« テレビに変化が(?) | トップページ | 日本人なら、勇気ある片山さつき議員をサポートするべきだ »

2012年5月29日 (火)

前進こそ最大の防御なり。

ブログランキングに参加しています。

目の敵にしている訳ではありませんが、「下山の思想」等に見られるように、日本人の平和ボケ度合いは、御し難いレベルにまで達しています。世界で断トツではないでしょうか。こんなところで断トツになっても、しようがありません。

自分たちの事だけを考えて、一国で完結しようという姿勢自体は悪くないのですが、世界との関わりを無視するわけにはいかないのです。弱みを見せないようにしながら、上手く折り合いをつけるテクニック、したたかさは不可欠ではないでしょうか。

しかしながら、それこそは残念ながら日本が最も苦手とするところです。世界は想像以上に胡散臭く狡猾で、相手の隙につけ込むべく虎視眈々と狙っています。ところが、それを跳ね返すだけの想像力も知恵もありません。

領土問題にしても、日米安保条約があり、日本に力がある内は責めきれないところがあります。色々な意味でバリア機能が働くからです。これが相対的に弱体化すれば、たちどころにつけ込まれる事になります。安保条約でさえ、米の衰退を考えれば、有名無実なものになりかねません。基本的に、米は自国の国益の為にのみ動くのです。

人のいい日本人は気がつきませんが、資源を狙う勢力、国は五万といます。日本が世界有数の資源大国であると分かった今は、島レベルではなく、本土が狙われていると思って間違いないでしょう。

60104716        (既に韓国によって実行支配されている竹島)

 

FTA やTPP などは、日本への進出や買収を容易にする為の布石と考えるべきです。国内法より優先される国際法で裁かれたならば、非関税障壁は全て取り除かれるでしょう。つまり、まず丸裸にしてから落花狼藉に及ぶという魂胆です。その時に日本に抵抗する術はありません。

性格も外見も悪く、お金も、何の取り柄もない女には誰も近寄りませんが、性格のいい美人で、お金も能力もあれば、黙っていても男、いや女さえも寄って来るのです。日本人は自分をブスだと思っていますが、実は絶世の美女です。(笑)

つまり、資源や技術力、あるいは資金がない時は相手にもされませんが、全てを持っている今は、終戦直後などより遥かに危険と言えます。だから、のんびり下山などしている場合ではないのです。

下山して、再び登ればいいなどとノー天気な事を言いますが、ひとたび落ちれば、敵の思うつぼです。オオカミの餌食となり二度と浮かび上がれないでしょう。軍事だけでなく、あらゆる点で常に前進し相対的優位を維持しなければ、日本民族としての未来はないのです。

現状、その盛りのついたオオカミにも例えられる、胡散臭い世界を見渡せば、どこも財政問題を抱え、重大な経済危機を迎えています。財政問題は日本の専売特許ではないのです。従って、軍事的にも不安定な状況が醸成されつつあります。国民の不満を外に向けるやり方は歴史上の常套手段なのです。

ところで、米やEU にも深く暗い影を落としている財政問題ですが、発行済国債の全てが円建てで、海外からさほど買われていない日本などは、むしろ最もましな部類と言えます。

Gn2012010506

Gn2012010507

(日本がないと思われるでしょうが、GDP比で言えば圏外です)

従って確かに、やり方次第では、世界からの影響を最少限にしながら、自国だけで発展する手はあるのです。ところが現状は、トロイの木馬よろしく、BKD 傀儡政権は一生懸命、外需に依存し、また世界を導き入れようとしています。

国民が、国際化や貿易なしでは生き残れない、とミスリードされているからですが、日本の外需依存も輸入依存も言われる程高くありません。頼らざるを得ないと言われている資源系輸入だけで、GDP比5〜6%程度に過ぎないのです。

それも順調に行けば、2050年くらいには再生可能エネルギーに全て置き換わると言われています。その大きな阻害要因は、なり振り構わず利権獲得に動く民主政権と、外的要因という事になりますが、リーマンショック以降、急激に日本を取り巻く環境は、大きく変わりつつあると言わざるを得ません。

