« 耳のないウサギ | トップページ | 借金は返済しなければ純資産という発想。 »

2013年1月23日 (水)

石橋も叩き過ぎると壊れるのだ。

Photo   
    
当ブログは、消費税の増税と、TPP への参加には断固反対です。

ブログランキングに参加しています。

内閣府が18日発表した2011年度の国民経済計算確報によると、土地や預金、株式など国全体の資産から借入金などの負債を差し引いた11年末の正味資産(国富)は2995兆円となり、前年末比0.8%減少した。地価の下落が主因。前年割れは4年連続で、6年ぶりに3000兆円を割り込んだ。

国富はピーク時の1990年末(3531兆円)に比べ約15%縮小した。
部門別では、国や地方などで構成する「一般政府」部門は国債の増発で、18.7兆円の債務超過に転落。現行基準で比較可能な01年以降で初めて負債が資産を上回った。家計部門は、地価や株価の下落で1.1%減の2195兆円と5年連続で減少した。
形態別では、土地資産が4年連続の評価損で2.9%減の1156兆円と90年末(2477兆円)の半分以下に縮小。株式資産は341兆円と15.3%減少した。
(時事通信) 

日本の財政を心配されている方、よく読んで下さい。国富は311の影響で若干減りはしたものの国民一人当たり、2300万円を超す純資産です。純ですよ。純。(笑)

部門別に見て、政府こそ国債の増刷で18兆円の赤字ですが、今すぐに国家を清算しても国民一人当たり2300万円分の不動産や生産資産、金融資産が残る訳です。四人家族で9200万円にもなります。当然ながら世界一です。

誰ですか?借金はどこに行ったなんて言っている人は。全て込みだから純資産なんですよ。(笑)

しかし問題がない訳ではありません。資産デフレによって国富が減少している事は由々しき問題です。株や不動産が先進国の中でも際立って低いのです。ここが正当に評価されるだけで国富はもっと増えます。不動産は今の1.5倍、株は日経平均20000円くらいが妥当ではないでしょうか。

そうならないのは、個人資産に占める株投資の割合を見ても明らかなように、個人が株に興味を示していないからです。元々日本人に、こういう、企業を博打の対象にするようなシステムはあわないのではないでしょうか。

Photo

   (2012年12月21日、日本銀行調査統計局)

ところで昨日の日経新聞のある欄に、アベノミクスは資産バブルを招く恐れがあると書いていました。おいおいです。(笑)現状、株の場合、実力より不当に低い事が分かっているのでしょうか。

不動産にしても、90年当時まで戻せとは言いませんが、現状から20〜30%上がってもバブルなんて言えるレベルからは程遠いのです。ここが低いから元気も出ない訳です。(笑)

右肩下がりで安くなって行くなら、誰が不動産など購入するでしょうか。明らかに賃貸の方が経済的です。賃貸は実勢価格より高い場合は値下げ交渉が可能です。ところが買ってしまったなら、目減りに甘んじるしかありません。

Img_3ec18fdf9e767d4236c440d79889545  (消費増税前の駆け込み需要で売れ行きが好調らしい都心のマンション)

ローンを返済しても返済しても残高の対実勢価格比が減らない事になります。そんな状態では、買い替えなんて宝くじでも当たらない限り出来ません。(笑)株も同じです。右肩下がりなら誰が買うでしょうか。株も不動産価格も少しづつ上昇するのが望ましい事は言うまでもありません。

85年からのバブル醸成時にもCPI はさほど上がらず、株や不動産だけが異常に上がったという実態があります。つまり、インフレターゲットを定めても、基本的に供給過剰の日本経済の性格上、物価は上がり難いのです。

まして、バブル当時との比較でも供給力は桁違いです。物とサービスの付加価値だって随分進化して来ました。つまりバブル当時でさえ3%も上がらなかった物価が、そう簡単に2%も上がる訳がないのです。

それをバカみたいに物価がまず2%上がって大変だ〜と騒ぐマスゴミ、そもそも、政府が2%の物価目標を持ったくらいで、連日のようにマスコミに取り上げられる国があるとも思えません。やはり何らかの反政府的意図を持って動いているというのが真相ではないでしょうか。

