« 国貧論(後編) | トップページ | 自分の言葉を語れない政治家達。 »

2012年10月28日 (日)

流れを変える

1209   
    
当ブログは、消費税の増税と、TPP への参加には断固反対です。

ブログランキングに参加しています。

読売巨人軍の勢いが止まりません。クライマックスシリーズの第4戦、準エース沢村が投げ4番が打って勝利した試合以来、勢いがついたようです。不思議なもので、スポーツには「流れ」という魔物がいて、一度ついた流れは、なかなか変えられません。

筆者にも苦い経験があります。中学3年の時の事です。軟式テニスの県の大会で、珍しくやたら調子のいい時がありました。戦前の予想を大きく覆し、破竹の連勝で100チーム中、ベスト4に勝ち残ったのです。

513182      (ナイター設備のある海老名運動公園、凄く立派です)

望外の善戦に、我ながら酔いしれたのですが、やる事なす事が上手くいき、テニスの神が乗り移ったに違いないと思ったくらいです。(笑)結果は、ちょっとしたミスから準決勝で敗退します。

流れは変えられず、3位決定戦でも苦手とする相手にこてんぱんにやられる事になりました。凄くがっかりしたものです。その後、二度とそのような好機に恵まれる事はありませんでした。(笑)

さて、話はコロッと変わって政治の話になります。安倍さんが自民党の総裁に、予想外の結果で選出されました。保守サイドとしては望むところです。民主党の敵失や日本維新の会の自滅もあり、流れは完全に自民党のものと思われたのです。

D0252916_950100         (石原さんには言われたくないなあ。笑)

ところが数日前、突然石原都知事が知事職を辞任し、最後のご奉公とやらで国政復帰を宣言するではありませんか。このタイミングは絶妙です。安倍自民への流れを止める、あるいは保守票を分散させる効果は大きいのではないでしょうか。

これを単なる偶然ですませる訳にはいきません。安倍自民への流れを止めたい勢力の画策、介入を疑わざるを得ないのです。自民党単独での過半数、あるいは自公での過半数を、何が何でも阻止したい勢力は多いのはないでしょうか。

さらに、安倍氏個人への攻撃材料はカツカレーで使い果たしたのか、安倍夫人への攻撃に移っているようです。ある事ない事を誇張し、卑怯な戦法をとってでも印象を悪くしたいのでしょうが、余りにも低レベルです。日本人のやる事とも思えません。

目を世界に転じると、同じように流れを変える作業をせっせとしている国や勢力が相変わらずいる事に驚きます。インターネットによる、弱い立場の一般市民発という、ありもしないアラブの春を演出し、流れで邪魔者カダフィ大佐を排除、さらにシリアで紛争を起こしイランに飛び火させようと画策しているようです。

4h_50543498 (多くの犠牲を払っても、何の為の戦いか一向に見えて来ないシリアでの紛争)

今のところ予定通りに行っているように見えますが、何が起こるか一寸先は分からないのもこの世の常です。あるいは悪い流れを止める為に、相手の挑発をかわす知恵も時として求められます。尖閣諸島問題や竹島猿芝居も日本の右傾化を狙ってのものかもしれませんが、安々と乗っかる訳にはいかないのです。

日本は明治維新以降、その律儀で一本気な姿勢故に何度も煮え湯を飲まされました。勇ましいだけが国の為にはならない事を学習した国として、柔軟ながら、賢明且つ狡猾な外交術が望まれますが、失礼ながら石原さんは、その任に堪えるとは思えないのです。

さらに、ぽっかりと空いた、曲がりなりにも体裁が整っていた都政の、美味しい美味しいポストを狙って、いかがわしい獣共が跋扈します。お陰で東京都の未来は暗澹たるものではないでしょうか。

20121026122125f35 (千載一遇のチャンスとばかり、人気の落ちた維新の会を袖にして、石原氏の後がまを狙う風見猿)

都や日本の流れを変えてしまいかねない事に考えが及ばない、昔はともかく今やKYとさえ言える頑固ジジイは、大人しく引退してひ孫の世話でもしていればいいのです。嫌われてるか。。。(笑)未だいない(?)

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!! 

|

« 国貧論(後編) | トップページ | 自分の言葉を語れない政治家達。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

最近では石原知事の新党結成についての疑問が出てきましたが、最初保守派はもろ手を挙げての賛同ばかりでしたね。
今年の1月からの石原氏の発言を聞いていると、ノブテルの総裁を応援するため、去年から言っていた新党立ち上げについて曖昧戦術を取り、ノブテルが落っこちたので安倍の邪魔をするため、新党立ち上げを発表したとしか見えません。

会見で聞かれても居ないのに、安倍はトーンダウンしたとか、自民はダメだから組む気は無いと言ってみたり。
此れが目くらましで、第二極になって安倍自民と組んで憲法改正になればうれしいのですが。


投稿: 八目山人 | 2012年10月29日 (月) 09時19分

あのおじさんは、やっている事が一々怪しいです。米が嫌いと見せて、実は大好きなのではないでしょうか。そんな人は信用出来ません。
それに経済が分かっていない点も駄目です。大人しくしていればいいのに、肝心な時に混ぜっ返してくれます。

投稿: 田中 徹 | 2012年10月29日 (月) 18時41分

石原さんって営業右翼??

まあ、左翼系のフリしたトロイの敵兵ミンスが日本建国以来最悪のBK奴であり、国土も含めて日本のアレヤコレヤを隣国(日本海の西隣りと太平洋の東隣り)へセッセセッセと国富をあげまくっている現在、営業右翼であっても保守側に加勢ののろしをあげる事は、国民にとっては心強いのですが、反って邪魔。安倍自民一本に絞るのが良さそう。

投稿: 心配性君 | 2012年11月 6日 (火) 06時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 国貧論(後編) | トップページ | 自分の言葉を語れない政治家達。 »