« 心ならずも、世界に奉仕する日本 | トップページ | 栄光のシングルプレイヤー »

2012年9月 1日 (土)

秋の日はつるべ落とし

606

   (当ブログは、消費税の増税と、TPP への参加には絶対反対です。)

ブログランキングに参加しています。

言い得て妙と言うか、さながら秋の日はつるべ落としです。未だ6時半だというのに今月2度目の満月、ブルームーンが眩しく光っています。つい最近まで7時を過ぎても明るかったというのに、隆盛を極めた夏も、ようやく大団円を迎えようとしているのでしょう。

Photo

民主党は29日、法務部門会議(座長・小川敏夫前法相)を開き、人権侵害救済機関 「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)を了 承した。今後、党政策調査会で了承され、今国会中にも閣議決定される見通しだが、与 野党の多数派が衆参両院で異なる「ねじれ国会」のため成立する可能性は極めて低い。

59ee0c66

さて連日いかがわしさを振りまき、落日の断末魔の様相を見せる政府民主党ですが、怪しい法案だけは色々用意しているようです。こちらは大団円という訳にはいきません。(笑)

この似非日本人政権だけは何をするか分かったものでないのです。韓国に対する制裁も結局は口だけで、実質的には何もしないのではないでしょうか。スポンサー様に抵抗出来る訳ないか。(笑)

それにしても韓国の日本に対する言いがかりは増々激しさを増し、抜き差しならないところまで来ているように見えます。流石の平和ボケ日本人も違和感を感じているようで、一般国民の韓国に対する見方が変わって来ました。

しかし、何か不都合があると原因はともかく、全て日本のせいにしてしまうメンタリティは異常です。日本は周辺国で一番大人しいからでしょうが、柔らかい土はとことん掘られます。

特に最近の韓国経済は危険水域に達していて、国民の不満は最高潮です。ところが本来政府に向かうべき不満は、日本へとすり替えられているのです。本当に素敵な隣人です。(笑)

ところで、脆弱な経済ファンダメンタルズの韓国は度々通貨危機に陥ります。その度に日本やIMFが手を差し伸べていますが、感謝の言葉は聞かれません。むしろ憎まれているのですから意味が分からないのです。誤った歴史観から日本人には何をしてもいいと思い込んでいる節すらあります。

今回も日本側に何のメリットもない通貨スワップで、資金をたんまり用意しましたが、なぜ資金がそんなに必要なのでしょうか。そもそもIMF 管理下で外資が多く入り込んだ事は確かです。銀行や大手財閥系企業にも国債金融資本の資本が投下されています。

サムスンでさえ50%もの外資が入っていますから、利益の大半は海外へ流れるシステムなのです。日本などから部品を買い、人件費の安い国で組み立て、ウォン安誘導して日本製品を蹴散らしたまではいいのですが、挙げた利益の大半は日本や国債金融資本へ持って行かれます。どう考えても国民は蚊帳の外でしかありません。ひたすら過度なウォン安に由来するインフレの被害を被ります。

今年1~7月 国家別 韓国債権 純投資規模 (単位: ウォン)
  ノルウェー   : 2兆2960億
  スイス     : 1兆7280億
  ルクセンブルク   : 1兆3060億

  アメリカ      : 8820億
  中国        : 6940億
  フランス    : 3310億
  ドイツ     : -760億
  日本        : -1250億
  イギリス    : -9780億
純投資は、投資額において満期の出金を差し引いた金額
資料: 韓国金融監督院

上位3国の買い方は保有国の経済規模と韓国の脆弱性から言えば異常です。何か裏があるのではないでしょうか。日本にスワップを破棄されたら国債の価値が下がり、困るのは保有国です。水面下での圧力は想像以上かもしれません。

いずれにしても韓国は、いい加減に背伸びをやめて身の丈にあった、内需中心の経済構造にシフトすべきなのですが、見栄っ張りで派手好きな国民性故に、その可能性は低いと言わざるを得ません。

さらに輪をかけるようにラチェットやISD条項付きの米韓FTA ですから、韓国自立の芽は消えたと言って過言ではないのです。米の属国として日本から資金を引き出す係を仰せつかったと見えます。恐らく経済はどんどん歪で偏ったものになり、その矛盾を資金と技術力で調整するのが日本の役目なのではないでしょうか。

世界は日本人が思うよりはるかに腹黒いです。経済に余裕のある日本からの資金の流れを作ろうと、あの手この手で干渉されていると思って間違いありません。その為には適度なデフレが都合がいいと見えます。技術も資金も海外に向かうからですが、このままでは、さすがの日本経済も、つるべ落としになりかねません。

それを避ける為にも、日本は他国に関わらず、我が道を行くのが正しい姿なのですが、染み付いた思い込みを修正する道のりは長く険しいようです。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 心ならずも、世界に奉仕する日本 | トップページ | 栄光のシングルプレイヤー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

> しかし、何か不都合があると原因はともかく、全て日本のせいにしてしまうメンタリティは異常です。日本は周辺国で一番大人しいからでしょうが、柔らかい土はとことん掘られます。

・・・ねちっこく女の腐ったような(最近の日本では見当たらないけれど・・・)嘘はったり空威張りの韓国は北朝鮮とかミンスにそっくりになってきましたね!
・・・こんな国とのお付き合いはやめましょう!頑張れ日本の国柄を愛する多くの大和男達よ。片山さつき議員さんとか大和なでしこ達よ!

投稿: 平成神風 | 2012年9月 1日 (土) 17時23分

気持ち悪いですよね。韓流に浮かれていた連中ですら韓国の異常さに嫌気をさしているようです。

日本と戦争をしていない国に限って領土侵害や難癖をつける。中国は建国67年の国で日本とは戦争をしていません。しいて言えば中国がある場所にいた国民党というところとは戦いましたけど。まして韓国や台湾がある場所の国は日本国民として戦争に加担したわけで、本来なら日本と同じ責を負うべきです。さらに言えば勝手に条約を破り進入した露助とも先の大戦では戦争はしていません。

ある意味日本の勝手な思い込みで巻き込まれた周辺国は、結果独立を果たし感謝の声すらあるくらいです。実際戦った国からは難癖がつくといったこともありません。如何に中韓は異常かということです。韓国や台湾のある場所の国は日本国民として共に戦争に加担したわけで日本とは戦争をしていない。日本の勝手な思い込みに巻き込まれた周辺国は結果独立を果たし前出の国とは対応が違うし、実際に戦った国々は難癖をつけてはいない。「アムステルダムの光芒」

投稿: ASO | 2012年9月 2日 (日) 09時36分

> 実際戦った国からは難癖がつくといったこともありません。如何に中韓は異常かということです。・・・中国は建国67年の国で日本とは戦争をしていません。しいて言えば中国がある場所にいた国民党というところとは戦いましたけど。(投稿: ASO | 2012年9月 2日 (日) 09時36分)より

・・・日本軍と蒋介石が率いる国民党軍は約70年前、盧溝橋にて毛沢東が率いる八露軍(現在の中国共産党軍の昔の姿)に騙されて、戦争状況を拡大してしまいました。如何に中国共産党とは、ずる賢いかが解ります。 蒋介石は台湾中国に追い出されましたが、日本への賠償は一切要求していません。台湾中国は親日国です。

投稿: 平成神風 | 2012年9月 4日 (火) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心ならずも、世界に奉仕する日本 | トップページ | 栄光のシングルプレイヤー »