話は戻って、物価が上がり難いのであれば、なおさら多少の資産インフレがないと元気が出し難い事になります。資産バブルが問題だと言うのであれば、バブルを膨らまさないよう、規制をすればいいのではないでしょうか。税制をちょっと変えるだけでも効果はあります。

90年当時はそれを金融政策として、プライマリーレートの行き過ぎた調整(引き締め)の為にハードランディングする事になりました。これが故意でないとすれば、愚の骨頂ではないでしょうか。

やはりどう考えても、日本程の先進国の場合は、物価や資産インフレのコントロールが難しいとは言い難いのです。それを騙されているとも気付かず、騙している側のお先棒を担ぐバカなマスゴミやエコノミスト、本当にいい加減にしてくれよ。(笑)

日本という石橋も、何度も叩いているうちに、本当に壊れてしまいます。壊れないうちにアベノミクスで頑強にするしかありません。

Img_559792_15105852_7              (イメージ通りの石橋)

おまけ
先日の「TVタックル」で「日本は何をもって世界と戦うのか」(つまり、何か新兵器で輸出競争しろという事らしい)と言っていた元テレ朝女子アナがいましたが、可愛い顔して好戦的なんだから。(笑)戦うなら武器に決まっています。戦闘機とか潜水艦とかでしょう。

冗談はともかく、何か勘違いされているようですが、実際の戦争でも経済でも戦ってはいけないのです。戦うから、つまり外需(富)を取りに行くから摩擦が起きます。日本程の先進国の役割は、世界が無用で不毛な戦いをしないように、技術的資金的支援をする事です。共存共栄とは戦う事ではありません。

特に時間との戦いである環境省エネ分野では、早急に指導的役割を果たすよう、国連なり何なりに働きかけるべきではないでしょうか。地球を壊してしまわない為にも急がれます。

勿論国益を損ねない範囲である事は言うまでもありません。さらに、敵対して来る国までは面倒見れないのです。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 耳のないウサギ | トップページ | 借金は返済しなければ純資産という発想。 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

> 勿論国益を損ねない範囲である事は言うまでもありません。さらに、敵対して来る国までは面倒見れないのです。

・・・あたりまえですよね!半島勢とか中国の手下のミンスシャミンは撃退寸前(次の選挙で殲滅させないと日本は消滅します)なので、後は朝脾・中日新聞とか犬えっち系放送等の逆賊マスコミをヤッツケましょう・・・日本と東洋の繁栄・・・ひいては将来の世界平和の為に。。。

投稿: 青うさぎ | 2013年1月24日 (木) 00時11分

今日もありがとうございました。
毎日読んでます!!
(1年ほど前からかな?)
今日も元気を貰いました!
日本人最強!
日本最高!!
日本を再興!!!

投稿: shuuuuuuuuuu | 2013年1月24日 (木) 16時41分

嘘つきマスゴミを叩き潰しましょう。
最近フジテレビデモがないのが寂しいです。反民主デモもなくなったし。(笑)

投稿: 田中 徹 | 2013年1月24日 (木) 16時58分

> 嘘つきマスゴミを叩き潰しましょう。

・・・ 「フジテレビ」「日本テレビ」は電波法違反の反政府メディアです。外国系株主が多すぎるからです。放送法で定められている、外資による議決権のある持ち株比率20%を超えているからです。
NHKは受信料金を徴収する癖に中国・半島の味方情報を発信する反日機関に見えます。NHKが映らないTVを売り出したら爆発的に売れるでしょうから、SONY/シャープ辺りは出してみたら?

投稿: AZ生 | 2013年1月24日 (木) 23時58分

NHKが映らないTVを売り出したら爆発的に売れるでしょうから、SONY/シャープ辺りは出してみたら?

・・・遂に筑波大学視覚メディア研究室が、「NHKだけ映らないアンテナ」を開発したらしき・・・又、ケーブル信号受信のTVにフィルターをいれる方法もあるらしいですね。。。やったぜ・ベイビ~

投稿: AZ生 | 2015年3月30日 (月) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 耳のないウサギ | トップページ | 借金は返済しなければ純資産という発想。 »