« 日本人なら普段から日の丸を携行しよう | トップページ | 富士総合火力演習 »

2013年8月21日 (水)

真夏の夜の夢、蘇る黄金の国ジパング(円本位制は実現するか)

130708         

----- TPP 日中韓FTA 消費税増税に絶対反対 ------

ブログランキングに参加しています。

酔っぱらいとしか思えない司会者が戯れ言を垂れ流す「朝ズバ」(TBS)で朝っぱらから「国の借金、借金」とうるさかったです。このしつこさは、どこかの国に似ています。(笑)出ている人もメチャクチャです。まともな人はいないのでしょうか。

Obata

(小幡 績 経済学者、投資家。専門は企業金融、行動ファイナンス、政治経済学。慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授。Ph.D.ハーバード大学、2001年、ハーバードまで出て、あのコメントとは・・絶句)

何と慶応の小幡(上)という教授が「政府は国民の金融資産である1500兆円以上は借りられない」と、驚愕のコメントをしていました。こんな教授に教わるのでは慶大生も気の毒というものです。授業料返せと言ってもいいですよ。

マクロ経済が全く分かっていません。家庭の会計レベル、いや小学生レベルです。国が使う資金は必ず国民側に戻るという資金循環も知らないで経済を教えるのですから詐欺師かもしれません。

女性のコメンテーターなどは金利が5%になると、50兆円の利息を払わなければならないと言っていました。ここまでのデタラメを公共の電波を使って言ってもいいのでしょうか。

既発行済国債が全て長期国債という訳ではなく、さらに10年もの国債が一斉に5%になる訳でもないので、あり得ない仮定ですが、いますぐに5%になったとしても、次の年の利払いは14〜5兆円程に過ぎません。

2320

(逢坂ユリ ニューヨーク大学卒業。モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント資金運用・トレーディング部門に所属後、ヘッドハンティングでゴールドマン・サックス証券で金融法人向け外国為替カスタマー・ディーラーおよび債券セールスを経験。
ドイツ証券では事業法人営業部に所属し、資金調達から運用までを幅広い業務に携わる。この肩書きで、あのコメントか。絶句2)

そんな事より、政府の一機関である日銀が国債を大量に買っている事の意味を考えるべきです。実質債務はどんどん減っているのですよ。本当に国民を騙すテレビ、新聞は恐ろしいです。朝からズバッと悪夢を見せられました。

さて、気を取り直して本日の話題です。えっ抗議の電話(?)そんな事一々やっていたら、それだけで一日が潰れそうなので諦めます。(笑)

ニクソンショックで金本位制が崩れてからは、FRBが発行する国債の一種である米ドルが世界基軸通貨として金の代わりを務めて来ました。つまり圧倒的な経済力、軍事力が担保となりドルの信任を支えて来たのです。ドル本位制と言ってもいいのではないでしょうか。

金の生産量には限りがありますが、ドル札は世界経済の成長に合わせて無制限に刷る事が出来ます。事実無制限に近い供給を世界に対して行っており、それが円高の要因になったりしてるようです。

最近ではアベノミクスから異次元の金融緩和で日本円も供給量が増え、一時的に円安に向かいましたが、圧倒的な供給量を誇る米ドルには量に於いて、かない様がありません。従って中長期的には円高に向かわざるを得ないのではないでしょうか。

ところで、米国債や米ドルは中国や日本が大量に保有しています。貿易黒字の累積であったり、ドル買い為替介入をした結果です。ただ、これに関しては賛否両論あります。

売れない米国債は事実上の資金供与ではないかと言うものです。特に貿易依存率が30%以下と決して大きくなく、ハードカレンシーである円を持つ日本の場合、莫大な外貨準備は無駄ではないでしょうか。

反面、中国のようにハードカレンシーを持たない国は、自国通貨の価値を維持する為に、金の代用としてのドル保有は大きな意味を持ちます。その為にドルペッグしている訳でもないのでしょうが、ドルとの交換レートが一定と言うのは他国からの信任を得る為には必要な事かもしれません。

実際の価値は為替レートとは既に大幅に乖離していて、それが対中輸出の伸びない米には大きな不満となります。しがしながら、本来の価値に元が切り上がると、今度は中国に進出している米企業に取っての大きなリスクとなり痛し痒しです。そのせいか徹底的な追及はされないようです。

それにしても、ドルは不思議な通貨です。あれだけの供給量ながら致命的に下がる事がありません。円とマルクに対しては4分の1、2.5分の1まで下がりましたが、他の通貨に対しては相変わらず強いのです。

やはりそれは基軸通貨ドルが、ドル本位制と言えるくらいに強い通貨だからです。腐っても鯛ではないでしょうか。その為、自国通貨であるローカルカレンシーしか持たない国は、何とかしてドルの保有を増やそうとします。つまり買われる(ドル高要因)のです。この循環がある限り、ドルの地位は保証されるでしょう。

