« 将来にツケを廻すべきではない | トップページ | 日本が貧乏を我慢すればする程、世界がバブる(?) »

2011年8月 5日 (金)

日銀の暴挙を許してはいけない

政府・日本銀行は4日、最近の急激な円高の進行に歯止めをかけるため、円売り介入と金融緩和を組み合わせた緊急の円高対策に踏み切った。

政府は午前10時ごろから東京外国為替市場で円売り・ドル買いの市場介入を実施し、円相場は1ドル=77円10銭前後から78円40銭前後に1円以上急落した。

日銀は4~5日の2日間で開催予定だった金融政策決定会合を1日短縮し、4日中に追加の金融緩和を決定する方針だ。円高が東日本大震災後の復興と景気回復を損なう恐れが強まっていることに対し、政府・日銀が連携して緊急対策に踏み切った。

円売り介入は、震災直後に日米欧が協調介入に踏み切った3月18日以来約4か月半ぶりとなる。介入規模は兆円単位とみられ、介入後の東京市場で円は対ユーロでも急落している。(YOMIURI ONLINE)

いえいえ、それはおかしいでしょう。やっている事が。。。3.11直後の、なぜか急激な円高に対してすかさずドル買い介入しましたが、効果は限定的でした。その為にいくら円を売ったのかは知りませんが、おそらく数兆円でしょう。

今回も同じ轍を踏もうとしています。焼け石に水というやつです。大きな流れは変えられません。その結句はまた買ったドルで売れない米国債を買い、外貨準備が増えるパターンになります。事実上の米に対する資金供与ではないでしょうか。お金がいくらあっても足りないオバマさんに対して援護射撃をしているように見えます。

しかも財政赤字は駄目と言いながら、ここでは政府短期証券を民間に買わせる事になるのですから凄まじい自己矛盾ではないでしょうか。国内へ資金を廻す為の借金は駄目だけど、米へ尻尾を振って資金を提供する事には抵抗がないようです。

日銀がどこの国の中央銀行であるかが分かると言うものです。更に日銀は震災直後に量的緩和を電光石火の如くに行いました。三大メガバンクと協調して、買いオペによる資金供給量は白川総裁によると120兆円にも上るそうですが、その行方も大半が不明です。

これだけの額を財政出動とセットにして復興資金としていたならば、今日の停滞はなかったのです。とっくに被災地は元通りとは言わないまでも、精神的、物質的に立ち直っていたのではないでしょうか。

それにしても分からないのは、これだけのマネーを供給したにも関わらず、円高に歯止めがかかる気配がない事です。普通は供給量に比例して円安に向かう筈です。いかにドルの信任がないからと言って、基軸通貨ですから。。。そのあたりのからくりが読めません。何か臭って来ます。

今回も、またすぐに円高に戻る事が分かりきっている為替介入をする意味はありません。別の発想、例えば円を大量に市場に供給する事等による薄め効果を狙うべきではないでしょうか。確かに質的量的緩和も、申し訳程度にしていますが、やはりTOO LITTLE TOO LATE なのです。

しかし、テレビなどで、なぜ巨額財政赤字の円が買われるのでしょうか、などと怪訝な顔をしている女性キャスターにはずっこけさせられます。自らが属するマスコミの影響を100%受けているのでしょう。キャスターを張るなら少しは勉強しろと言いたくなります。

その番組の男性コメンテーターは、「増税すれば財政健全化が出来るポテンシャルがあると思われているうちは円は売られない」と意味不明の事を言っていました。デフレの国が増税してポテンシャルもクソ(失礼)もありません。この程度ですから視聴者も舐められたものです。

現時点で円は、軍事力に関しては日米安保という条件がつきますが、世界一強い通貨であるという点は間違いありません。消去法で買われている訳ではないのです。その根拠は日本人の能力にあります。つまり、付加価値を創造する力が世界一であるという事の証明なのです。

具体的数字をとっても全くその名に恥じません。対外純資産世界一、万年経常黒字、国富(国の金融及び非金融の純資産)世界一、純技術輸出額世界一、どれを見ても超一流なのです。数字に端的に表れています。

だからこそ円が買われるのです。従って資産価値が下がり難い金(GOLD)と円が買われていますが、金の価格が、米では個人売買に制限が加えられる程、不相応に吊り上がってしまった現状を見ると、円買いは更に加速するのではないでしょうか。円高は金融純資産を除く国富の相対価値を更に押し上げるので長い目で見れば国益なのですが、短期の急激な円高には輸出産業が対応しきれません。

従って日銀の採る道は明らかです。為替介入ではなく、市場への資金供給を財政出動とリンクして行う事です。内需も拡大するし、いい事尽くめなのですが、それをあの優秀な日銀官僚が知らない筈はありません。

国民は欺かれています。政府や官僚組織、マスコミも含めて日本人の味方とは言い難いようです。

今朝のニュースです。ニューヨークで株の暴落が始まったと伝えています。リーマンショック以来の512ドルもの下げ幅です。世界同時株安にならなければいいのですが。。。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 将来にツケを廻すべきではない | トップページ | 日本が貧乏を我慢すればする程、世界がバブる(?) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

反日/売国/無能/お札の刷り方を知らない/組織硬直/米国の犬/B◎K◎・・・ええっともっとあったっけ!?あんまり悪口言いたくないけれど、M主党ぐらい酷い経済音痴組織かも

投稿: 心配性君 | 2011年8月 8日 (月) 04時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 将来にツケを廻すべきではない | トップページ | 日本が貧乏を我慢すればする程、世界がバブる(?) »