« 脳がやられているグローバリズム信奉者 | トップページ | 猿の惑政 »

2012年9月 6日 (木)

振り上げた拳で頭を掻く剽軽者

606

   (当ブログは、消費税の増税と、TPP への参加には絶対反対です。)

ブログランキングに参加しています。

日本プロ野球選手会(新井貴浩会長=阪神)は4日、来春の第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加する方針を決め、発表した。選手会は同日、大阪市内で会合を開いてWBC参加問題を再協議。7月の臨時大会で、日本からのスポンサー料やグッズ販売権を全てWBC主催者が握るなど収益構造が不公平として決議した不参加を撤回した。

この問題で日本野球機構(NPB)は、8月中旬にWBC主催者側と再交渉。日本代表のスポンサー料やグッズ販売権が限定的ながら日本側にあることを確認した。こうした経緯を背景に、選手会側が方針を転換した。

甲子園球場内で記者会見した新井会長は「主張していたことがおおむね実現した。日本でのライセンスを(主催者の)米大リーグ側が認めてくれたこと、それをNPBが構築すると約束してくれたことの二つが、決断の理由」と語った。今後は、プロ野球の加藤良三コミッショナーに一任されている日本代表チーム「侍ジャパン」の監督が選考され、第1回からの3連覇が懸かるチームが編成される。

Osk201209040199

そうかあ(?/笑)結局、何も変わっていないんじゃないでしょうか。当たり前のところが当たり前になっただけです。このくらいの事は相手に了解を得る程の事もありません。美味しいところは全部アメリカに持って行かれる事に変わりはないのです。何の為に突っ張ったのでしょうか。(??)

こんな下手な交渉をするから舐められるのです。海外相手に中途半端なところで妥協してしまう、今の日本政府と同じです。対等にならないのなら参加すべきでありません。何と言っても日本は2回連続の覇者ですからアドバンテージがあります。それを目一杯活かすべきではないでしょうか。

Wbc

しかし、これで次回から断る理由がなくなりました。永遠の媚米隷属化決定です。ヤレヤレ。

野球も政治も、経済までも一事が万事ではないでしょうか。ちょっと危機感感じざるを得ません。中途半端な対応しているうちに外堀が埋まり、既成事実が積み上がります。

こんな国がTPP に参加しても、まともに交渉事が出来る筈がないのです。あっさり外堀も内堀も埋められます。気がついたら日本が、どこかの自治区になっていたなんて、笑えませんよ〜。

ついでに、「TPP に参加した場合、貿易のメリットが全くない事はないんじゃないの」(?)と言われる方はTPP反対派にも多いと思います。天秤にかけて、やや不利だからと、反対されている方もいるのではないでしょうか。

確かに、トータルで見て日本より関税が高い米相手では、メリットがありそうに見えます。関税がゼロになる事で日本からの輸出がより増え、貿易黒字が増えるでしょう。短期的には確かにそうかもしれません。

しかし中長期的に見て、大災害の昨年はともかく、毎年8〜9兆円もある対米貿易黒字が放置されるとは思えないのです。それでは米がバカすぎます。米はTPPで輸出を倍増して、国内の雇用を増やすと言っているのです。

つまり、これまでのように一方通行はさせない、とオバマさんは言っているのです。その為に、例え関税はゼロでも、日本独自のルールである軽自動車優遇策のような非関税障壁は攻撃されます。前哨戦は既にありました。

Sz_s015_f004_m001_1_l

「そんなことを言っても日本の軽に変わる車種を米は持たない」と言われる貴方、考えが甘いです。日本の軽のせいで損害を被ったとして、例えばGMが日本の軽自動車メーカーを相手取り訴訟を起こしたとします。その訴訟は米国内で裁かれる事になるのです。(ISD条項)

結果は目に見えています。政治力の強い米が勝ち、日本のメーカーは賠償金を支払う羽目に陥るのです。結果として軽というカテゴリーは消滅する事になります。日本独自の軽自動車文化が米の都合で消える訳です。

勿論、自動車だけではありません。一事が万事で、食文化含め日本の文化や伝統が片っ端から姿を消して行きます。さらに一度決めた事は後戻り出来ません。(ラチェット規定)後悔先に立たずです。

では、TPP に参加しなかった場合はどうでしょうか。対米輸出が劇的に減るとは思えません。自動車などはブランドが確立されていて、既に十分に高い(韓国車との比較で出荷価格70万円差)価格が大きなハンデにはならないのです。

しかも米韓FTA がありますから米国製日本車は韓国に関税ゼロで入ります。これは逆メリットではないでしょうか。何もしない方が却ってメリットがあるのかもしれません。(笑)

さらに資本財、生産財に関しては、日本でしか出来ないものが数多くありますから、これも問題ありません。何より、モンサントなどの遺伝子組み換え食物が、大手を振って入って来ない点が安心です。

最近は自民党もTPP 反対と言い出しました。保守派は雪崩を打って反対陣営に結集しつつあります。残り少ない民主党政権の時に参加表明しない限り、安心かもしれません。

ところで、石原さんの振り上げた拳は、どこへ行ったのでしょうか。まさか頭は掻きませんよね。。。あれだけの寄付を集めたのですから。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 脳がやられているグローバリズム信奉者 | トップページ | 猿の惑政 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

> 最近は自民党もTPP 反対と言い出しました。保守派は雪崩を打って反対陣営に結集しつつあります。残り少ない民主党政権の時に参加表明しない限り、安心かもしれません。

・・・TPP賛成派って我が国が中国の奴隷(中華人民共和国を仕切る中国共産党および人民解放軍の隷属化になり、人権および個人財産を放棄させられ、チベット自治区とかと同じになってしまう)・・・になるのを恐れ、いっそのことアメリカの属国になってしまえと考えた人達なのでしょう!?又は選挙対策に焦るオバマさんとか米国企業(農業種屋・モンサントなど)のスパイ。。。

・・・日本は中国にもアメリカにも飲み込まれてはいけません。自立自尊の国が日本ですよね!

投稿: azazsei | 2012年9月 6日 (木) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳がやられているグローバリズム信奉者 | トップページ | 猿の惑政 »