« 経済とは自転車操業の事なり | トップページ | たまには世界をビックリさせよう。 »

2012年1月10日 (火)

過ちは繰り返しませぬから

ブログランキングに参加しています。

広島市の平和公園にある原爆慰霊碑に、金色のペンキのような塗料が吹き付けられているのが見つかり、警察が器物損壊事件として捜査しているそうです。悪質ないたずらという扱いですが、どう見ても、いたずらには思えません。そこまで大それた事が出来るでしょうか。

20120104195910590

そもそも、この碑文に対して違和感を感じている人は多いのではないでしょうか。主語が何かを考えた時に、そこまで自虐的で卑屈になる必要があるのかという事です。犠牲者に対する冒涜にもなりかねません。

西村真悟元衆院議員は、この件、次のように語っています。

原爆を落としたアメリカは、民間人の大量殺戮の為に原爆を落としたのであり、まさにナチスのユダヤ人虐殺と同じ悪の権化ではないか。それを、何か。日本が誤っていたから正しいアメリカに落とされたと言わんばかりの碑文は、これこそまさに死者に対する冒涜ではないか。(中略)

広島市長、考える能力があるから市長をしているとするならば、少しは考えたらどうか。この碑文自体が、死者への冒涜であり、再び日本に核攻撃を誘い込む危険さをもっている。従って、この機会に、消された碑文の「過ちは繰り返しませぬから」を考え直して、削除したらどうか。

仇を取ってくれと言いながら亡くなられた犠牲者の方も多いと聞きます。米は国際世論や日本の復讐を恐れ、日本こそが侵略国家で、アジアで暴虐の限りを尽くしたという事実無根の歴史を捏造し、押しつけました。そのまま信じている日本人も多いのではないでしょうか。

この碑文は米や周辺国にとって、「そら、やっぱり日本が悪かったんだ。だから原爆を落とされても仕方がない」という反日、貶日の口実を与えています。この際、撤去するなり削り取るなり、した方がいいのではないでしょうか。

さて、不愉快な話はここまでにして、今日のメインは「貿易赤字に転落/日本岐路に」と騒いでいる日経新聞の記事です。2011年は原発事故の影響で燃料輸入が増え、31年ぶりの赤字になった、このまま赤字が続き将来的には経常赤字国に転落するというものです。

さらに、「経常赤字は家計・企業・政府の貯蓄が取り崩された事を意味する。政府が新たに借金をしようとすると海外からマネーを呼び込む必要がある。従って財政再建は急務である。」というのですが、何が何でも増税して財政再建をしたいようです。

う〜〜ん。困ったもんだ。日本の新聞にも。。。正しい事(大事な事に関して)を伝えた試しがない。やはりこちらも不愉快な話だった。(笑)

主に震災のせいで、1月から11月の間に2.3兆円赤字になったからと言って、ここまで大騒ぎする意味は全くありません。所得収支は2010年で年間12兆円もありましたから、経常収支で見れば、赤字のサービス収支と経常移転収支を入れてもまだまだマックロケです。

これが何を意味するのか分かっているのでしょうか。常識だけでなく良識さえも疑います。経常収支が10兆円近くも黒字という事は、対外純資産が、さらに増えるのです。円高差損で減ったとは言え、年単位で見れば240兆円が250兆円に増えたのですから、新聞の言っている事は妙です。

その利子収入は、増々増える事になります。それは逆に、米を始めとするギリシャやイタリアのような対外債務国の累積債務が増える事を意味するのです。欧米と日本は、そういう意味でも繋がっているのです。

あれだけの災害があっても貿易黒字なら、可愛げがなさ過ぎやしませんか。(笑)日本のような経済大国が、外貨(対外資産)を溜め込むから赤字国がデフォルト危機に陥るという事を、なぜイメージ出来ないのか分かりません。

政府の財政赤字と結びつけるのもナンセンスです。例え何年か後に経常収支が赤字になって対外純資産が減り始めたとしても、それは無駄に溜め込んだ外貨準備、外貨預金が減るだけです。円建て国債を円で買うのに、何の不都合があると言うのでしょうか。

前から言っていますが、財政再建は増税では永遠に達成出来ません。それより輸出を減らしてでも、内需を拡大する事が急務です。さらに対外金融資産を円に替えて有効活用すれば言うことはありません。

その場合円高になりますが、輸入超過の場合は返って好都合です。また行き過ぎた場合は量的金融緩和で調整可能です。円をジャブジャブにしましょう。最悪でも輸出分の供給を国内に振り替えれば、恐れなければ行けないような高いインフレも起きません。

いい事尽くめです。こういう方法で日本経済のパイを膨らませ、税収を上げて財政再建をするのが一番健全だし、海外も含め皆ハッピーだという事がなぜ分からないのでしょうか。

外貨を沢山持っている事は自慢でもなんでもありません。赤字国から見れば強欲な金貸しにしか見えないのです。そこんとこ、よ〜〜く考えて下さい。政府や財務省や、そのスポークスマンである日本の新聞諸紙、お願いします。

ここでも、増税、デフレスパイラルという悪循環の「過ちは繰り返さぬよう」祈らざるを得ません。尤も、外貨を減らす(主に米国債を売る)事を米が容認するとは思えませんが。。。最後はそこが問題になります。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 経済とは自転車操業の事なり | トップページ | たまには世界をビックリさせよう。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

≫ ここでも、増税、デフレスパイラルという悪循環の「過ちは繰り返さぬよう」祈らざるを得ません。

・・・増税する前に、景気UPの為に内需拡大とデフレ対策として公共投資を行うのが順序。

投稿: 地球防衛教君 | 2012年1月10日 (火) 22時25分

増税する前に、景気UPの為に内需拡大とデフレ対策として公共投資を行うのが順序・・・なのですが、アメリカは世界中での軍備を削減する方向ですから、我が国の近隣潜在敵国(C国、NK国、R国など)に隙を見せては危ないです。従って防衛費としてハイテク系の航空機、潜水艦、対空迎撃ミサイル等に予算をUPすれば製造業への裾野への活性化、内需UPに繋がります。
石油備蓄の大規模な施設もいりますね。どこかの間抜けが韓国に石油備蓄設備はどうか?といったらしいがコヤツはBKDですね、危機管理の意味が解っていません。
勿論、東北の復旧に向けての財政出動は論を待ちません。

投稿: AZ生 | 2012年1月10日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 経済とは自転車操業の事なり | トップページ | たまには世界をビックリさせよう。 »