« 国を見たら泥棒と思え(!) | トップページ | 自立の意味も知らない子供政治家 »

2012年2月17日 (金)

そないにせかいでも、ええのんとちゃうやろか。

ブログランキングに参加しています。

随分昔の、何かのコマーシャルのキャッチコピーです。大阪弁が印象に残っています。確か、有名な作家のセリフだったような気がするのですが、誰だったかは思い出せません。(笑)

朝のテレ朝でコメンテーターが盛んに改革、イノベーション、成長戦略とまくしたてていました。例の子供市長の維新八策(船中八策から変わった/なら八にこだわる意味もない)に触発されているようです。

日本は政治も経済も硬直して、機能不全に陥っているから何としても変えなければいけないという焦燥感から来るのでしょう。つくづく真面目な人達です。感心します。

同じ番組で麻生元総理にインタビューしていました。インタビュアーが、いかにも不躾でいかさないのですが、気さくに答えられていたようです。なぜ、今(?)という気もします。

その中で、麻生さんは公共投資の重要性に関して訴えていました。例えば、電信柱の地中化による経済効果です。邪魔なものがなくなってすっきりした街は、店もお洒落に変わる事(投資)により、それに相応しい装いに変貌を遂げて行ったというのです。

その結果は、お洒落な人が集まり物が売れて経済効果も上がる、風が吹けば桶屋が儲かるではありませんが、廻り廻って、景気が良くなるという話のようです。

それに似たような話で、あるインド系米人の経済学者は、日本の場合は家を大きく立派にすれば経済効果が上がるという説を唱えています。家の中に入れる、相応しい物を買うからだという訳です。質量共に上がるという話です。

「それくらいの事でうまくいく筈ない」と侮ってはいけません。例えば道路にしても、作らない事による損失は、不要な道路を造る事による損失を上回るのではないでしょうか。

第二東名や圏央道などは典型と言えます。東西の渋滞解消はエネルギー問題や環境問題からも必須です。さらに圏央道で南北ラインが新設されれば、世界が大きく変わります。茅ヶ崎から埼玉のゴルフ場まで1時間で繋がるからです。(笑)

冗談はともかく、今はこれと言ったラインがないのですから、その事自体が異常です。朝の5時起きでも入間辺りまで2時間以上もかかります。途中、山の中のすれ違いさえ出来ないような道もあり、帰りは渋滞もあって3〜4時間です。

これほどの先進国で、金余りだというのに、驚くべき事にインフラが未だ整っていないのです。公共投資は重要です。無駄というイメージが、マスコミによって作為的に作られましたが、公共投資が減ってから不景気は加速しています。

いえ、今日はそんな話(マスコミや民主叩き/笑)をするつもりではなく、そんなに気張らなくても、日本は十分発展する余地があるという話です。

イノベーションと言いますが、日本程、それが進んだ国はありません。政治以外はですが。。。(笑)成長産業(?)誰にも分かりませんよ。それこそ真面目に日々改良・精進を続けて行けば自然に道が開けるのではないでしょうか。

焦っていじくり回すのが一番怖いのです。それでなくても日本人は世界で一番早く歩いています。これ以上早く歩くのは、本人にも世界にとっても幸せな事ではありません。かと言って立ち止まったり、まして下山してしまってはまずいのです。

今まで通り、きちんと個人個人の役割を果たして行けば、何の問題もないのではないでしょうか。その為に、ベースとなるのは、やはり民度です。おかしな考えや、不逞の輩/国につけ込まれない為にも、教育は大事です。その結果として民度が上がれば、諸問題は解決します。

そんなに一生懸命、頑張って急がなくても、今の延長線で十分やって行ける筈、という話でした。亊あるごとに民営化とか、改革改革と言っているやつ程怪しい。(笑)

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 国を見たら泥棒と思え(!) | トップページ | 自立の意味も知らない子供政治家 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

CとKさえなければ、フツーにやってける・・・かな?

投稿: かかし君 | 2012年2月17日 (金) 16時35分

Aも。。。。

投稿: TT | 2012年2月18日 (土) 19時10分

CとKさえなければ、フツーにやってける・・・かな?⇔そうそうAも。。。。

うん、了解しました・・・でも本当にキケンなのが、CとKに乗っ取られているNH刑とか朝◎、強烈にKをよいしょする電痛などのマスコミ・ボスと、M主党(CとKとおまけにAにもペコペコの政治屋なのだ)とJ民党の古狸ですね!あ、維新を名乗る端下さんはTPP賛成で馬脚を現しましたね。トロイ日本に忍び込んだ木馬に仕込まれた敵兵どもが増長している。

投稿: かかし君 | 2012年2月19日 (日) 06時07分

政治に関して「指導者が悪い」と言えば、「それをあなたが選んだのだ」という答えが返ってくる。
「候補者の話をよく聞いて個人選びをしなくてはならない」という人もいるが、それも信頼できる方法ではない。

現実は過不足なく成り立っている。
人間の考えは、非現実である。だから矛盾を含んでいることが多い。
これを正すのが議論・討論である。

日本語には、時制がない。
いうなれば、現在時制ばかりで成り立っている言語である。
構想は非現実の内容であり、非現実の内容を現在時制の中で述べれば、それは真っ赤なウソになる。
だから、人々は嘘吐きにならないように用心して、実況放送・現状報告の内容しか語らない。
これでは、子供と同じである。

理想は未来時制の内容である。
日本語には未来時制がないから、日本人は候補者といえども自分の理想を語ることはできない。
考えの内容は非現実であり、これを現在時制で語れば、それは空想・絵空事になる。
辻褄が合っていなくても、だれも本気にする人はいない。
このような態度でいては、現実への対応策もままならない。

現実は過不足なく成り立っていることだし、いまさら現実時制で別の内容を聞いても仕方がない。
だから、政治 (未来社会の建設) には関心が集まらない。政治音痴はまかり通る。
そして、未来に対する不安は断ち切ることができない。夢も希望もない世界には閉塞感がある。

今の地球は英米の世界である。
英米人と対等に話し合うには、同性能の武器 (言語) を用意しなくてはならない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812


投稿: noga | 2012年2月27日 (月) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国を見たら泥棒と思え(!) | トップページ | 自立の意味も知らない子供政治家 »