« 何かが抜け落ちているワンダーランド、ジャパン | トップページ | 貧乏国への道を突き進む日本 »

2011年5月14日 (土)

ひたすら滅亡への道をひた走る隣国(後編)

話は終戦直後に遡ります。米により武装解除された日本で、国対国の交戦の事実がないのにも関わらず、戦勝国気取りで不当な要求をし、不法行為を行う在日外国人に対 し、手を焼いた吉田首相が本国送還をGHQに要請したと言います。

ところが、前編でも述べましたが、反日李承晩政権に犯罪者の受け入れを拒否されました。今日の日本の外国人問題はそこに端を発します。北朝鮮を含む帰国組以外は、日本国内での権益拡大に精を出すのです。

駅前の一等地がサラ金やパチンコ屋になっている事実を見た時に、その入手方法に関する様々な憶測は、あながち否定しきれないものがあります。全てとは言いませんが、一部強引なやり方があったのではないでしょうか。

残念ながら、現在はさらに影響力を強め、日本は政治家、マスコミ(新聞テレビ)の殆どがこの勢力の強い影響下にあるといっても過言ではありません。日本駄目論や、何かにつけて日本を貶める言動は、その証ではないでしょうか。

地震後、ロシアの好意もあって、東京開催から急遽ロシアに変更されたフィギュアスケート世界選手権でも、フジテレビは日本の放送局とはとても思えない放送をしたと言います。

そもそもロシア側の配慮で、日本のゴールデンタイムにあわせた放送時間をわざわざ遅らせて放送し、前半にキムヨナ特集を持って来る反日親韓ぶりはどういう事なのでしょうか。資本比率上限の20%に収まっている筈の海外資本比率を精査してみる必要がありそうです。

世界選手権では結局、グランドフィナーレでの各国選手からの応援も、ロシアからの心温まるメッセージも放送されませんでした。 さらに、安藤美姫選手がロシア語でお礼を述べ、日本の現状を英語で伝えたそうですが、当然それも放送されなかったのです。

ところがよくしたもので、今はネットの時代、リアルタイムで見ていた人から一斉に非難の声が上がりました。姑息なやり方は通用しません。韓流ブームで、相当数の日本人シンパを獲得してはいますが、最近では厳しい見方をしている日本人も増えているのです。

こんな事を続けていれば、いずれ手ひどいしっぺ返しを受けるのではないでしょうか。最も信頼すべき、頼りになる隣人を失ってしまってからでは遅いのです。他に味方がいるとは思えない彼の国の将来が、人事ながら心配になります。

理想的には、同じ東洋人同士である日中韓が手を組んで、白人支配の世界からアジア全般を含めた自衛体制を構築すべきなのですが、こんな調子では、見通しは限りなく暗いと言わざるを得ません。

President_park

最後に韓国で唯一まともな大統領であった朴正煕元大統領の言葉を紹介します。

「我が半万年の歴史は、一言で言って退嬰と粗雑と沈滞の連鎖史であった」
「姑息、怠惰、安逸、日和見主義に示される小児病的な封建社会の一つの縮図に過ぎない」
「わが民族史を考察してみると情けないというほかない」
「われわれが真に一大民族の中興を期するなら、まずどんなことがあっても、この歴史を改新しなければならない。このあらゆる悪の倉庫のようなわが歴史は、むしろ燃やして然るべきである」

「日本の教育は割りと公平だったと思うし、日本のやった政治も私は感情的に非難するつもりもない、むしろ私は評価している」

この元大統領は親日派として後に糾弾される事になります。親日派が財産没収されて社会的地位を失う、国際法上明らかな他国の領土を実効支配する、子供達に捏造した歴史を教える、亊あるごとに賠償を要求してくる、そんな恐ろしい国が隣にあって、傀儡とも言える同族の売国政権に支配されているというのに、 無頓着すぎる日本人とは一体何なのか、自問自答すべき時期ではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 何かが抜け落ちているワンダーランド、ジャパン | トップページ | 貧乏国への道を突き進む日本 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「親日派が財産没収されて社会的地位を失う」

親日法ができたとき
長く付き合いのある国立大学博士課程にいる留学生が

彼女..お母さん.国のやったことはとても良いことです.
私..☆★???..
私.. 事後法ではないか.
彼女..事後法ってなんですか.
私..............?..........
日本にどんなに長くいようが.高学歴で有ろうが高額な奨学金を貰え優遇されていようが.その程度なんです.日本憎しの教育が根底にある限り考え方にゆがみが出ると思います.

投稿: 田舎の主婦 | 2011年5月15日 (日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何かが抜け落ちているワンダーランド、ジャパン | トップページ | 貧乏国への道を突き進む日本 »