« 日本のような先進国に外需は必要なのか | トップページ | 50年早い中国主導のAIIB(2) »

2015年3月31日 (火)

50年早い中国主導のAIIB

Photo     

--- TPP消費増税 /カジノ解禁に反対します ---

ブログランキングに参加しています。

またまた忙しさにかまけて間が空いてしまいました。その間実に色々な事が起きましたが、ドイツのLCC 墜落は悲惨でした。被害者の家族はやりきれない気持ちでしょう。冥福を祈ります。。

しかし、かなりな高速度で山に激突したとは言え、あそこまで原形をとどめないものでしょうか。副操縦士の自爆説が有力ですが、どうも腑に落ちません。行方不明となった機と撃墜された二機のマレーシア機、またアルジェリア機の事故と言い、あるテーマで括った時に同じベクトルを持った事象がうっすらと浮かび上がる気がします。その話は不確実なのでやめときましょう。(笑)

さて、話は変わって何かとかまびすしい話題、アジアインフラ銀行(AIIB)です。中国主導でアジアのインフラ整備を目的とした国際金融機関の創設ですが、参加国の多さに驚きます。欧州各国までが参加表明している点も注目に価しますが、ロシアやブラジルまで参加するだのしないだのと言っているのはどういう事でしょうか。BRICS銀行はどうなっちゃったの?(笑)

BRICS銀行もAIIB も結局はアメリカ主導の現体制からの自立を目指すもので、ブレトンウッズ体制への挑戦と取れなくもありません。要は自分たちで好きなようにやりたいのです。アメリカに監視され注文を付けられる事に嫌気しているのでしょう。

ではAIIB には、それを可能にするポテンシャルがあるのでしょうか?世界銀行やIMF あるいはWTO が動かす現体制を向こうに廻し、それを上回る機能が持てるのか、その検証をする必要があります。ところが日本の一部マスコミやエコノミストは例によって「日本が世界から孤立する」「乗り遅れてはならない」と煽り立てるのです。中国様にくっついていれば、おこぼれに預かれるとでも言いたいのでしょうか。

昔、報道ステーションで古館伊知郎が中国の外貨準備が日本の外貨準備を超えた時に「さすが中国は凄いですねえ」と細い目を細め喉を絞るように言ったのを覚えています。この人の経済音痴ぶりは今更言うまでもないのですが、外貨準備を経済力の指標のように思っているのかもしれません。

言うまでもありませんが外貨準備高とは、貿易に支障が出ないように政府が予め準備する外貨の事です。あるいは為替の変動によって不利益を被る事が予想される時に、例えば日本の場合ならドル売り介入する為の資金です。反対にドル買い介入した時に積み上る外貨も外貨準備に加算されます。

これらは通常米国債などで運用されますが、当然増減はつきものです。日本の場合、80年代初頭の殆どゼロから2014年の1兆2千億ドルまで右肩上がりで増えて来ました。大半は米国債で運用されています。中には小泉さんの時の意味不明なドル買い介入、3.11後のドル買い介入によって積み上がった数十兆円もの米国債も含まれている訳です。円高を防ぐ効果は限定的でしたが、なぜかマスコミも突っ込みを入れませんでした。

一方の中国ですが、ハードカレンシーを持たない貿易大国故に貿易で得た外貨を相当量外貨準備として持ちます。さらにドルペッグするために常時ドル買い介入が行われ、それによって外貨準備は膨大に積み上がってきました。2014年末で3兆8430億ドルと言いますから吃驚です。何と日本の3倍です。凄いですねえ(笑)

ところが中国の場合はドル買いに必要な資金は政府が元を刷る事で調達しているようです。従って元は市場にそのまま流れます。いわゆる非不胎化介入というやつです。日本が、政府短期証券を発行し市場から資金を調達しているのとは全く異なります。

