« デトロイトモーターショーに見る顕著な傾向とは | トップページ | デフレ経済の真ん中でブロック経済を叫ぶ。 »

2012年1月13日 (金)

再生可能エネルギーによる電力供給体制を急げ。

ブログランキングに参加しています。

ガイトナー米財務長官が来ているそうですが、何しに来たのでしょうか。クリントンさんとか、米政府の要人が来た時にはろくなことが起きません。考え過ぎでしょうか。

いずれにしてもイラン制裁の問題だけにしては丁寧過ぎる気がします。また無心に来たのかも知れません(笑)我らが安住財務相は、イラン産原油の輸入をこれまでの5年間で40%削減した事に加え、輸入量全体の約10%を占めるイラン産原油の削減を段階的に進めると約束したそうです。

米国はイラン中央銀行と決済取引を持つ外国金融機関を制裁対象とする考えですが、日本は輸入削減の代わりにメガバンクなど邦銀を対象外とするよう米国との調整を進める。・・・(日経ニュース)

譲りますねえ。宗主国に対しては何も言えねえ。(笑)どちらが悪いんだか分からない問題で簡単に結論を出していいのでしょうか。イラクの時のように、結局何もなかったでは済まされません。イランに冷たく当たった事で、他の産油国からソッポを向かれたりしないのでしょうか。

さらに、欧州連合や米国が原油の輸出に制裁を課した場合、アフマディネジャド大統領はホルムズ海峡を封鎖すると言っています。これは80%の原油がホルムズ海峡を経由する日本にとっては由々しき問題です。あっさり米に乗って、本当にいいんでしょうか。

それにしても、エネルギー資源の輸入を減らせと、大物使者まで寄越して迫るのは、原発再開圧力の意味があるのかも知れません。そう勘ぐってしまいます。

そう言えば、「青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場で、高レベル放射性廃液をガラスで固める試験を再開するため、ガラス溶融炉の熱上げ作業を始めた」というニュースもありました。

筆者は、原子力に関しては国益を考えたときに、推進論にしろ慎重論にしろ極論で動くべきではないと思っています。その根拠は今回の事故でも放射能による直接の死者は出ていませんし、今後も、言われている程の大きな犠牲が出るとは思えないからです。(下図参照)

Photo_3

専門家でもないので、年間100ミリシ−ベルトくらいなら、むしろ健康にいいと言うホルミシス理論を全面的に支持する訳ではありませんが、その程度のリスクなら都会にはゴロゴロしているのではないでしょうか。原子力だけを特別視して目の敵にするのは、おかしいと言わざるを得ないのです。

今回の福島原発事故に関して言えば、不確かな情報、いい加減な基準等によって故郷に住めなくなった方は、あまりにも気の毒です。確かな基準の設定と徹底した賠償、ケアが求められます。政府の責任は重いのですが、民主党では期待出来ません。そういう意味でも早期の政権再交代を。(笑)

6815

それにしても、毎年何千人単位である交通事故死などのリスクを放置しながら、殆ど犠牲者のいない原子力発電をやめろと言うのは説得力がありません。原発廃止を言うならば、他のリスクも同時に軽減する必要があるのではないでしょうか。

話は戻って、石油の備蓄も韓国に依頼するとか言っていましたから、日本のエネルギー政策はヤバい事になっています。何で反日の国に託すのかが、さっぱり分かりません。いざという時には押さえられてしまいます。

そもそも、そんな危険で不確かなものに依存するより、早く再生可能エネルギーを使った発電を推進するべきですが、例のオーランチオキトリウム(藻)を使った石油の話も、なぜか劇的には進展しません。

先日70%の藻製石油を混ぜた燃料での実験がマツダのCX-5(ディーゼルエンジン) を使って行われ、成功裏に終わっているにも関わらずです。この数字は画期的な事です。実用段階に入った事を意味します。

「無限に培養出来る藻から石油」というのは、これまでの価値感を覆し、21世紀の経済勢力図を大きく塗り替える、言わば超革命的技術なのですが、扱いが小さいし、誰も騒いでいません。

その内、立ち消えになるのではないかと危惧しています。その場合は、強力な外的圧力があったと見るべきでしょう。日本は早く既成事実を作り、逆特許訴訟を防ぐ為に世界中の特許を抑えた上で、世界に技術指導も含め拡散すべきです。無用な争いがなくなります。

既得利権勢力からの想像を絶する、激しい抵抗が予想されます。。。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

 

 

|

« デトロイトモーターショーに見る顕著な傾向とは | トップページ | デフレ経済の真ん中でブロック経済を叫ぶ。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

政府がメロメロな内に東西南北から様々な圧力が掛かってきていますね・・・富国強兵、明治維新直後の日本スピリットに戻りましょう、つらいけれど。
日本民族が将来へ向かって存続する為には水/食料/エネルギーの自前、自国領土を自力で防衛する心構えとハードウェアを装備しましょう。結局それしかありません。他国がわざわざ日本を助ける訳がなくて、むしろ逆。シンプルすぎるぐらい当たり前の事かもしれません。

投稿: 平成神風 | 2012年1月13日 (金) 16時22分

<しなやかに・・・強かに・・・スマートに>えーと、こっちの方がいいんじゃない?標語としては、、、

あはは、富国強兵って古すぎて誰もしりませんよ。

投稿: AZ生 | 2012年1月14日 (土) 01時32分

≫ 石油の備蓄も韓国に依頼するとか言っていましたから、日本のエネルギー政策はヤバい事になっています。何で反日の国に託すのかが、さっぱり分かりません。いざという時には押さえられてしまいます。

・・・資源エネルギー庁資源燃料部長より、『韓国にエネルギーを備蓄するという朝日新聞の報道は誤報と発表されたらしき。

いかに反日朝日でも、ここまでB◎K◎だとは・・・絶句!!!

・・・まてよ、ネットで散々BKDとかのだ発狂とか散々騒がれたから、官庁と民主が相談して無かった事にしようかでチョン・・・かもしれません、油断禁物。。。地震/原発/火事より危ないBKD達。

投稿: 心配性君 | 2012年1月14日 (土) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デトロイトモーターショーに見る顕著な傾向とは | トップページ | デフレ経済の真ん中でブロック経済を叫ぶ。 »