« 朝からげんなり(笑) | トップページ | なでしこ街宣「靖国神社へ行こう」(夏休みスペシャル) »

2013年8月13日 (火)

日本はのろまな亀(夏休みスペシャル)

130708         

----- TPP 日中韓FTA 消費税増税に絶対反対 ------

ブログランキングに参加しています。

Photo_2

(誇りある、日本とアジアの近代史を忘れない為に、終戦の日まで掲揚します)

消費増税に関する議論がヒートアップしていますが、一番頭に来るのが「国際公約」です。一体どこに自国の間接税を上げるのに国際公約をする阿呆な国があるでしょうか。バカも休み休みに言えです。

いや、そんなバカは本当にず〜と休んでいて欲しいです。それが日本の為ですから。。しかし妙です。メディアから受ける印象は、例えばG8にしても、G20にしても、日本に対して本当に理解をしている国があるとは思えません。

それとも本当はよく分かっていて、皆で猿芝居をしているとか(?)いや、そこまで上等な人達にも見えないので、案外日本経済は大変だなんて思っているのでしょうか。とにかくよく分かりません。

唐突に消費税を15%にするべきとか言い出す、超胡散臭いIMF だけは、そこへ天下りした財務省OBが言わせているのが見え見えですから分かり易いのですが、他の国は本当はどう思っているのでしょうか。

まあ、政治家やエコノミストを含めて日本人も今一よく分かっていないようなので仕方がないのですが、日本の本当の力を知ったなら韓国あたりも少しは態度を改めるかもしれません。。。それはないか。(笑)

筆者、ウリナラマンセー(自国自慢)は大嫌いなので、必要以上に日本を褒めたくはないのですが、相対的に見て、やはりどう考えても世界で一番なのです。民度の話ではないですよ。単純に経済の話です。つまり「ものとサービス」の技術力と供給力です。

例えば先日の記事で日本が3〜4%の経済成長をすれば財政再建なんて容易いと書きましたが、そんな高成長出来る筈がないと言う人が必ずいます。「日本は成熟した経済大国で少子高齢化なので、出来たとしてもせいぜい1%がいいところだ」などとまことしやかに言うのです。

20130813_85136

  (これを見て、おかしいと思わないのは正常な神経とは言えません)

よく考えてみましょう。例えば90年代からGDPが上がっていないというのは本当でしょうか。そこに何か矛盾を感じませんか(?)もしそうだとすれば、日本人は相当無能だという事になります。20年近くも経済成長しないのですから、三流国もいいところです。

ところで経済成長とは何でしょうか。GDPはその年、国内で生産した付加価値の総合計ですから、付加価値が量的に増えるか、質的に増えるかが経済成長という事になります。

人口が減るから仕方がないと言われるかもしれませんが、未だそこまでは減っていません。従って量的には大した問題はない筈です。では質でしょうか。物(製品)とサービスの質が上がっていないから横這いなのでしょうか。

いえいえ、何をおっしゃるウサギさん。ならばかけっこをすれば結論は出ますよ。(笑)この場合はエコ競争です。我田引水で恐縮ですが、クルマの燃費を見てみましょう。

今から20年前の、93年当時のアッパーミディアムクラス、例えばクラウンやセドリックの燃費は今より緩い10.15モードでもリッター7〜9キロ程度でした。それが何と、20年後の今年はクラウンハイブリッドが23.2キロ、同クラスにグレードアップしたアコードハイブリッドが30キロですから笑っちゃいます。

Photo

(リッター30キロと言う、軽でもあり得ないような数字をたたき出したアコードハイブリッド、ユニークな技術はやはりホンダと唸らせる)

問題は価格でしょう。クラウンロイヤルの場合で当時292〜403万円です。今年は353〜536万円(ハイブリッドは410万から)アコードは追突防止装置付きの高い方でも390万円です。

部品点数まで増えているのに、燃費の差である3倍までは行っていません。燃費だけで価値は測れないとは言っても、他の装備だって飛躍的に進化、充実しています。

まずカーナビは本格普及が2000年に入ってからですから、20年前は望むべくもありません。現在は409万円のモデルから標準です。さらにエアバッグすらついていなかったのです。その他の安全装備、例えば滑り難くするTCSやESCも今なら標準です。

搭載されるマイコンの数は質量共に圧倒的になり、当時の20個から多い場合で80個、エレクトロニクス関連全てで価格の50%を占めたりします。さながら走るコンピューターではないでしょうか。その他、日本が得意とする資本財、生産財の質向上、イノベーションは言うに及ばずです。

つまり、何から何まで付加価値が飛躍的に上がっているというのに価格は台当たりで20〜30%しか上がっていないのですから驚異的です。これは極端な言い方をすれば、日本人は付加価値の質の向上に対してお金を払う気がないという事を意味します。

とんでもない話ではないでしょうか。技術者が汗水たらして頑張って、性能や装備を充実させたというのに、その対価が20年でたった60〜130万円では浮かばれません。給料が上がらない筈ですね。(笑)

一応価格が上がっているクルマの場合は未だましです。ところが国全体で見て、GDPが上がっていないという事は、他のもので下がっているものがあるという事です。さすがにそれは納得出来ません。身の回りを見て、価値が下がったものなどあるでしょうか。

もうお分かりでしょうが、そこにデフレの恐ろしさが潜んでいます。正当に価値が評価されない、価値の積み上げがない異常な社会が日本なのです。これが正常に評価されて価格に反映されていたなら、クルマの場合で、倍以上は堅いのではないでしょうか。ものによっては3倍4倍でしょう。

そこにこそ日本の失われた富があります。つまり、民間がバブル崩壊からの借金返済に追われ設備投資をしなかったバランスシート不況時代に、今のように日銀による金融面でのサポートがあったなら、マネーストックが順調に増えていたなら、この体たらくはなかったのではないでしょうか。