日本の場合円資金が市場に流れませんからインフレリスクはありません。これを不胎化介入と言います。黒田さんの異次元金融緩和はこれと逆の事をしている事になります。敢えて市場に円を流してインフレを促しているのです。

話は戻って、元の場合はドルの流入量に見合った元を発行していますから外貨準備を減らす事は経済の足を引っ張る事にも繋がります。という事は借りてでも外貨準備高を維持するしかないのです。いずれにしてもドルペッグをやめない限り膨大な外貨準備の保有、維持は避けられません。

因に中国の外貨資産は約600兆円、対外負債は400兆円で対外純資産は208兆円(2013年末)となります。その外貨資産の460兆円分が外貨準備という事です・・・おかしいですね。対外純資産が外貨準備高を下回っています。これが意味する事は何でしょうか。

日本の場合で言いますと、対外資産797兆円で負債が472計325兆円の対外純資産(13年末/14年末は370兆円)になります。外貨準備は約150兆円ですから外貨準備を差し引いても175兆円の純資産が残る訳です。

つまり中国の場合は日本同様(意味は違いますが)使うに使えない外貨準備という事で、実態はと言えば約250兆円も純負債がある事になります。しかも外貨準備は最近減る傾向にあるのです。景気の低迷や不動産相場の下落の中で、資金流出が年間で4千億ドル以上に上ると言います。これは投資には該当せず、消えて行くマネーと言えば分かりやすいかもしれません。

Img_0

いくら輸出で稼いでも追っ付きませんね。(笑)つまり見え方と違って実は中国は火の車なのです。外貨が欲しくて欲しくて仕方がない韓国と似たような状況と言って差し支えないでしょう。観光で日本に来て爆買いするどころではありません。(笑)

莫大な外貨準備も裏を返せば将来のリスクです。いずれドルペッグはやめざるを得ず、その場合の為替差損は目を覆いたくなるような額になるでしょう。つまりドルペッグは損失の先送りなのです。将来にツケを廻しているに過ぎません。どこかで聞いたような(笑)

そんな中国が自国主導で、しかも総裁は元政府高官、本部は北京で主要言語は中国語でやろうと言っているのですから、AIIBは党中央の意思に左右される事は目に見えています。やはり何か企んでいるか、やけくそになっているかのどちらかでしょう。

AIIB の資本金は1000億ドル、その内中国が500億ドルを負担すると言います。アジアのインフラ整備にかかる費用は年間84兆円とも100兆円とも言われていますから、資本金の10倍くらいレバレッジを効かせたバランスシートのサイズが当面要求されるのでしょうか。

そのあたりは専門外なのでよく分かりませんが、いずれにしてもアジア開発銀行が2兆円程度の資本金で14兆円のバランスシートである事を思えば、それをはるかに凌駕する規模というのは大風呂敷とは言え不気味さが漂います。

ところが、そういう諸々の条件、環境を加味すれば、AIIBの資金調達の道はイバラの道と言わざるを得ません。資金調達のために発行されるであろうAIIB債は、どう考えてもADB債より低い金利でさばけるとは思えないのです。

という事は貸し付け金利も高くならざるを得ません。誰がそんな高金利で借りるでしょうか。それとも何か美味しい餌でもちらつかせて食いつかせる?あり得ない話ではないでしょう。しかし通常の銀行にはある信用創造機能は働きません。バランスシートを膨らませるには道を外しながらも地道な作業の積み重ねしかないのです。(笑)

結局、ビジョンも理念もなく、ガバナンスに問題が山積するような話が、スケベ心だけが先行して膨らみまくっている訳です。この膨らんだバブルは稼働前に破裂するのが中国のためであり、廻りの国のためでもあります。二年後には「そう言えばそんな話もあったねえ」になっているのではないでしょうか。中国はまず、普通の国になるのが先決です。

 共感いただければクリックをお願いします。

|

« 日本のような先進国に外需は必要なのか | トップページ | 50年早い中国主導のAIIB(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみに拝読しております。

