« 山行かば、草むす屍 | トップページ | トラトラトラ »

2013年5月30日 (木)

戦後レジームからの脱却と言いながら、逆行する安倍総理

Photo       

----- TPP 日中韓FTA 消費税増税に絶対反対 ------

ブログランキングに参加しています。

Images1

慰安婦問題の拙ブログ記事で、彼女達の収入が今の価値に換算して300〜1000万円/月と書きましたが、そこまでではなさそうです。元陸軍少尉の小野田寛郎氏(上)によると、当時のサラリーマン初任給が40円という事なので、それが20万円だとすれば、慰安婦の収入は150〜500万円という事になります。

いずれにしても破格の厚遇と言えるのではないでしょうか。兵隊さんが13円とは、意外に安い事に驚きます。その3分の一を慰安婦に使っていたと言いますから、やはり、なくてはならない職業だったのかも知れません。「我が郷は足日木の垂水のほとり」さんのところで見つけました。

さて、気温と湿度が上がって来た事に比例して、長い髪が鬱陶しくなり、行きつけの美容室を予約しました。最近は受付嬢も声だけで誰か分かるようで、名乗る前に「・・・さんですね」と言われれば悪い気はしません。

担当の美容師女史は30代半ばくらいでしょうか。もう長いので全て知り尽くしてくれています。殆ど喋らなくても問題はありません。「ちょい短めね」で、イメージ通りに仕上がるという訳です。後は他愛のない会話になります。

100496_main__465x350              (イメージ画像)

この日は開口一番「円はどこまで安くなるんですか」と来ました。そんな会話、した事ないぞ。(笑)
筆者「それが分かれば大金持ちになれる。まあでも、購買力平価で言っても104〜5円というところだから、下がっても110円くらいまでじゃないのかなあ。アメリカ次第のところはあるけどね。」
彼女「そうなんだあ。もっと安くなるのかと思ってました。旅行に行ったら困るので、程々にしてもらわないと・・私タイとか好きなんです。」

筆者「ほ〜タイねえ。タイはいいよ。親日だし、飯がうまい。治安も悪くないみたいだよ。そうそう、為替レートは切実だよ。しかし、あまり円が安くなると困る国が出て来るので限界があるね。韓国や中国、ドイツも騒いでいる。」
彼女「何で騒ぐのですか。」
筆者「輸出品目で競合するものがあるからね。特に韓国は日本と似ているので必死なんだよ。」
彼女「あ〜、真似しているんですよね。なんでも。」知ってんじゃん。

筆者「日本が色々教えたからね。日本なしじゃやって行けない国なんだよね。テレビの部品も韓国で出来ない物が多いし、お金も随分貢いだ。」
彼女「そうなんだ。その割には最近強気ですよね。」お〜そうきたか。(笑)
筆者「だよね〜。(^_^) 橋下さんが、下手な事喋ったから、また大騒ぎになった。」
彼女「でも、本当だから仕方ないですよね」おいおい。それは違うだろ。

Fac9f05916bcc3f28a8d15b1cc88710b
(女性では辻元清美と並ぶ、スーパー売国反日極左議員のみずほちゃん。一体誰が票を入れるのだろうか。)

筆者「いやいや、慰安婦の強制連行はなかったんだよ。あれはNHKの番組で、朝日新聞と福島みずほちゃんが捏造したという事が既にバレている。要するに朝日の記者の作文だね。自分では小説と言っているらしい。みずほちゃんは、それを知った上で、嘘の証言をさせたと元NHK の記者が言っていた。」
彼女「え〜〜、本当ですか。それって、ひどいじゃないですか。じゃあ、なぜあんなに騒ぐのですか。」

筆者「それは、そういう事をすれば儲かる人がいるからさ。商売にしている。残念な事に日本側にもキックバックを当てにしている連中がいて、お金を海外にあげたがる。」
彼女「なるほど、日本人も悪いんですね。でも税金でしょう。」

筆者「政治家は、そういうのばっかりだから。。そのお陰で、韓国内も反日ムードが高まり最悪になっている。」
彼女「最近、韓国に行かれたんですか。」
筆者「数ヶ月前に行ったけど、前より雰囲気悪かったねえ。空港でいきなりチョッパリという日本人の蔑称をなげつけられた。豚の足という意味だよ。」

彼女「ふ〜ん。なんか怖そうですね。昔はそんな事なかったんでしょう。」
筆者「そうそう、俺なんか、最初に行った頃は親日国かと思ってたくらいだからね。年寄り連中は基本親日なんだよ。当時をなつかしがっている。」
彼女「テツさんは、言葉は出来るんですか」?
筆者「ハングルは少し分かるね。昔アガシから教わった。でも、勉強する気がなくなったよ。笑」

彼女「やっぱ英語ですよね。私は全然苦手だけど。」
筆者「英語なんて中学レベルで十分だよ。だって専門の学問をする訳じゃないでしょ。英語でしか出来ない事は日本では限られるし。」

ここで、シャンプーに立ったので、会話が終了しました。彼女は、職業柄色々なお客と会話をするのでしょう。一通りの事は分かっているようです。英語の重要性(?)についても政府並には理解してるのかも知れません。

しかしながら、筆者は、どう考えても英語にかける時間は無駄だと思うのです。今でさえ3、3、2で最低6年から長い場合は10年も勉強する割に、皆駄目です。(笑)

これは教育の方法や時間量の問題ではありません。まして能力とは何の関係もないと思われます。やはり、必要性の問題ではないでしょうか。高度な専門教育が日本語で受けられる環境にいて、専門分野以外では、それほど必要とされないのです。旅行で使う程度の簡単な会話レベルなら中学3年間、真面目にやれば十分です。

