« 世界同時多発危機を警戒せよ | トップページ | 悲劇の中で知る日本の存在感 »

2011年3月27日 (日)

千年債の発行を

被災地には未だ手が付けられず放置されたところがあるそうです。遺体の回収も思うようには進んでいません。福島などは放射能汚染のため、30キロ圏内では陸の孤島になり、自宅にこもっている人達は外出も出来ず燃料も食料も届かずでは餓死する人や凍死する人も出るのではないでしょうか。

現地の声では政府が全く機能していないので、自主的に動かざるを得ないと言っていました。野菜や水の汚染問題も必要以上に危機を煽っておいて、後のケアなしでは現地は浮かばれません。正に無政府状態です。選りに選って悪い時に最悪の政権です。

実施した事と言えば、一被災家族につき10万円の無利子貸し付けを決めたくらいですが、なんてケチ臭いんでしょうか。そのくらい無償で配ればいいのです。それにしても変な話です。世界中から義援金が集まっている筈です。

その額は米160億円、台湾57億円などと気前のいい数字が並びます。日本国内からはそんなものではないでしょうから、世界トータルで言えば、GDP規模で換算しても500億円くらいは悠に集まるのではないでしょうか。

その場合、被災家族が10万世帯として、一世帯あたり50万円になります。義援金は日本赤十字(ウィキペディア調べ)などは100%被災者に渡ると言っていますから、怪しいところを経由しない限りネット(正味)で一世帯50万円にもなるのです。

政府が10万円を貸し付けるという事は、この義援金からの返済を当てにしていると解釈されても仕方がないのではないでしょうか。いえ、結果的にそうなります。これはケチ臭いなんてもんじゃありません。義援金詐欺みたいなものです。

先日の当ブログで、義援金などは、外貨不足で困っている世界からもらうのではなく、政府が自前で十分な額を用意すればいい、と書きましたが、残念ながら現政権ではあり得なさそうです。

マスコミや専門家の間でも、この事に関しては意見が分かれるところです。財政出動しても、後で税金で取られるのではと、タイミングもわきまえずにKYなことを言っているTV(日テレ/ウェークアップ・プラスの司会者)もありました。

そのせいか、増税で賄うべきという専門家の意見も多いのですが、余りにもアイデアが貧困です。こんな有様だから、日本はなかなか浮上しないのです。自民党の谷垣総裁は26日のテレビで、今は増税するべきではないと積極増税派から宗旨替えしていました。(笑)インターネットなどで叩かれたのが効いたのでしょうか。

財政出動=財政赤字=将来の税金 と思っている人は経済の専門家にも多いようです。これは何度も言うようですがあり得ません。国債を発行すれば、購入側は預金が減る代わりに債権(金融資産)が発生し、その反対に政府には借り入れた資金と負債が同時に同額発生します。

従って、プラスマイナスゼロで、国トータルで見た場合、どこからどう見ても負債はないのです。もちろん将来的には国債は償還されますから、その時に税金が使われるというのが財政破綻派の論拠でしょうが、これもロジックが変です。考えてみて下さい。

政府が国債発行して受け取った資金は、殆ど全額日本国に対して使われるのです。という事は償還分と会わせれば債権者側は二重取りという事になります。その増えた分の資金が、次の国債購入資金にまわりますから、国債購入資金が枯渇する事もあり得なく、国債を発行すればする程、日本の金融資産は増える事になるのです。

それで何がまずいかと言えば、この膨大な財政赤字にも関わらずインフレになる訳でもなく(むしろデフレですから)単に政府側の負債の数字が、国のバランスシートの中で偏って増える事くらいしかありません。

従って、その偏りを解消するには税収を思い切り上げるか、日銀が引き受けていくしかないのですが、増税では景気が良くなる筈もなく、日銀引き受けは白川総裁が大した根拠もなく拒否しています。

それならば、千年単位の超長期償還の国債を発行というのは、一つの選択肢ではないでしょうか。千年先の償還というのは地震津波と同じように、イメージがわき難いので通りやすいかもしれません。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

後で分かりましたが、阪神淡路大震災で1759億円の義援金だそうです。今回そんなものではないでしょうから、3000億円としても、一世帯あたり300万円です。少し安心する数字ですが、全額無事に被災者に届く事を祈ります。

|

« 世界同時多発危機を警戒せよ | トップページ | 悲劇の中で知る日本の存在感 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

義援金詐欺みたいなものです・・・なるほど、さっさと民主お得意のばら撒きをやりましょう、各国/各震災募金からの財源を使えば良いですね。
、、、兎に角、今回の災害対策への緊急対策体制の立案/実施・・・原発を含む直近的対応
、、、日本国再建中期計画の立案
、、、千年単位の超長期償還の国債を発行・・・良い提案ですね、水、食料の自給率UP/未来っぽい耐震対災害住宅都市の建設/国土防衛に繋がる外交の設定等を政府は、官/民/学を総動員して、輝かしく強く美しい日本のこれからを立案するチャンスと捉えて行きましょう。リスク・マネジメントが一つの重点ポイントでしょう。災い転じて福を成す・・・ですね。

投稿: AZ生 | 2011年3月27日 (日) 07時39分

500兆円÷10万世帯なら計算が間違っているのでは?

こちらは一昨日震災4年目になりましたが、全壊半壊はそれなりの義援金がありましたし、建直しには補助金もありました。それ以外は自治体によるのでしょうが、こちらでは4万円程度被災地域全員に行き渡りました。

投稿: ASO | 2011年3月27日 (日) 09時10分

ASOさん、有り難うございます。
桁が間違っていました。500億円です。一家族50万円は変わりません。
誰かにネコババされないように見張らなければなりません。

投稿: 田中徹 | 2011年3月27日 (日) 10時25分

被災地宮古に縁があります.二列の高く長い防潮堤を超えて津波は来ました.
町が壊滅した「鍬ヶ崎」の避難路を.以前.見て歩いた事がある.道は幅が無く細く階段があって足が震えていたり.年寄りにはとても厳しい避難路でした
災害後の写真を見ると鉄筋のコンクリートの建物は.そんなに大きくないビジネスホテルも残っています.防潮堤に再び高いお金を出すのなら.
山に沿った少しの高台の土地と海辺の土地しかない三陸宮古.海のそばに8階建てぐらいの共同住宅を建てるのが良いのではないかと思います.津波が来ても8階に皆が逃げればよいのでは.もっと高くして最上階は老人施設都会から老人施設で人を呼ぶのも良いのかなと思う.甘いかなこんな考え

投稿: 田舎の主婦 | 2011年3月27日 (日) 22時40分

田舎の主婦さんの提案“海のそばに8階建てぐらいの共同住宅を建てるのが良いのではないか”・・・それもいいアイデアでしょう。ディーゼル緊急発電装置は屋上に設置するのかもしれませんね。

投稿: AZ生 | 2011年3月27日 (日) 23時07分

i pledge accutane
buy accutane
accutane and periods

投稿: Anineebus | 2011年3月30日 (水) 11時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界同時多発危機を警戒せよ | トップページ | 悲劇の中で知る日本の存在感 »