アメリカと日本が参加しない国際金融組織が何の役に立つのか,,,
ドルと円が使えない基金って、借り手もどうしようもないでしょうに(笑)。特にアジア圏では。ただ、


「中国は、日本の資金が欲しい。」
「日本は、中国でのビジネスが欲しい。」

直接的に、あからさまに、両国がそれを実行することは、USの機嫌を損ねる。

AIIBを言い出した中国
欧州諸国など他の自由主義陣営の国々と一緒に、日本が参加する。
それなら、USも「中国の暴走を防止する役割を期待する」みたいな大義のもとに、日本を参加させる。

いや、実は・・・
USは、中国でのビジネスが欲しい。
だから、日本や欧州に参加させて、自分は金を出さずに、日欧経由でビジネスだけUSが頂戴する。。。

なかなか鋭い分析をなされている方もいますので、参考程度に。

投稿: ブログファン | 2015年3月31日 (火) 17時31分

軍事力背景の中共主導AIIB、TPPとかの湯田菌の仕掛ける・・・専守防衛日本が溜め込んだ資産に対して略奪のワナ・わな・罠だらけ・・・なのでしよ?

投稿: | 2015年3月31日 (火) 18時48分

私は、AIIB参加に向けて、すでに動き出していると判断しておりますが、、、

安倍首相、二階氏訪中を評価
http://jiyugaoka.keizai.biz/gpnews/173906/

着々と。

投稿: ブログファン | 2015年3月31日 (火) 19時27分

着々となんてやだね~

・・・中国に何万と人質、日本にいるうん万といる国家総動員法で動員される中国人が待機している・・・かの地に投資もだいぶかけちゃってるし、戦勝国連合でしかない国連にちゃっかり常任理事国として据わってるし・・・腹が立つけどこれが現実なのかなって思わせる新聞TVは反日ばかり・・・で洗脳に励んでいるのですね、当分日本は左右のジャィアン国のATM・・・あ、靖国とかの神社、富士山とかにゴミを捨てないで下さいね外国の方と反日のあらゆる勢力はね

投稿: | 2015年3月31日 (火) 20時28分

>着々となんてやだね~
申し訳ございません。拙い文で気分を害されたみたいですね。そのようなつもりはなかったのですが。

>靖国とかの神社、富士山とかにゴミを捨てないで下さいね。
絶対に致しません。

投稿: ブログファン | 2015年3月31日 (火) 20時51分

ブログファン様

自由が丘経済新聞 http://jiyugaoka.keizai.biz/gpnews/173906/ 読みました。小生、実家が大岡山であり自由が丘にはしょっちゅう遊びに行きました。良い情報を有難う御座います。。。

投稿: AZ生 | 2015年3月31日 (火) 21時06分

中国に金を出す愚

 これはもう何年も前に散々授業料を払いました。
 うろ覚えで間違っていたらご免なさい。約30年ほど前に、日本の銀行の多くが中国の地方債を買い、そのほとんどが焦げ付きました。銀行としては中国の中央政府が保証してくれるものと思っていたのですが、それは無く、大損したのです。それ以降、銀行の中国への出資は消極的です。

 最近の製造業の中国進出で「儲かっている会社」は恐らく10%に満たないのではないでしょうか。日経新聞や朝日、NHK などに散々煽られ、これからは中国の時代だと錯覚し、出て行った経営者はお馬鹿さんです。
 今回のAIIDの事も似たような結果となるでしょう。日本は戦前から今まで中国と係って散々授業料を払ってきました。欧米先進国には中国に甘い幻想を懐いている国が多くありますが、日本は明治時代、福沢さんが中国、朝鮮の本質を見抜いていました。
 日本が法治国家ではない中国やヤクザ国家のロシアと対等に付き合うには、がっちりと核武装してからでないと無理です。

投稿: ナベ | 2015年4月 1日 (水) 10時49分

日本は大東亜戦争(白人植民地下のアジア有色人種を支配者から開放する為にお腹を痛めて、太平洋戦争的視点で国際条約違反の民間人への攻撃・・・2発の原爆に耐えられず戦術的には米国に降伏。但しアジア開放の戦争目的は達成)敗北後、脅かされて国連とか中共等への大盛りODA等お人好しATM君を続けて来ましたよね。既にアジア開発銀行(ADB)・・・最大の出資国は日本と米国・・・がとっくに既存していますよ。なんでAⅡBなんて作るの?