2008年のリーマンショック以降の世界不況の原因は、何と言っても金融問題に尽きます。つまり、普通に生活をする為に必要な枠を大幅に越える余剰資金が、世界中で動き回る事によって問題が発生、拡大したのです。

訳の分からないデリバティブ金融商品が、それにブースト(ターボ効果)をかけます。急激に大きな資金が移動するのですから新興国や経済弱国はたまったものではありません。大きく揺さぶられます。その結果買収が進み、国債金融資本による富の収奪システムが完成されて行くのです。

日本は経済規模が大きすぎるので、簡単には動かせません。嘘の財政破綻論や国債等のインチキ格付けを論拠に消費税増税や内政干渉等、色々仕掛けられてはいるようですが、絶対的なピンチには至っていないのです。従って、今から手を打てば十分間に合うのですが、各分野での指導的立場の人達が後ろ向きというのは困ったものです。

好むと好まざるとに関わらず、競争の原理が働く世界では、常に前を向いて前進して行かなければ沈む一方です。苦しくても止まる訳にはいかないのです。誰も追いつけないくらい先頭を走る事が、安全保障上、最も好ましいのではないでしょうか。

また、唯一それが出来る国なのですから、日本という国は。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« テレビに変化が(?) | トップページ | 日本人なら、勇気ある片山さつき議員をサポートするべきだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そうですね、日本が先頭を突っ走ればいいと感じます。

投稿: 潜在意識★吉田けい | 2012年5月29日 (火) 16時03分

おとなしいお金持ちでお人好しの羊さんが多い日本人・・・でとにかく騙され易い。お~い君たちい~、だまされるなよ~。ミンス(罠朱党)とかNHKとかフジテレビとか朝◎新聞とか・・・あ、これは国内のトロイの木馬達。外国は日本以外の全て。特に危険なのはK国・NK国・C国が天敵ですがA国だって、自分が弱ってきたらN国に対してでも見殺しでしょうね、安全保障条約があってもね。条約って気休めです。日露不可侵条約は、やぶられて北方四島は取られてしまいましたでしょう?

未来に向かっての国体・国民の前進こそ最大の防御ですよね。

投稿: 青うさぎ | 2012年5月29日 (火) 16時45分

こんなのが友人から届きました
撮影された方は留守中に何度も他人が入った形跡があるそうです.

別のカメラマンの友人も命の危機を感じていると私に何気なく言っていました.

1 中国大使館「領事館業務」は建坪150平平米で東日本は十分
http://youtu.be/C5fnkIoPcCM
2 超限戦の元締め中国大使館は日本総督府になるのか?
http://youtu.be/usbXPKr3ydw
3 中国大使館経済商務参賛処は売国商人達の密会所か?
http://youtu.be/C7HUzcZpSc8
4 中国大使館別館・第二別館予定地への道を歩いてみよう
http://youtu.be/vwhfxc4rlKs
5 中国大使館第二別館予定地は大使公邸用ではあり得ず
http://youtu.be/0Y-amE-0gXg
6 知られざる中国大使館教育処(江東区)とは?
http://youtu.be/l0R9SbeY5h8
7 中国大使館教育処-2 ここを発見したのは神の計らい?
http://youtu.be/KWOimsmiEK4
8 中国大使館教育処-3新潟市民の皆さん知って下さい!
http://youtu.be/oDQi-5G_DV0
9 中国大使館教育処別館 大使より格上の人が居るかも?
http://youtu.be/8f8yYkgte5U

投稿: 田舎の主婦 | 2012年5月31日 (木) 07時33分

中国と半島勢に我が国が侵略され、隅からだんだんと乗っ取られてくやしいです。沖縄を始め本州も危ない。あ、そうなのか!!民主党はこやつらの手先だったのだな~。

投稿: かかし君 | 2012年5月31日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テレビに変化が(?) | トップページ | 日本人なら、勇気ある片山さつき議員をサポートするべきだ »