« 貿易について考える(その2) | トップページ | 貿易について考える(その3) »

2012年2月12日 (日)

一億総子供化(?)

ブログランキングに参加しています。

 地域政党「大阪維新の会」代表の橋下徹大阪市長は10日夕、国政に向けた政治方針「船中八策」に、経済政策として環太平洋経済連携協定(TPP)への参加と、外交防衛政策として日米同盟を軸とすることを盛り込むことを明らかにした。

「ヒト・モノ・カネの移動は国境を意識せず、貪欲に付加価値を取り込んでいくようにするのが基本にある」と説明。農業への影響を懸念する声もある点については「農業改革も大きな柱。日本の農産物を国外に運び出し、将来的に日本の農業をプラスにさせる」と話した。

外交防衛政策では「日本が自主独立の軍事力を持たない限りは日米同盟を基軸とする」と述べ、「オーストラリアを含め日米豪で軸を作っていくのが現実的だ」と話した。

現しましたねえ。。。馬脚を。。。(笑)全くお話しにならない政治経済音痴、軍事音痴と言えます。度素人です。いや、度素人に失礼ないくらいです。でなければ米隷属型と言えます。傀儡とまでは言えないまでも、将来に、その可能性を強く秘めていると言っていいのではないでしょうか。

TPP は何度も言っていますが、日本にとって、ごく一部を除き何のメリットもありません。亡国の条約です。反対にデメリット、リスクは山ほどあります。ちょっと調べれば分かる事です。

軍事に関しても、自主独立の軍事力を持たない限りと、前提そのものが意味不明と言わざるを得ません。なんで人ごとなんでしょうか。

じゃあ自分が先頭に立って自主独立で持てばいいじゃない(?)と突っ込みたくなります。本気で国政に出る覚悟があるのでしょうか。怖いですよ政治は。真面目にやるとですが。

日本は、その気になればすぐにでも自主独立でやって行けます。特に軍事力に関しては必要な技術の殆どがありますし、核すら数ヶ月で持てるでしょう。

自主独立すれば世界有数の軍事力を持つ事になる事は明らかです。(筆者は軍事の専門家ではないので断定は出来ませんが、信頼出来る筋はそう言っています。/笑)

それを阻んでいるのは、日本の傀儡政権(自民党時代の誰かさん)やBKD 政権(民主党)と米そのものである事は明らかではないでしょうか。日本が自主独立で強い軍を持つ事を恐れる国は五万とあります。都合良く搾取したり、ゆすりたかりが出来なくなるからです。

勿論、世界情勢次第ですが、同盟関係まで否定するものではありません。しかし、それと軍事力(防衛力)の強化は別問題です。そこまで他国の干渉を許すべきではないのです。

やっぱり子供政治家だ。(笑)全く分かっていない。マスコミがおだてるから、まずい方向に走り出しています。維新の会の政治塾には2000人もの応募があるそうです。何を学ぶのか知りませんが、悪い流れではないでしょうか。

石原さん、ブレーキかけて下さい。子供総理が誕生する前に。。。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 貿易について考える(その2) | トップページ | 貿易について考える(その3) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

> 石原さん、ブレーキかけて下さい。子供総理が誕生する前に。。。

・・・うーん、現総理を含めて既に3代続いて子供以下の嘘つきBKD総理がいらっしゃる(のさばっていた)のですが、今度は本格的な子供総理の出現がチラついて来たみたいですね!あ、愚痴っちゃいました。
兎に角日本は富国強兵でないと、尖閣・竹島・拉致問題は永遠に未解決であり、先々には日本滅亡。安部元首相が防衛庁を省にランクアップしたのは功績だったのでしょう。
何十年か前、米ソ冷戦真っ只中にアメリカは日本に対して空母機動部隊の編成要望があったそうです(既に外務省を退官された岡崎久彦さん談)・・・創っておけばよかったのに・・・まあ、イラク・アフガンとかへの出動要請があったかもしれませんが、尖閣・竹島・拉致問題は発生しなかったでしょう。日本へは過去に蓄積したお金を反日勢力が国内・外国からよってたかって騙し取ろうとしています。
橋下さんは、世界経済・国防の分野の理解・心構えは全く未知数ですね。

投稿: AZ生 | 2012年2月12日 (日) 07時06分

地方都市が中央から独立して自治を始めると、そこは日本ではなくなる可能性があります・・・カナダの都市等がC国人ばかりになって、統制が利かなくなっているとも聞いています。なので、楽観は禁物。橋下さんがM主党のはらぐちとかいう人と国家てんぷくの相談をしたとかしないとからしい。
一寸先は闇・・・国際関係は全て経済・軍事・騙しのテクニックのぶつかり合い・・・性善説はもう通じない世の中になっていますから、国内も一緒。

投稿: かかし君 | 2012年2月12日 (日) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貿易について考える(その2) | トップページ | 貿易について考える(その3) »