中国主導のAIIB

今シナは資本主義経済発展の真似をして止せばいいのに米国がやらかしたバブル崩壊まで大規模に増幅して繰り返そうとしています。

で、バレる前になんとか日銀の地下にある金塊を穿り返して騙し獲ろうと必死。

気おつけよう、エイプリィルフールの甘い言葉とAⅡB参加への誤招待・・・

投稿: Carly | 2015年4月 1日 (水) 19時42分

同じベクトルを持った事象って一体何なのでしょう?。頭を捻っても荒唐無稽なフィクションの世界しか思い浮かばず、知りたいな?と思っています。
 中国が一昔前の日本の農協様ご一行みたいな振る舞いをするのは有難いところもあるので私はどんどんお金を使ってくださいと思っています。
 自信はありませんが中国のバブルは今がピークでしょ?。リスクを嫌う企業はどう考えても他のアジア圏の国に移行し、中国との関りを抹消して、自身の生き残りを考えていると思います。
 全く私の思い込みかもしれませんが。

投稿: nao | 2015年4月 1日 (水) 22時37分

naoさん そこは言わぬが花(笑)というか、有力な根拠がない限りやめときます。

中国のバブルのピークは過ぎたでしょうね。これからは衰退あるのみです。日本は関わってはいけません。

投稿: 田中 徹 | 2015年4月 1日 (水) 23時00分

アサヒとか犬HKが騒いでいるから”止め~”が正解でしょうね!たぶん

投稿: 心配症 | 2015年4月 2日 (木) 07時33分

中国主導のAIIB

近隣弱小国をイジメまくっている強盗詐欺団がある日“コンチワ~、警備会社です~。原爆ミサイルでお宅を狙っている奴ら(実は自分達)を見張りに着ました~。国際通貨の円を我々に預けた方が身の為ですよ”ッテナ事を言いにきたのと同じ。おととい来い。まず、まともな国になってからね~お付き合いするのはそれからですよ。

投稿: 元危機管理屋 | 2015年4月 2日 (木) 09時38分

中国主導のAIIBへの申し込み受付ってなにさ?

・・・尖閣を直ちに返還し、国連常任理事国を降りてから(国連作った時、中国共産党ってありましたっけ?力試しにベトナムに一方的に攻め込んだり、チベットの坊さんとか沢山ころしたり・・・変な国)頼みに来てくださいね!そうしたら我が国は返事を致します。“答えはNo”ですが一般の人々の健全な暮らしとか経済発展は前向きに前進することは肯定致します。

投稿: AZ生 | 2015年4月 2日 (木) 16時03分

AIIBってなにさ?

中国はアジア開発銀行(ADB:最大の出資国の日本と米国が主催する銀行)から巨額の融資を受けています。なので、例えば大手の既存銀行の向かい側にある(事があったりする)サラ金と似ていますね!
ココから金を借りないと後で痛い目にあいますよ・・・と情弱の弱小国を言いくるめていそう。

中共政府は対外国に対して1兆円もの工作・洗脳・スパイ(?)予算があり、ハニートラップその他あらゆる方法でイギリスその他全世界の政治家・政府高官・民間宣伝会社に注がれているらしき。・・・状況をみての小生の直感的解釈なのでその辺はご容赦を・・・

投稿: Carly | 2015年4月 3日 (金) 05時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本のような先進国に外需は必要なのか | トップページ | 50年早い中国主導のAIIB(2) »