« 平成の尊王攘夷 | トップページ | ローカリゼーションの薦め »

2013年3月18日 (月)

敵を欺くにはまず支持者から(?)

130322_2     
------------ TPP消費税増税に絶対反対!!-----------

当ブログは日本の名誉を挽回するために尽力される中山成彬議員を応援します。
                                       ホームページ
    
  NHK によって削除された動画が見れます(39分頃から)

305936_285999734837057_27411218_n
Photo_2


 

ブログランキングに参加しています。

昨日は尊王攘夷で締めましたが、実際問題として、すぐにでも外国勢、特に米を閉め出せと言っている訳ではありません。何事も急激な変化には大きなリスクが伴います。物事は緩やかに、且つ穏やかに進めるべきです。

では具体的に何をするかと言いますと、特に何もしなくていいのです。(笑)大きなパラダイムシフトと言われるような事はする必要がありません。従って、TPP やEPA FTA 全て国益に照らして、危ういものは遠ざければいいだけです。

何と簡単な事でしょうか。事、海外との付き合いに関するものは全て後ろ向きでいいのですから、正に最近はやりの内向きという言葉がぴったりです。いいか悪いかはともかくとして、若い人の性向とも合致します。

96958a90889de1e5e0e2e4e4ebe2e3e0e3e         (言われる程の内向きでもないようだ。)

いえ、筆者は海外と全く付き合うなと言っている訳ではありませんので、誤解なき様お願いします。メリットがあると思われる事で付き合う事は、むしろ積極的にやればいいのです。世界には学ぶべきもの、見習うべき事はまだまだ多いのですから、謙虚に教えを乞う姿勢は大事です。

ただ、大事な事は日本の国益を最優先に守るという一点です。そこをないがしろにすると訳の分からない事になります。その点では統一見解と言うか、縛りと言うか、何らかのルール的なものは必要ではないでしょうか。日本人を名乗る以上は当然です。いやならどこかに移民でもして帰化すればいいだけです。

つまり、何事につけても意識は国内をメインとし、海外はあくまでもサブ的な扱いにするという訳です。必然グローバル化には逆らう事になります。例えば商品で言えば、あくまでも国内ユーザー向けがメインで、余ったものを海外に廻すといった具合です。

そうすれば過剰な供給力を持ち、世界のリセッションの度に大騒ぎする必要はなくなります。その他政変等の外的要因でアタフタする事がありません。為替の変動に一喜一憂する事もないのです。

そんなことを言っても国内には需要がないから、いやでも海外を目指さざるを得ないのだ、と言われるかもしれません。確かにその通りです。これまでは政府が経済音痴で日銀がケチだった為に国民は割を食って来ました。

しかし、これからはご安心下さい。アベノミクスが解決してくれます。財政出動と金融緩和で有効需要の創出が行われ、資金がじわっと回って来るという訳です。日銀新総裁は物価上昇率が2%になるまで資金の供給を続けると明言している訳ですから、何の心配もいりません。安心して国内の需要が膨らむのを待てばいいのです。

過去の例を見ても、緊縮財政で国内への資金供給を絞った時に輸出が増えているのが分かります。逆に日本列島改造計画などで公共事業が多い時期には内需が増えるという訳です。分かり易い図式ではないでしょうか。

6918a1d1

(公共投資等を絞り、内需が低迷している時期に輸出が増えているのが分かる。それにしても円高をものともしない輸出の伸びは凄い。デフレになる訳だ。)

日本は70年代80年代の高度成長時代に設備投資が活発で過剰な生産設備を抱えました。ところが金融政策が今一実情に即したものではなかったので、供給は海外へ向かわざるを得なかったのです。海外にとってはいい迷惑です。競争力ある商品が怒濤の如く押し寄せるのですから防戦に躍起になります。

Mag20100220

その防戦に一番効果的なのが為替です。通貨高にすれば競争力が削がれると言って間違いありません。そこで米などが中心になって仕組んだのがG7での通貨安定の為の協調です。これで無抵抗な日本は何度も強烈な円高圧力に晒される事となりました。

ところがまずい事に、日本はその度毎にターミネーターのように蘇って来るのです。減り始めた輸出は企業努力によって数年も経ず元に戻ります。反対に輸入に関しては、質にこだわる特殊な市場と、裾野がしっかり構築された日本型産業モデル故劇的には増えません。

その結果は経常収支の黒字が積み上がり莫大な対外純資産に化けて行きます。分かり易く言えば対外債権ですから、周りから見ればいやな国なのです。(笑)しかしながら、それで喜んではいられません。企業努力の中には下請けいじめと、人件費削減が含まれるからです。

つまり、日銀の通貨供給がか細い為の弊害は、海外への集中豪雨的輸出になり、その結果円高を招き、競争力維持の為人件費が削られデフレに苦しむという悪循環を生んだのです。ご丁寧にも円高から海外進出が進み、空同化まで進みます。