ただ未来永劫この体制が続くかと言えばノーと言わざるを得ません。もっと強い通貨が既にあるからです。ただ残念な事に、その通貨を持つ国は、その事を自覚していません。

もって廻った言い方はやめましょう。(笑)そうです。日本円が既にドルよりも強い通貨として陰では君臨しています。表でも君臨する為の条件は、もちろん軍事力です。米を凌駕する軍事力を持ったなら、その瞬間から日本円は世界の基軸通貨となり、事実上の円本位制がスタートするのではないでしょうか。

また調子のいい事を言って、デフレ不況の日本が、そんな筈はないじゃない。と言われるかもしれませんが、それは認識不足です。事実を知らなさすぎます。技術力に関しては遠の昔に世界一の座に君臨し、差は開く一方です。

技術貿易収支や技術貿易収支倍率に、その片鱗を見る事が出来ます。世界が必要とする殆どの分野の先端技術で日本はトップランナーなのです。問題は通貨の量でした。デフレ不況下に於いて日銀によるサボタージュが需要を阻害して来たのです。ようやくアベノミクスで解決の糸口が見えて来ました。

つまり、資金を異次元と言われるくらいに市場に供給しても、良い効果こそあれ、言われるようなマイナス要因は顕在化して来ません。日本国債の長期金利も1%を切る低値で安定しています。発行残高が800兆円にもなろうと言うのに、これは異常ではないでしょうか。

Photo

  (今年の末に855兆円になると言われる日本国債の長期金利推移)

いいえ、それこそ発想が貧困だと言うのです。(笑)つまり、円が日本国債との兌換紙幣で、日本国債がゴールドだと仮定すれば、、世界が必要とするゴールドの量は少なすぎるのです。800兆円ぽっちではどうしようもありません。

Photo_2

(米国債の発行残高は2012年9月時点で16兆ドル、日本の2倍、長期金利は国力から言うと、日本の方が高くなってもおかしくないのでは。)

その根拠は1%を切って安定している長期金利です。今の倍くらい刷れば、金利は2%くらいになるのかもしれませんが、それで何か問題があるでしょうか。最悪日銀が引き受ければ済む話です。

近い将来、世界が大量に求める事になるであろう円の供給量を担保する為に、日本国債を爆発的に増やしてみる価値はあるのではないでしょうか。

間違いなく円安に振れますし、海外にも買わせる事によって莫大な資金量が確保出来ます。バブル?あなた陳腐です、時代が違います。もう一度トライしてもいいのではないでしょうか。今度は賢くやりましょう。メリット?数えきれません。

米に代わる基軸通貨国家の誕生です。

熱帯夜のせいか、うなされて目が覚めました。(笑)でも甘味な余韻が残っています。しかし、そのくらいの発想力を持った政治家の出現を望みたいなあ。

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを。

|

« 日本人なら普段から日の丸を携行しよう | トップページ | 富士総合火力演習 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつも読ませてもらっています

<女性のコメンテーターなどは金利が5%になると、50兆円の利息を払わなければならないと言っていました。

このコメント、逢坂ユリがしていたんでしょうか?(朝ズバ、見ていなかったもので)

もししていたのなら、性懲りもなくまだ言ってるのかいう感想です。というのも、一年位前に、たかじんのそこまで言って委員会という番組で国債金利について主張したものの、三橋貴明さんに瞬殺論破されて「ぐぬぬ」とダンマリした過去がありますw

動画が見つからなかったので、書き起こしのブログ記事のリンク先を置いておきます

2012-08-05 三橋氏、そこまで言って委員会で新所得倍増計画を語るhttp://d.hatena.ne.jp/shavetail1/20120805

投稿: kenjipunkrock | 2013年8月21日 (水) 16時05分

基軸通貨になるためには、軍事力に加え、エネルギーは押さえたいですね。メタハイや地熱発電及び原発へと、石油依存を減らすことによって、エネルギーの脆弱性は克服したいです(勿論、尖閣付近にあるとされる石油も確保しつつ)。

津波対策としてメガフロート計画を実行して、大規模発電、ついでに大規模プラント、大規模次世代農場等により飛躍的な供給力を増大させると盤石になると思います。国土強靭化にも貢献するでしょう。

次のステップでは、ロボット工学などもフル活用して宇宙開発を本格的に進め、3~40代以降がイメージした21世紀を実現したいものです。

投稿: Sura | 2013年8月22日 (木) 02時07分

小幡 績氏・・・慶応卒ですか。 ほら竹中ってグローバリスト一味も慶応系の人・・・福沢諭吉さんは脱亜入欧論を100年ぐらい前に唱え、アジア的なドロドロの全てを否定し、我が国を科学文明的な近代国家建設を目指しましたが現状を見る限り、行き着く末が1%の支配者と隷属する99%の奴隷?で構成された金満社会(強欲傲慢な悪魔を神とする一種の宗教かな?)・・・ほら、TPPをごり押しする国の背後にいる湯田菌が人類生存に対して良くない方向に持って行きそう・・・

投稿: かかし君 | 2013年8月22日 (木) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本人なら普段から日の丸を携行しよう | トップページ | 富士総合火力演習 »