« 知能を持った台風15号 | トップページ | 日本の進むべき道 »

2011年9月23日 (金)

世界で一番最後に破綻する国

テレ朝の玉川さん、いつもブログネタを提供していただいて有り難うございます。困った時は、スーパーモーニング様々です。(笑)京大農学部修士という学歴の持ち主で、コネ無しでキー局に入ったと言いますから、専門のところは凄いのかも知れません。

しかし、専門家でさえ見解がバラバラの経済の分野だけは、どう考えても無理があるようです。尤も、全てが彼の見解と言う訳ではなく、当然、専門家のアドバイザーはいるのでしょうが、そこがまず、ベストな選択とは言えないかもしれません。

昨日もギリシャ問題で日本の財政と比較し、ちょっと無理のある結論に導いていました。日本もこのまま行けばギリシャのようになり、破綻してしまうと言うのです。最近、この手の議論は随分まともになって来ましたが、未だ十分とは言えず、不確かな事を公共の電波に流すケースが後を絶ちません。

特に財政赤字額が個人金融純資産額に接近して来たので、後僅かしか日本国内で国債を消化出来ないと言うのは意味不明です。素人そのものです。いえ、かく言う筆者も素人ですから、素人が素人を批判しているというスタンスを理解していただいた上で読んでいただけると助かります。(笑)

そもそも金融資産は、個人、法人、非営利団体等に明確に分かれるものではありません。銀行の普通預金は誰が預けても普通預金だし、保険も誰がかけても保険屋さんに入れば、ただの投資の為の資金に過ぎません。お金に色は付けられないのです。

郵貯、厚生年金は別としても、機関投資家と言われる銀行や保険会社は、どのジャンルからの資金と、明確に区別して運用している訳ではありません。そこにお金があるから国債を買うのです。(笑)

他に安全で魅力的な投資先がなければ当然ではないでしょうか。金利が例え1%であっても、確実なものは抑えておきたいのです。その原資となる資金(金融資産)は日本全体で5000兆円を悠に超します。

という事は貸借対照表上、負債も5000兆円あると言う事になるのですが、その内の1000兆円近くが国債分です。逆に貸した側にも1000兆円の資産があるという事になります。この1000兆円が、全て個人の金融資産から借りていると考える根拠がどこから来るのか、さっぱり分かりません。

このように金融資産に関しては、国内だけで見ればプラスマイナスゼロです。これはどの国も例外なく同じです。そりゃそうです。誰かがお金を作って、誰かに貸さない限り貨幣経済システムは成り立ちません。従って、誰かの資産は、他の誰かの負債になります。

つまり、海外からの貸借がマイナスしない限り、あるいは極端なインフレにならない限り、国内はいくらでも負債も資産も増やす事が可能なのです。安心して下さい。(笑)政府が国民から借りれば借りる程、国民の側の資産も増える事になるのです。

ギリシャとは、そこが致命的に違うところです。財政赤字の意味は、本来対外債務を指します。ギリシャのように海外からの借入が対外資産を上回っている国は、政府が借金すればする程、対外純債務が増える事になるのです。

しかも悪い事にユーロ建てです。つまり、自分で刷る事の出来ないお金ですから、高金利であっても外国から借りるしかないのです。悲惨でしょう。(笑)日本国債は円建てしかありません。従って、最悪の場合でもアメリカのように刷りまくって逃げられます。

いや、そんな事より何より、ギリシャと日本を比較する事自体に無理があり過ぎるのです。ギリシャは公務員比率が40%で闇経済(地下経済とも言う)がGDP30%を占め、観光と海運以外これと言った産業もなく、特に勤勉でもない、むしろ遊び好きの国民性(失礼)の国です。

一方の日本はと言えば、先進国で一番公務員が少なく、闇経済比率も5%と世界最低クラス、付加価値の潜在供給力は世界屈指で、2900兆円もの国富を持つ世界一の金満大国なんです。さらに勤勉で貯蓄好きで、好奇心旺盛な新しい物好きとくれば、、、言うだけ野暮というものではないでしょうか。(笑)政治は、とっくに破綻していますが。。。

さらに特筆すべきはデフレギャップと言うおまけまでついています。これは言い換えれば経済成長の伸び代(ポテンシャル)ですから、まだまだお金を刷る余地が残されているという訳です。

そんな国が破綻(?)確かにあり得ます。但し、世界で一番最後に破綻するという注釈がつきますが。なにか。。。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 知能を持った台風15号 | トップページ | 日本の進むべき道 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

≫そんな国が破綻(?)確かにあり得ます。但し、世界で一番最後に破綻するという注釈がつきますが。なにか。。。

・・・日本及びその国民は全世界の人々を魅了する素晴らしいポテンシャルと意欲、強さと優しさを合わせ持っています。尊敬もされております。

懸案は現政府が極端に時代遅れの左巻きであって、やる事なす事全て亡国に直結しそうな事、特に経済、危機管理及び国防への認識が皆無又は故意に無視している事。
日銀は直面している困難を解決する為に必要な意欲/能力に不安がある事、・・・それらを乗り越えさえすれば、21世紀は日本が世界を引っ張って行く事は可能でありましょう。

投稿: AZ生 | 2011年9月23日 (金) 13時35分

収穫前の稲の一部を刈り取って放射性物質を調べるコメの「予備検査」で、
福島県二本松市の旧小浜町のコメから国の暫定基準値と同じ1キログラム当たり
500ベクレルの放射性セシウムが検出されました。

福島県は、二本松市を「本検査」での重点区域に指定し、出荷できるかどうかを
判断することにしています。

政府が求めているコメの放射性物質の検査は、収穫前に一部を刈り取って
放射性セシウムによる汚染の傾向を把握するための「予備検査」と、
収穫したあとの「本検査」の2段階で行われています。

福島県によりますと、県の「予備検査」で、二本松市の旧小浜町で採取されたコメから、
1キログラム当たり500ベクレルの放射性セシウムが検出されました。これは国の
暫定基準値と同じ値で、国が求めたコメの放射性物質の検査で検出された値としては、
これまでで最も高いものです。

福島県は、二本松市全体を「本検査」での重点区域に指定し、検査地点を計画していた
38地点からおよそ300地点に増やして、収穫されたコメを出荷できるかどうか
判断することにしています。

◎http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110923/t10015809271000.html

投稿: 絶対に東北の農産物を食べてはいけない | 2011年9月23日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知能を持った台風15号 | トップページ | 日本の進むべき道 »