« 隣のリンゴは赤い(?) | トップページ | 大事な国富が、ダダ漏れで海外に流れる。 »

2011年10月11日 (火)

内向きと言われようが、もっと国内に目を向けるべき。

野田佳彦首相は10日午前、環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加問題について、「早急に結論を得るのが従来の姿勢だ。政府・民主党内で議論を始めるように指示した」と述べた。視察先の群馬県川場村で記者団に語った。 (時事通信)

基本的には中韓の方を向いて政治している売国民主党ですから、これまでTPPに関して、積極姿勢は見られなかったのですが、経団連や米からの圧力もあって、これもやらない訳にいかなくなったのでしょうか。

当ブログで何度も書いていますが、日本は他の貿易依存国のように世界に依存しなければ生きていけない国ではありません。むしろ世界から日本に対する依存度が高まっているくらいです。

輸入内容(下の表)を見て下さい。日本にない、あるいは乏しいと言われる資源系の約30兆円分は当面やむを得ないにしても、後の輸入品は国内で代用が可能です。

従って、資源系輸入分、30兆円の輸出さえすれば収支がとんとんで平和にやっていけるのです。どうしても黒字にしなければならない理由などどこにもないし、アメリカが赤字を垂れ流せない今、世界はそういう方向に向かわざるを得ません。

20111010_153903

ところが、困った事に「日本は貿易立国」という概念が染み込んでいて、何が何でも輸出を増やすべきだと考えている政財界人は多いようです。結局自分の事しか見ていないのですが、世界全体の、貿易を俯瞰で見た場合の視点が欠落しています。

しかもTPP参加国を見れば明らかなように、米と日本で参加国総GDPの91%を占めるのですから、後の農業中心の国々がどう頑張っても日本のメリットにはなりようがないのです。

100歩譲っても2国間FTA止まりではないでしょうか。それも経済の実力が均衡していないと意味がありません。弱い者いじめも出来ないので、結局FTAにしても協定が結べる国は僅かしかない事になります。

何度もしつこく言うようですが、経済の基本は内需です。内需が拡大出来ない途上国は、貿易に頼らざるを得ませんが、日本のよう成熟した経済大国は、ひたすら内需拡大に励めばいいのです。安全保障上も好ましいのではないでしょうか。

その結果、多少のインフレにでもなり、GDPが増えた分は確実に円安に振れます。その場合、輸入額が上がってしまうではないかと言われるかもしれませんが、今の30兆円分の資源系輸入は将来的に見て圧縮が可能です。

省エネ、リサイクル技術がさらに進み、代替材料の研究や、藻から石油のような新エネルギーの開発も進みます。それでも足りない物は世界第6位の面積を持つEEZ内に眠る海底資源から調達すれば、輸入額は限りなくゼロに近づける事が出来るのです。

Photo

という事は為替レートに悩まされながら輸出に血道を上げる必要もなく繁栄が可能だという事になります。理想の世界が目前です。後は海外展開している日本企業の生産拠点をどうするかですが、現在でもフランスのGDPに匹敵する200兆円以上もの売り上げからの、国内への利益還元分は3兆円程度(2008年)でしかありません。

利益の現地還元は基本ですし、設備投資資金としても利益から拠出するのが節税、あるいは有利子負債を増やさない事にも繋がります。

企業としてのメリットは国として見た時のメリットにはならないという事は明らかではないでしょうか。輸出にせよ生産拠点の海外展開にせよ「アジアの内需を日本の内需に」なんて、いかにバカげた妄想であり、途上国的発想であるかがお分かりでしょう。

国が進めるべき経済政策は、安全保障上も問題のあるインフラ輸出や貧乏くさい観光立国ではありません。ましてうまみの薄いTPPやFTAは論外です。ひたすら資源系輸入を減らすべく、新エネルギーの研究開発や海洋資源の開発に資金を投入すべき事は明らかです。

ついでに防衛産業にもてこ入れして、人んちの領土を不法占拠している不良国家に、自発的に撤退させるくらいビビらせましょう。(笑)その為には、政権再交代は必須です。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 隣のリンゴは赤い(?) | トップページ | 大事な国富が、ダダ漏れで海外に流れる。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 東京電力福島第1原発事故を受け、福島県のすべての子どもを対象に行われる甲状腺の超音波検査が9日、福島市の福島県立医大付属病院で始まった。県は今後2年半にわたり、事故当時18歳以下だった約36万人に対して検査を実施する。
 初日は被ばく線量が比較的高かった浪江町と飯舘村、川俣町山木屋地区の約140人が来院。小学生の子ども2人を受診させた浪江町出身の榊原紀子さん(38)は「これからのある世代。毎年でも検査をしてもらいたい」と語気を強めた。検査を受けた飯舘村出身の草野洸紀さん(18)は「甲状腺異常のニュースを見て不安に思っていた。結果は1カ月後に郵送されてくるが、それまでは不安だ」と語った。

セシウムの除菌をせずに桃を売り切った瀬戸弘幸はいかに・・ 

投稿: 愛信 | 2011年10月11日 (火) 21時25分

瀬戸弘幸さん達がんばれー

投稿: かかし君 | 2011年10月11日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隣のリンゴは赤い(?) | トップページ | 大事な国富が、ダダ漏れで海外に流れる。 »