« 早速始まった得意技のゴリ押し。 | トップページ | 鎖国か開国かの短絡的な議論に誘導するべきではない。 »

2011年11月17日 (木)

そろそろ不毛な議論はやめて大人の話をしよう。

ザックジャパンが初黒星を北朝鮮に喫しました。アウェイでのハンデは想像を超えたものだったのでしょう。いつかは負けるので、負け時、相手としては悪くなかったのではないでしょうか。

20111116_2893252

ところで、北朝鮮の国民は北朝鮮が既にワールドカップの予選敗退している事を知らされていません。国威発揚という点でまずいのでしょう。そこまでか、と思いますが、我々も北朝鮮を情報弱者の国と笑えないのです。「目くそ鼻くそ」レベルではないでしょうか。

最近のメディアは連日侃々諤々とTPP と増税問題で賑わっていますが、本当に知らなければいけない情報は提供されていません。平和ボケした日本人は自分たちの事を情報弱者とは思っていないようですが、今の無能政府や偏向マスコミから情報を得てる以上、立派な情報弱者と言えます。(笑)

その消費税増税論議ですが、医療保険問題や社会保障問題の為にも増税は不可欠と言われています。ところが10%程度では財政再建分には廻らず、さらなる増税が必要と、あるテレビでは嘆いていました。額面通り受け取れば絶望的な話ではないでしょうか。

この問題、一昨日も述べましたが、始めに財源問題ありきで語られるならば、永久に解決する事はありません。話が逆なのです。基本は供給力を国内でどう確保するかにかかっています。

国内で、物とサービスの供給が必要充分に得られるのであれば、その量に見合った流動性を供給するだけの話です。その為の財政テクニック論を展開すればいいのであって、課税だけで解決しようとするのは無知としか言いようがありません。

普通の自立した主権国家であれば、課税以外に三通りの資金調達方法があります。一つは政府が政府紙幣を発行する、もう一つは日銀が円を印刷する、最後は金融機関の信用創造です。

今はデフレで最後の金融機関の信用創造機能が十分に働きませんから、通貨の量を増やすのであれば残り二つの方法しかありません。それを臨機応変に活用すればいいだけの話なのです。

問題はTPP などで物とサービスが自給出来なくなった場合です。海外に頼らなければならなくなった場合、初めて資金問題が発生します。外貨が必要だからです。外貨は輸出や投資で稼がなければ得られません。勝手に国内でドルを印刷する訳にはいかないのです。

繰り返しますが、国内で物とサービスの供給が100%得られるならば資金問題は存在しません。政府には徴税権があるように通貨発行権もあるのです。インフレの時には金利を上げたり増税したりし、デフレの時には量的あるいは質的金融緩和をすればいいのですが、そもそも供給力が必要十分にあるならインフレという事は考えられません。従って財源を増税で確保するというやり方はあり得ないのです。これは筆者などの素人が言うのもなんですが、経済の基本ではないでしょうか。

金融緩和と言っても、それで景気回復したためしがないじゃないかと言われるかも知れません。その通りです。国内に資金需要がない状態での日銀の量的緩和策では、殆どの資金が円キャリトレードとして海外に流れます。その資金が世界にバブルを作ったという説があるくらいです。

この低金利時代、明らかにまずいやり方ではないでしょうか。賢明な策は財政出動とセットにして円を増刷する事です。この場合、公共投資は無駄が多いと言われますが、政府にしか出来ない事は確実にあるのです。

安全保障と将来を見据えた国家のデザインは民間には出来ません。安全保障とは軍事、インフラ整備、教育の三要素で構成されます。ここはいくらお金をかけてもかけ過ぎはないのです。しかも今や国内でそれらの殆ど全てが調達出来るのですから、資金量を増やすという選択肢に障害はありません。

将来を見据えた国家のデザインも早急に検討を開始すべきです。これまで何の検討もされていない事が信じられません。自然と共生する自給自足、国内循環型経済の構築こそが、日本の進むべき道である事は疑い様がないのではないでしょうか。

新自由主義経済が胡散臭いものであったという事が露呈された今となっては、それしかないと思うのですが、いかがでしょう。

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 早速始まった得意技のゴリ押し。 | トップページ | 鎖国か開国かの短絡的な議論に誘導するべきではない。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

≫ ところで、北朝鮮の国民は北朝鮮が既にワールドカップの予選敗退している事を知らされていません。国威発揚という点でまずいのでしょう。そこまでか、と思いますが、我々も北朝鮮を情報弱者の国と笑えないのです。

・・・その通うり TPPのような大変重要な条約の詳細を国民に、知らせない、
①野田総理、貴方はどこの国の代表なのですか?!
②野田総理、内容が我が国の将来を左右する不平等条約なのに禄に理解もしないでノコノコ出かけて外国のTOPにべらべらしゃべって何気取りでしょうね、大統領でもなくて独裁者の態度、党内の理解も取れないままに!
③日本の全国紙、テレビ局はB層向けのB級情報ばかり流しているうちに、自分自身がB級の情報しか作れない頭脳に成り果てた事に気がついて欲しいですね。スポンサーがドンドン下りちゃいますよ。

あ、そろそろ不毛な議論はやめて大人の話をしようと思いましたが又批判的なコメントをしてしまいましたね。

投稿: Carly | 2011年11月17日 (木) 16時19分

教えてください。いつか日銀が紙幣を印刷しない理由を当ブログで解き明かしてくれると、楽しみに毎日ヒントでも良いからと毎日読んでますが、かなり、差障りがあるのでしょうか?


投稿: E36マダ乗ります | 2011年11月17日 (木) 21時34分

状況証拠的に見て、かなり確度の高い推論は可能ですが、内容が内容だけに慎重にならざるを得ません。
いつか機が熟せばとしか言えないのですが、ヒントは過去ブログで何回か出しています。

投稿: 田中徹 | 2011年11月17日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早速始まった得意技のゴリ押し。 | トップページ | 鎖国か開国かの短絡的な議論に誘導するべきではない。 »