« 戦後レジームからの脱却(前編) | トップページ | 繋ぎ »

2013年4月19日 (金)

戦後レジームからの脱却(後編)

Photo_2      

----- TPP 日中韓FTA 消費税増税に絶対反対 ------

ブログランキングに参加しています。

貿易関係で昨日の続きを書こうかと思っていたのですが、読み返すと、あまりの拙文にガックリ、モチベーションが下がってしまいました。よく考えたら、言いたい事は殆ど述べているようです。(笑)

実は他にもモチベーションの下がる事があり、ちょっと気持ちが乗らないのです。他でもない米の件です。ボストンでテロがあり、何か9.11の時のように不審な郵便物が政府関係者に送りつけられたりと、デジャブ効果を狙うような卑劣さに気が滅入ります。

6187727d
       (おいおい、これって・・・核爆発じゃないの?)

おまけにテキサスでも、まるで福島第一原発3号機のような大爆発が起きました。こちらはテロでないかもしれませんが、同時多発の様相です。

ボストンの場合、爆発物のレベルが素人っぽいので、素人の犯罪のように言っているメディアもありますが、それはあまいのではないでしょうか。何を狙っているかによりますから、殺傷力だけが絶対要件ではないのです。当然クオリティも関係ありません。

恐らくですが、今回の犯行は恐怖心を煽る事が目的ではないでしょうか。この程度の爆弾なら、そこら辺の、ちょっと頭のイカれた人が台所で気軽に作れると言う触れ込みです。

従って、真犯人からすれば、捕まるであろう実行犯はアルカイダのようなプロっぽい外人である必要は全くありません。(笑)どこにでもいそうな危ないおじさんが適役でしょうか。しかし、そんなんじゃ危なくて人ごみやイベントのある場所へは出られないという事になります

Media_xl_892588

    (壮大な猿芝居の挙げ句、殺されたビンラディンの替え玉?)

そう考えた時に、やはりある意味9.11とダブって来ます。ナオミ・クライン言うところのショック・ドクトリンです。何かショッキングな事が起きて、何かが始まる(?)あの時は強引にアルカイダの犯行という事にしました。パールハーバーとイメージをダブらせ、世論を盛り上げます。

結果はアフガニスタンにテロ退治という名目で軍隊を送りつけたのです。その後、予定通りかどうかは知りませんが、泥沼化しました。今回は、どこにでもいる危ないおじさんですから、海外遠征という訳にはいきません。あくまでも国内向けではないでしょうか。

どうも、このところ銃乱射事件が多かったり、それを口実に銃規制をしようとしたり、今回も監視体制強化に動くでしょうから、増々米は住みづらい環境になります。米も日本同様サファリパーク化しているのかもしれません。

Img279_file

     (逆檻で、いい気になっているが、実は囚われの身は外側)

そう言えば先日某ブログで、ある霊能力者が興味深い事を言っていました。TPP はひょっとすると避けられないかもしれないと言うのです。穏やかでないぞ、と読み進めると、安倍総理は熟考した結果として日本の将来の為にTPP を選ぶだろうと言うではありませんか。

それは逆じゃないかと一人で突っ込みながら、さらに読み進めると、むしろTPP に入らない方が怖いと言うのです。つまり、何をされるか分かったものではないのです。

80年代の貿易摩擦の時のように、個別で内政干渉や強い圧力をかけられる事は必至でしょうし、現地の日本企業が訴訟の標的にされます。クリントン政権の90年代によくありました。そうこうしている内に自然災害に見舞われ、原発事故が起きるかもしれません。悪い事は続くのです。

結局TPP に入って、騙し騙しやるしかないのでしょうか。取りあえず事前協議でどこまで日本の主張が通るかですが、しょっぱなの自動車では全面敗北でした。見通しは果てしなく暗いと言わざるを得ません。

それにしても、日本のノー天気で思考停止なTPP 賛成派には驚くのですが、昨日の朝、孫崎さんと古賀さんが賛成派と反対派に分かれ議論していました。もちろん外務省出身の孫崎さんは米陰謀論の筆頭株ですから反対派で、元経産省の古賀さんが賛成派という訳です。

時間がなかったので頭のところしか見なかったのですが、古賀さんは恐らく官僚時代は窓際だったのではないでしょうか。余りにも世の中の常識、特に米を知らなさ過ぎます。

何と、言うに事欠いて、米との交渉はさほど難しくない、むしろ勝てる場合もあると言うではありませんか。一体何処を見て生きて来たのでしょうか。この不見識ぶりは異常です。議論させるだけ時間の無駄ではなかったでしょうか。

折角戦後レジームから脱却しても、行き着く先が管理体制が一段と強化された新サファリパークでは泣くに泣けません。何かいい方法はないものでしょうか。どちらに転ぶとしてもポイント・オブ・ノー・リターンは目前です。

えっ、お前はピント・大ブレ・ノータリンだって(?)そうだといいんですがねえ。(笑)霊能力者が当たっている気がして・・・


 

 

 ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを。!

 

 日本人必見の動画

当ブログは日本の名誉を挽回するために尽力される中山成彬議員を応援します。
中山議員の ホームページ 南京問題を扱っています。 
  

 

 NHK によって削除された動画が英訳付きで復元されました。予算委員会で慰安婦問題を取り上げる中山議員/日本維新の会)

 

 

ブログランキングに参加しています。

|

« 戦後レジームからの脱却(前編) | トップページ | 繋ぎ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

お疲れのようですね。ご自愛ください。
占い師ならずとも、安部さんのこれまでの言動と行動を分析すればTPPに参加する前提であることは中学生でも分かる分、今が危機的状況であるようです。
爺さんが安保押し切って米軍占領を永続化させたように、金融経済ルールを国内法の上位におくことで日本財布論を完成することが安部さんに与えられたミッションでしよう。国金、ヘッジを始め全面協力し円安・株高で応援しておりますし、75%がサファリパークの檻の中をうろうろするだけの日本人に鏡を見てみよといわれても、餌さえ撒かれれば1秒後には餌に飛びつくのは仕方のないことです(笑)。

投稿: 樂珠子樽陀 | 2013年4月19日 (金) 07時59分

> (おいおい、これって・・・核爆発じゃないの?)

・・・肥料工場の爆発・火災の噴煙ですよね、煙が黒っぽいって事は単純に肥料の原料(黒色火薬と成分が近しい)の燃焼とみてよろしいのではないでしょうか?

中国も半島も米国もあっちこっち物騒なのですが、冷静に賢明に過ごして行くしかないのでしょうね、地球の人類皆なでね。

投稿: 青うさぎ | 2013年4月19日 (金) 15時43分

こんばんは!!
いつも読ませていただいておりますm(__)m

ほんとにアメリカって恐いですねぇ…

いっその事いろいろ不便になってもかまわないので鎖国してほしいです…

投稿: うまし | 2013年4月19日 (金) 18時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 戦後レジームからの脱却(前編) | トップページ | 繋ぎ »