば、追加の可能性がないとは言えないので期待しましょう。

先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁は18日早朝、緊急電話会議を開き、東日本大震災と福島原発事故を受けた円相場の急騰が世界経済に及ぼす悪影響への懸念を共有した上で、各国の外国為替市場で円売りの協調介入を実施することで合意した。日米欧の協調介入は日本側が要請したもので、実現したのはユーロ急落阻止に向けた2000年9月のユーロ買い以来。

 政府・日銀は即刻、同日午前9時から東京外国為替市場で円売り・ドル買い介入を実施。これを受け、1ドル=79円台前半で推移していた円相場は、一時81円50銭近辺まで約2円急落、日経平均株価も一時、前日比約290円上昇した。

折角褒めましたが、こちらはいただけません。円高で世界経済へ悪影響(????)いえいえ、日本はこれまで、どれだけ世界経済から悪影響を受けた事でしょうか。今回くらい我慢すればいい、と思うのは私だけではないと思うのですが。。。

さらに世界から、あるいは日本の生産財等を買っている国から、と言うのなら分かりますが、日本側から協調介入を要請するのは変です。全く平時の感覚と言わざるを得ません。平時でも円安は感心したものではないのに、非常時に円安誘導とは狂気の沙汰です。

今は一時的ではありますが、供給力が落ちているのですよ。という事は、輸出に回っていたものは内需に振り替えなければ復興が遅れます。その場合必然的に貿易赤字になるのは自明の理ではないでしょうか。

要するに海外からものを買う比率が平時より上がる訳ですから、円高でいいんです。対外純資産世界一の国が一時的に貿易赤字になっても何の問題もありません。その方が世界経済に貢献するくらいです。(赤字国の赤字減らしという点で)

原油もコモディティも値上げが相次いでいる状態で、しかも千年に一度という大被災国が通貨安に誘導するなど、、、、アホ過ぎて言葉を失います。

要するに、現政権は経済も外交も、何も分からずにやっている事を既に露呈していますが、大災害の意味まで理解していないとは思いもしませんでした。その証拠に、この未曾有の危機にまだ非常事態宣言をしていない。。。あり得ません。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 有事の円 | トップページ | 不撓不屈 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

<東日本大地震>中国「人民解放軍医療部隊を送る」
中国が地震被害が発生した日本を支援するため人民解放軍を派遣する意向を明らかにしたと、中央日報(中国の新聞社)が15日報じた。この提案に対し、日本政府がどんな反応を見せたかは確認されていない。日本がこの提案を受け入れる場合、戦闘兵ではないものの、人民解放軍が史上初めて日本の地で活動することになる。

中央日報によると、中国国防省の広報関係者は、人民解放軍は救援物資を提供し、医療救助隊、衛生防疫部隊、海軍病院船を派遣することを希望する」と述べた。ただのレスキューでなかったら、侵略になるかもしれません。
米国が空母を含む第七艦隊を被災地方面に展開して睨みを利かせているので、大丈夫・・・ならいいのですが。

投稿: 心配性君 | 2011年3月19日 (土) 04時14分

リーダーシップの無い政治屋達、何を置いてもまずは国民の命を守ることでしょう。
俳優の辰巳琢郎さんのブログ「道草日記」を見て愕然としています。

確かに円が高いと海外からの義捐金等が目減りするかも知れませんが体勢に影響はないです。
復興のためには、高い円でどんどんと輸入出来た方が良いと思いますがね。

投稿: ASO | 2011年3月19日 (土) 08時50分

大地震の対応で国難に瀕しているので、各国が救助を実施してくれているのは有り難いことですね。
地震とか経済に眼を奪われがちですが、日本が充分な国防力を設置するまでは、日米安保を強固に維持するべきである。先進国で、国防をないがしろにしがちな民意が多いのは我が国のみ。米国が相対的に弱くなりつつあると仮定して、C国が軍事力を著しくUPしているので、注意が必要。この国が周りの弱小国が侵略している現実を直視しましょう。

投稿: AZ生 | 2011年3月19日 (土) 11時35分

辰巳琢郎さんのブログ「道草日記」は私も見ました。赤ちゃんとか乳幼児が餓死状態になってきているらしいです。救急物資が届きにくい奥の方にいる人達には、物資とか情報が届いていないようです。危ないですね!

投稿: 心配性君 | 2011年3月19日 (土) 11時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 有事の円 | トップページ | 不撓不屈 »