さらに国際化と言いますが、脱グローバル化が叫ばれるようになった昨今、むしろ逆行します。日本における英語のプレゼンスは、今後どんどん下がるのではないでしょうか。いや、下がる方向の政策をとるべきなのです。

むしろ積極的に日本語を広めて行く方が、どう考えても得策です。安全保障上も好ましいし、日本の伝統や文化にしても英語での表現は馴染みません。先端技術の指導も、日本語を覚えてもらった方が伝えやすいに決まっています。

政治家にも多いのが、無意識的な崇洋媚外の精神です。なぜか欧米の価値観を絶対視する風潮があります。独立した文明圏を構築した民族として、そろそろ、そこから脱却しないと情けないのではないでしょうか。「戦後レジームからの脱却」との相性も悪くないと思われますが。。

いずれにしても、何かとブレが目立つようになった安倍総理、まさか、公用語を英語になんて、産業なんとか会議のあの方のように言い出さないか、ちょっと心配です。

 

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを。

 

 日本人必見の動画

 

当ブログは日本の名誉を挽回するために尽力される中山成彬議員を応援します。
中山議員の ホームページ 南京問題を扱っています。 
  

 

( NHK によって削除された動画が英訳付きで復元されました。予算委員会で慰安婦問題を取り上げる中山議員/日本維新の会)

 

 

 

ブログランキングに参加しています。株や

|

« 山行かば、草むす屍 | トップページ | トラトラトラ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小野田さんの文章を読んでからここに来ました。
日本できちんと教育を受けた方の文章は 穏やかな語り口で理路整然と正論を述べることが出来るのだ と感心しました。
 日本人が縄文時代からはぐくんできた国語は世界一です。最近政府は 日本文化の世界への拡散を企画しているようです。それはそれでよいことで大いにやるべきだとは思いますが、仰るとおり日本語を広めることも是非やるべきです。 世界各地に日本語学校を開設し 言葉と文化を世界中に教えてゆけば 日本がリードする至福千年の世界が出来ると思います。
 英語教育のため外国人を大量に雇うなどと言う妄言は勘弁して欲しい。 日本語がわからない外人がどうやって 日本人に英語を教えるのか。
 それと 今言われる英語教育とは 聞ける喋れると言う事なのかもしれないが 今はネットの時代 そこではやはり読み書き優先でしょう。
 私が驚いた経験をいうと 英文を脇に置いて 翻訳しながらかなりの早さでキーボードを叩いている人が 英語の定冠詞 Theをトヘと発音していました。
ちなみに東大出。
 安倍さんも一寸心配ですね。 色々あるのでしょうが日本人が誇りを持って 名誉ある地位を得られるように舵取りして貰いたいです。
 蛇足ですが 英語をやるなら 米語ではなくイギリス英語をやるべきだと。 きちんとした英語を話せばフランス人だって ちゃんと対応してくれます。
これも実話です。

投稿: 古希のネトウヨ | 2013年5月30日 (木) 14時55分

小野田さんの言葉は重いです。どこぞやの嘘ばかりついている国民とはえらい違いです。
こういう人がいる事自体、彼らには信じられない事でしょうね。所詮、分かりあえる事はないかと。。

投稿: 田中 徹 | 2013年5月30日 (木) 17時35分

> 政治家にも多いのが、無意識的な崇洋媚外の精神です。なぜか欧米の価値観を絶対視する風潮があります。

・・・それは数百年に亘った白人支配の構造、スペインによるインカ帝国の破壊などいくらでも例があります・・・近年ではGHQ(General Headquarters~連合国最高司令官総司令部)支配下の日本・・・安倍自民が主張する”戦後レジームからの脱却”を唱えていますが、C愛Aから脅かされ(あくまでも私の推測・・・JFケネディとか角栄さん、小渕さん、橋本さん等が)て挫けそうな昨今。TPP参加は断固阻止しましょう。

> 独立した文明圏を構築した民族として、そろそろ、そこから脱却しないと情けないのではないでしょうか。「戦後レジームからの脱却」との相性も悪くないと思われますが。。

・・・賛同いたします。

投稿: AZ生 | 2013年5月31日 (金) 02時41分

八重の桜を見ていて、薩長のGHQ的な参謀が傍若無人な振る舞いをしているのを見て、

勝てば官軍、GHQ。強姦もまた正義なのか?

と、深く憤りを感じたのでした。


明治維新レジームの脱却から始めなければ、戦後レジームの脱却は不可能だと感じるこの頃です。

所詮薩長の下級武士は、最新兵器を与えられて南進した金日成と同類の愚か者です。(維新政府を陰で操縦した人達の苦肉の策も忍ばれます。)
(イエズス会に利用され)我一生の不覚也、と嘆いた信長の知恵すらない愚か者の下級武士なのでした。
(小銭でキリシタンに改宗された九州や赤穂の農民達を知って、不覚を悟ったとか。比叡山の件でも異教徒の聖絶に利用されたし。)

投稿: 不思議 | 2013年6月10日 (月) 02時03分

何年か前靖国神社にて、小野田さんをお見かけ致しました。境内では旧軍関連の小さなパーティがあちこちで設営されていましたが、本殿に向かう途中大村益次郎の塔の下当たりですれ違う感じでお見かけいたしました。思わず潜水艦式のコンパクトな敬礼をしました。目の力が強い方です。旧軍関連のイベントに参加されていたご様子。遊就館の零戦展示を館外から一目見て帰途につきました。

投稿: Carly | 2013年6月10日 (月) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山行かば、草むす屍 | トップページ | トラトラトラ »