« 日米関係を、もう一度よ〜く考えよう | トップページ | このところ、多すぎる阿呆なニュース »

2012年5月 9日 (水)

帯に短し、たすきに長し

ブログランキングに参加しています。

 民主党は8日午後の常任幹事会で、資金管理団体の土地取引をめぐる事件で東京地裁の無罪判決を受けた小沢一郎元代表の党員資格停止処分の解除を正式決定した。消費増税阻止を公言する小沢氏が復権への動きを本格化させるのは確実。同日審議入りした社会保障と税の一体改革関連法案の成否への影響も避けられない。(時事通信)

20110914_2226224 (小沢氏の処遇を一任された、どう見ても貧乏神か妖怪にしか見えない輿石東議員)

何をそんなに急ぐのかと思うのですが、却って民主に対する不信感が増しますから、反民主に取って好都合かも知れません。それにしても、ここまで人相が悪くなるのは、よっぽど、そうなるような事をして来たのでしょう。

翻って、真逆に位置する石原東京都知事に対するバックアップは想像をはるかに超えます。寄付がどんどん集まっているようです。日本人の危機感は強いと言えます。ちょっと、見直しました。(笑)

20120417_01

(やはり生き方は顔に出ているようです。こちらは我がままで功罪はあるけど、やるべき事はやるという顔でしょうか)

この件に関しては橋下市長に、爪の垢でも煎じて飲んでもらいたいくらいです。一応、石原さんの提案に賛同はしていますが、後手に回った感は否めません。なぜ、石原さんより勢いのあるこの人が、こういう役割でなかったのでしょうか。

威勢だけはいいのですが、橋下氏にとって防衛問題は他人事のように見えます。自分で解決しようという気が見えないのです。その証拠に「日米安保問題は、日本が自主的に防衛力を持つまでは維持する」と言っています。政治家自身が動かなければ、いつまで経っても自主防衛はあり得ません。

やはり、防衛や外交に関しては、石原さんのような人に任せたい気はします。しかしながら、少し引っかかるところはあるのです。諸手をあげて、その胸に飛び込めない何かがあります。

一つには、なぜ米で発表したのかという疑問です。何か密約でもあるような政治的演出をしたかったのかも知れません。つまり、「僕の後には米国が付いているんだぞ」的な。。。

もしそうだとすればノーと言える政治家としての看板が泣きます。米の世話になどならず、あくまでも日本独自で解決するぞ、という覚悟を見え難くしたのです。そこは凄く引っかかります。演出があったとすれば姑息で、なかったのだとすれば、国内の保守に対する配慮を欠いた事になります。

第一、一番ヤバいのは米だ(笑)という認識がないのかと不安にならざるを得ません。なんだかんだ言ってはいますが、この人は本当に分かっているのかという疑念を抱かせるのです。

もう一つ引っかかるのは、身内に甘い事です。旧聞に属しますが、息子の画家を都の仕事で使っていた事があります。公的な立場で、しかも都のトップのする事ではありません。そういう人を信用しろと言う方が無理です。

その他、功罪の罪、あるいは疑惑は色々あるのです。勿論功も沢山あります。そこは評価しているのですが、全面的に信頼する訳にはいかないのです。石原さん以外の政治家に関しては言うに及ばず、もっと役不足である事は間違いありません。

いやあ、困ったねえ。(笑)みんな「帯に短し、たすきに長し」です。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 日米関係を、もう一度よ〜く考えよう | トップページ | このところ、多すぎる阿呆なニュース »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

(小沢氏の処遇を一任された、どう見ても貧乏神か妖怪にしか見えない輿石東議員)

・・・共産主義の幻想に取り付かれた、日本国教育現場の破壊者。今は日本国に取り付いた貧乏神であります。私の小学生時代のクラスメイト輿石邦豊君は素晴らしい男ですが、全くの別人です。

投稿: 青うさぎ | 2012年5月 9日 (水) 15時04分

(小沢氏の処遇を一任された、どう見ても貧乏神か妖怪にしか見えない輿石東議員)

・・・小沢氏;自民党時代はアメリカの家来、今は中国/韓国の御用聞き筋金入りのBKD
・・・輿石東氏;日教組の大親分、日本を丸ごと売り払うBKD
・・・野田氏;この人って何かの役に立つのでしょうか!?万一戦禍が日本を襲ったとき、自衛隊を指揮出来るの?

この人達は何の目的で日本の国会に出入りしているのでしょうか?役に立たず、破壊するのみですね、日本国と国民を。
東京都(石原都知事)が尖閣を購入するって素晴らしい。馬鹿な振りして日本を中国朝鮮に売りはらう民主党とは大違い。

投稿: 心配性君 | 2012年5月 9日 (水) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日米関係を、もう一度よ〜く考えよう | トップページ | このところ、多すぎる阿呆なニュース »