« 「小泉改革」や「政権交代」で痛い目にあっても、未だ懲りない人達 | トップページ | 消滅に向かって突き進む技術大国 »

2012年3月26日 (月)

美味しい商売

ブログランキングに参加しています。

昨日のフジテレビデモには約400人の有志が参加して浅草を練り歩きました。人が多いところはやりがいがあります。注目度抜群でした。ビラも相当数はけたようです。
News126520_pho01_2

1時間で終了したのが物足りなかったのですが、仲間とアサヒビールのビアホールで気勢を上げました。運動の後の生ビールは美味い。(笑)レーベンブロイは特に美味かったのです。美味しい商売は、人を幸せにします。

2012032515400000

さて、一昨日の記事ですが、国が、直接通貨を発行せずに、なぜ七面倒くさい手続きを経てまで国債を刷るのか謎だと書きました。その記事では消化不良で終わっていましたので、素人ながら、そのあたりをしつこく考察してみたいと思います。

ご存知のように通貨を創造するには、日本などの場合3通りの方法があります。政府による通貨発行(コインは常に発行している)、中央銀行による日銀券印刷、と金融機関の信用創造です。

管理通貨による資本主義経済体制下、この三つが正常に機能していれば言う事はないのですが、時たまイレギュラーな動きを見せます。特に日本のようにバブル崩壊を経験した国は民間に膨大な借金が残り、その返済の為、信用創造機能は働き難くならざるを得ません。

デフレもそれに拍車をかけます。企業は健全経営を目指し、気がついたら内部留保がどえらく溜まっているという歪な金融資産レイアウトを生んだのです。中途半端な税制改革もあり、税収は伸びません。

この場合、一番簡単なのは税制の再改革ですが、献金を認めている今の政治のシステムでは限界があります。一番取れるところからは取れないのです。そ こで国内にたんまりある金融資産を当てにした国債の発行という事になるのですが、これは先日も書きましたように、結果的には政府紙幣の発行や、国債の日銀 引き受けと変わりません。

なぜなら、日本国が元本を保証するからです。しかも有価証券ですから売買だって可能です。実質的に円と大きな差がないのです。当然、償還期が来れば日銀券と交換する訳ですから、円を貸して時間差付き円を得ている事になります。

やはり不可解なのです。なぜ時間差が必要なのか分かりません。金融機関に利息を稼がせる為、という事もあり得ますが、それにしては手が込み過ぎています。

一方、世界の基軸通貨を有する国アメリカの場合はどうでしょうか。調べてみると、おかしな事実に突き当たります。実は政府には通貨発行権がないのです。国債は発行出来ますが、ドルはFRB (連邦準備制度理事会)でしか刷れません。

従って政府は国債を発行し、FRB から資金を借り入れる事になります。つまり莫大な利息を払いながら資金調達しているのです。FRB の経営者は率のいい美味しい商売が出来ます。(笑)

Cimg5654_2                (イメージ画像)

米の場合、リーマンショックまでは信用創造機能が働きまくっていましたから、三つのうち二つは機能していた事になります。しかし、今回の経済危機で民間の信用創造機能は大きく毀損しました。結局、日本と同じような構造になっているのではないでしょうか。

つまり、中央銀行だけに通貨発行権が集中し、政府や金融機関が自らの意思で通貨量をコントロール出来ないのです。日本政府の場合は、本当は出来るのですが、財政規律やインフレリスクを理由に出来ないと思わされています。

さらに、米と違って中央銀行(日銀)の株式を55%保有する日本政府は、法律を改正さえすれば日銀に国債の引き受けを、いくらでもさせる事が可能なのですが、財務省や日銀自体が上記理由を盾にそれを拒みます。

日米共、どう考えても、景気を良くしたがらない人がいて妨害しているとしか思えないのですが、、、そこはあまり深入りしない方が身の為かも知れません。(笑)

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 「小泉改革」や「政権交代」で痛い目にあっても、未だ懲りない人達 | トップページ | 消滅に向かって突き進む技術大国 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

> 昨日のフジテレビデモには約400人の有志が参加して浅草を練り歩きました。人が多いところはやりがいがあります。注目度抜群でした。ビラも相当数はけたようです。

・・・田中 轍さんと400名の有志(雄志!勇士!)の皆様、お疲れ様です。
通貨の仕組みが日米とで、全く違うのですね、多分欧州、ロシア、中国などでも夫々違うのでしょうね。。。
あ、日銀はさっさと紙幣を増産して欲しいですね。日本だけ融通が利かない石頭ばっかりみたいですね!

投稿: AZ生 | 2012年3月26日 (月) 15時42分

日本も含めて世界は東西近隣のマモン(強欲の悪魔)に飲み込まれそうです。その姿は国家、イデオロギー、政党、思想、平和主義者、市民活動、宗教など色々に姿を変えて人々、民族の心に忍び込み悪さを行っています。

目に付く姿としては、①グローバリズムという甘い言葉の国際金融主義(実は国家主権を乗り越えて、世界を支配者と奴隷に二分割する制度)とか、②共産主義(これも実は一党独裁であり、党首脳と奴隷とに二分割する制度であり、お花畑的な空想理想主義に化けている)との2種類ですね。
がんばれ、神国日本.
眠朱党は①と②が同居する日本に改造しようとして、莫迦のふりをしています。マスコミはその動きに油を注いでいます。

投稿: 青うさぎ | 2012年3月27日 (火) 06時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「小泉改革」や「政権交代」で痛い目にあっても、未だ懲りない人達 | トップページ | 消滅に向かって突き進む技術大国 »