逆に日銀が十分な流動性を市場に供給していた場合は間違いなく、日本のよう技術力のある国は内需が拡大していた筈です。ところで内需主体の経済なら円安は好ましくありません。材料が安く調達出来るに超した事はないからです。外需依存が低ければ、それでも大きな問題にはならないでしょう。

これから分かる事は、内需主導型経済と外需依存経済は両立しないという事です。どちらかを立てればどちらかが沈むのです。ただ、上記理由から外需依存は日本にとっても世界にとっても為にならないという事だけは確かなようです。

2013031500000095jijp0001view

       (私を信頼して任せて欲しい。と言う安倍総理)

従って、アベノミクスで内需拡大に大きく舵を切った安倍政権は、明らかに矛盾する外需依存に対して積極的になる筈はありません。という事はTPP が日本にとって慌てて参加を決めなければならない喫緊の重要課題ではないという事になります。

つまり、今回の交渉参加表明は、米や関係国、あるいは国内の賛成派に対するリップサービスに過ぎないのではないでしょうか。本音は参加する気など毛頭ないのかもしれません。どうもそんな気がして来ました。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを!!

|

« 平成の尊王攘夷 | トップページ | ローカリゼーションの薦め »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

> 敵を欺くにはまず支持者から(?)

・・・安倍/麻生自民は現状での日本政界のベストカード。
あれこれ疑惑は湧いてきますが、兎に角見つめながらも応援致しましょう。

投稿: AZ生 | 2013年3月18日 (月) 03時23分

>本音は参加する気など毛頭ないのかもしれません。

同感です。仮に、TPPに参加する状況に置けれても
国会が批准しないことを想定していると思います。
その間、内需拡大策(結果的に円高修正=円安)を
外部から妨害されなけ入ればいいわけです。
景気回復が諸に就き、批准が否決されたら、
安倍さんは潔く引退すると思います。

投稿: toshike | 2013年3月18日 (月) 07時39分

安部ちゃんを信じて応援しちゃった純情な保守の希望、アベノミクスを信じたい。デフレ脱却をして80年代の成長をもう一度という気持ちはわかりますね。

逆に、アベノミクによる金融緩和、公共投資、成長戦略が実はTPPのためのペテンであると考えた方が現実的ではないでしょうか?

TPPは経済政策としてはデフレ政策であり、消費税増税もデフレ政策であり、国民から吸い取って、輸出企業へ還付金として還元するボーナスですから大企業のための政策ですね。TPPと同じ多国籍企業のための政策です。

アベノミクスを言いだしたとたんに円安にふれ、株価が上昇してみなさんは有頂天になっているでしょうね。

でも現実はちがいますよ。BIS(国際決済銀行)の統計を見ればわかりますが、3年ごとの統計で2010年4月しか最新がありませんが、1日のドル/円で売買される金額は5680億ドルですよ。日本円でわかりやすくいえば57兆円売り買いしているわけです。日本の貿易が年間輸出入あわせて150兆円もないときに、一日に57兆円の売買の意味がわかりますか?

アベノミクスで円安に触れたのは国際金融資本がアベノミクスの幻想を信じ込ませるためでしょ。
株価も同じ。

まぁ、豚は太らせてから食べると、中山成淋さんが予算委員会でつい口を滑らせてしまったのが、こだまします。

保守は、GHQの戦後レジームを保守してナンボなのをいずれ皆さまも涙を流して知ることになるとおもいますね。

属国から奴隷国家へ、安部ちゃんは役者としては千両役者ですね(笑)。

投稿: アベノミソクソ | 2013年3月18日 (月) 21時23分

・・・安倍/麻生自民は現状での日本政界のベストカード。

・・・なのですが 自国の軍事力の行使を放棄している限り外交力も無く、反日国家へのODAとか国連(第二次世界大戦の戦勝国側の利益が第一)への貢君の役割とか国際金融機関に脅かされっぱなし。尖閣・竹島やらTPPやら強盗国にズケズケ国富をとられっぱなしで果てしがない。かといって、これ以上親米になって米軍にせかされて海外派兵は避けたいのですけれど・・・

・・・おまけにマスコミ共が殆どB国(よみうり)・中国(日中記者協定で中共の不利益な記事は書かない事になっている朝日を始めとする大手新聞社各社)・上下Koreaに乗っ取られている現状。まずはNHKとか朝日をやっつけましょう。

・・・内需の大幅拡大とか日本の再建アイデアは当ブログのカーデザイナー田中徹さんが持論をあれこれ提案されておりますよね!おーい 平成の老若男女のさん達で日本再建のグッドアイデアをお持ちの方は違った角度からも応援とかご披露して下さいませんか?一人一人が日本とか世界を引っ張って行くのが理想だと思います。

投稿: AZ生 | 2013年3月19日 (火) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成の尊王攘夷 | トップページ | ローカリゼーションの薦め »