« 息を吐くように嘘をつく政治家 | トップページ | だから、超先進国型の経済学を構築して下さいよ。 »

2011年9月12日 (月)

簡単な問題を、わざわざ難しくして世界から失笑される日本

【マルセイユ赤間清広】先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)出席のため8日深夜(日本時間9日早朝)、現地入りした安住淳財務相は記者団に対し、歴史的な水準にある円高について「行きすぎた場合には断固たる措置をとることも(G7会合で)申し上げる」と述べ、為替の過度な動きに、政府・日銀による円売り・ドル買い介入で対抗する日本政府の強い姿勢を示した。安住財務相はG7で、円高是正に向けた各国の協力取り付けに全力を挙げる考え。
20110909k0000e010068000p_size5_3
・・・・無理でしょう。通貨安競争に必死になっている諸外国に向かって、円高是正の協力取り付けですって・・・・まあ、こういうのを極楽トンボというのでしょうか。素人丸出しなのですが、誰も忠告する人がいないと見えます。日銀は中川さんの時のように、また傍観者を決め込むのでしょう。

それにしても「スイスフランが、どこまでも介入するぞ!」と言っても容認されるかも知れませんが、円に限ってはそうは行きません。万年経常黒字国で、対外純資産世界一の国が、「何を寝言を言っているんだ、守銭奴め、顔でも洗って出直して来い」と言われるのが関の山でしょう。(笑)

経団連あたりの身勝手さも問題があります。日本は輸出企業だけで成り立っている訳ではないのです。値上がり圧力しかない資源系をメインとする輸入産業も膨大だし、内需も巨大です。その内需さえ健全であれば、為替なんて全く気にする必要がないのですが、内需を、故意かどうかは知りませんが、抑え込んでいる事が問題なのです。

二言目には需要がない、と言うのも意味不明です。この情報化時代、需要がない筈がありません。震災で被害を受けた、あるいは既に老朽化したインフラの整備は急務だし、この物騒な時代、防衛産業も強化しなければなりません。

個人にしても、家の免震化、あるいは新築が無理でも耐震化にお金をかけたいし、停電対策もしたいのです。最近は高性能な蓄電池もあります。家庭用の燃料電池も魅力じゃないですか。

そこで、それらの事業、あるいはものの調達が国内で出来ないのであれば、涙をのむ事があるかも知れません。実は、それも正しくはなく、外貨がふんだんにあり、ハードカレンシーである円を持つ日本は、国内で調達出来ないものでも、好きなだけ買うことが出来るのです。

ところが資源系以外で調達出来ないものなど日本にあるでしょうか。世界に冠たる技術立国で付加価値供給力大国です。その気になれば何でも作れるのです。しかも幸か不幸か、日本は長年デフレです。

こう言うと「君何言ってんだよ。CPI(消費者物価指数)を見れば決してデフレとは言えず、さらに失業率が世界で一番低いというのではデフレとは言えない」と言う人が必ずいるのですが、そんなところを見ているから判断を間違うのです。

CPIは色々な不確定要素で動きますから、インフレ、デフレを判断するには適切ではありません。見るべきところは潜在供給力なのです。設備や開発への投資、特許出願数、人的ポテンシャルが判断材料となります。

そういう意味では、設備資産はバブル期との比較で確かに減っています。リーマンショックでも大きく毀損しました。しかし、開発投資や特許出願数は、相変わらず世界トップレベルです。

さらに自分の給料を下げてでも仲間の職を守り続ける、謹厳実直で経験豊かなノウハウを持った技術者が五万といて、、、それにも関わらず、経済成長しない。。。そんな事が世界の常識から見て通用するでしょうか。

それは、明らかに流動性に問題があるからです。政府が日本人を信じて、巨額財政出動するだけで瞬時に日本の問題など解決します。財政再建などは景気が良くなり税収が増えると自然に解決するのです。GDPを増やして、財政赤字比率を下げるのも税収増と同じ効果があります。

どう考えても、それしか方法がないにも関わらず、わざわざ逆の事をして問題を複雑化し、あるいは為替などの外的な問題にすり替えて内需拡大を顧みない、この、世界からは失笑しかされない愚かな指導者を持つ国が、残念ながら今の日本なのです。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 息を吐くように嘘をつく政治家 | トップページ | だから、超先進国型の経済学を構築して下さいよ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

野田さんの組んだ組閣は、民主党内の勢力バランスを満遍なく振り分けただけであって、党の延命が第一の目標であって、日本の置かれた状況解決〔先進国で唯一のデフレ状況の市場、半年経過しても殆ど復旧していない東北震災と原発への対応、韓国・中国・ロシアからの領土侵略への反撃、TPP参加拒否の意思表示とか〕等の目先の行政の推進さえも殆ど未解決。国家ビジョンの構築は全く問題意識にも昇っていない様です。
財務経済、防衛、法務系等は殆ど素人ばかりの様ですね。

投稿: 心配症君 | 2011年9月12日 (月) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 息を吐くように嘘をつく政治家 | トップページ | だから、超先進国型の経済学を構築して下さいよ。 »