そうは言ってもお金は額の汗して稼ぐものだとおっしゃる与謝野さんのような貴方、認識が古臭いです。管理通貨と呼ばれる今のお金は、それ自体が価値のないただの紙切れです。有り難がる神経が分かりません。

言うなれば、ちょっと質のいい商品券のようなものです。そんなものはジャンジャン刷ればいいのです。それを勿体ぶるから必要のないデフレと行き過ぎた円高に苦しみました。

価値を正しく評価する目を持たないというのは犯罪的ですらあります。有形無形の、外部からの圧力があったにせよ、90年代から民主党政権までの政府と日銀の罪は重いと言わざるを得ません。

しかし幸いな事に、それに腐る事なく企業は努力を重ねて来ました。のろまな亀のように着実に基礎技術を積み上げイノベーションを行って来たのです。それらが全て正当に評価されていたなら今頃GDPは1000兆円を悠に超していた事でしょう。

Audia6hybrid

(アウディA6 ハイブリッド ベースグレードで690万円だがリッター当たり13.8キロしか走らない)

その証拠に同クラスのドイツ車との比較で半分の価格です。性能的に凌駕しているにも関わらずです。ブランド(?)いえいえ、高付加価値の日本車は独車に負けない立派なブランドを世界で確立しています。知らないのは日本人だけです。

日経新聞などは社説で「日本はブランド力を高めるべき」と日本メーカーを叱咤するのですから驚きます。しかも10年前には何もなかったサムソンなどと比較して言うのですから口あんぐりです。

何をおっしゃいますやら、(笑)半導体製造装置は国内で調達出来ず、液晶パネルの重要部品やスマホの要になる部品の供給を日本に頼らざるを得ず、特許侵害に対する訴訟を数千件抱え、判決が確定するまでの間に売り切ってしまうビジネスモデルの会社がブランド(?)大新聞が、そんな非常識なことを言ってはいけません。笑われますよ。

ブランドは長年に渡る質的付加価値アップの結晶です。一朝一夕に作れません。日本の自動車や電機でも、今日の地位を確立するのに半世紀くらいはかかりました。電機が今振るわないのは、真似が比較的容易だったからです。それでも基礎技術や先端技術の取得特許数は圧倒的です。

ともあれ、大抵の家電製品は日本やドイツから資本財、部品を買い技術者を連れてくれば何とかなります。クルマの場合は、先端技術とノウハウの塊という事に加え、アナログ的擦り合わせ型のややこしい製品なので真似が容易に出来ません。だから米から執拗な嫌がらせをされても今日の地位があるのです。

さあ、今からでも遅くはありません。異次元の金融緩和でマネーストックを増やし、異次元の財政出動で需要をバックアップすれば、お金の量だけが問題であった日本の遅れを取り戻すのに大した時間はかかりません。

問題は雑音です。せっかく増え始めた消費を冷やす消費税アップやTPP、多国籍企業のみを利する規制改革、構造改革のノイズに惑わされないよう賢明な政策が求められます。ここだけはグズグズしないで、ウサギさんでやって下さい。(笑)

 

ブログランキングに参加しています。共感いただければクリックを。

当ブログは日本の名誉を挽回するために尽力される中山成彬議員を応援します。
中山議員の ホームページ 南京問題を扱っています。

|

« 朝からげんなり(笑) | トップページ | なでしこ街宣「靖国神社へ行こう」(夏休みスペシャル) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

> 消費増税に関する議論がヒートアップしていますが、一番頭に来るのが「国際公約」です。一体どこに自国の間接税を上げるのに国際公約をする阿呆な国があるでしょうか。バカも休み休みに言えです。

・・・日本は左右の軍事大国ジャイアンに脅かされていますが、今回もお人よしにも税金を上げて、IMF(Rフェラー系らしい)にも中国にも世界のならず者に差し上げますよ・・・的な宣言をするって、いつまで貢君をやっているのでしょうか?税収なんぞの国内問題をなぜ海外に知らせる必要があるのかいな?

・・・税収アップ分で海上自衛隊護衛艦を20隻建造して、尖閣・竹島を10隻ずつで取り巻いて防衛の決意をはっきり示すのならOK。2015年には米軍は韓国から撤退するので、隣国に油断していると、日本海を含むシーレーンががら空きになりますし。

・・・ま、それでも100%反日民主政権よりまし。。。とは言ってもなんか変ですよね、うん。

投稿: AZ生 | 2013年8月14日 (水) 12時33分

< 日本はのろまな亀

・・・残念ながら当たり!!!

へ~、誰が一番のろまなの?

・・・外務省・財務省・・・この辺が一番とろい。のろいと言うか呪いに近い。まあ英国にも伝搬して地球全体にも蔓延っている日本病の震源地。この症状のオリジナルは遥か昔のチャイナの科挙制度が大本。
一回物凄い受験競争の後、獲得した恵まれた職種にしがみ付き、自分の責任範囲は100%やりますが、地球がどうなろうと、自国が滅びようと外国からの攻撃があろうと、それって私の責任区でないので知りませんです、はい。で済ましちゃう。

この病気は勿論、米国・中国共産党・ロシアもとっくに罹病しております。

官僚の上を行くのろまなのが、政治屋達・・・残念ながらそれでも尚、安倍自民が瞬間風速的には最善なのが実態。おい、消費税はあげるなよ!

のろまの本当の日本国(もしかして地球上での)第一位は、マスコミですね!NHK・朝日・日経・毎日・・・

投稿: Carly | 2013年8月14日 (水) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝からげんなり(笑) | トップページ | なでしこ街宣「靖国神社へ行こう」(夏休みスペシャル) »